波多野均つれづれアート・パート2

hatanohito.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

フレンチTVの若い世代のカリカチュア・風刺バラエティー番組では、今日のハロウィーン🎃の夜には Ne pas se Déguiser、ネ・パ・ス・デギゼ、コスプレ仮装なんてあきまへんでー

世界中が今日のハロウィーン🎃の話題で盛り上がりになっている・・・フレンチTVの若者向けカリカチュア・風刺バラエティー番組では、ハロウィーン🎃の夜に Ne pas se Déguiser、ネ・パ・ス・デギゼ、仮装コスプレなんか、あきまへんでーと言っている、理由はフランス文化を守るため ? よく、わからなーい・・・しかし、レジステ・抵抗しても10人に3人のフランス人がハロウィン🎃のパーティーに参加するのだと、おひとり予算が63ユーロ・約8320円ぐらい・・・じゃあ、どこで、誰と、どんなことをするのかと・・・
a0342405_05322510.jpg
ソワレ・ハロウィン、ハロウィーン🎃の夜のパーティーのポスター、これはカフェ・レストランでの食事&飲み物付きダンスパーティの客よせ・・・これはスマフォで予約して参加するもの、男子女子の出会い系パーティーでもある、ご時世だから男子と男子や女子と女子との出会い系パーティーもある・・・そして、どんな格好で参加するのかっていうと・・・
a0342405_05380157.jpg
フランスのハロウィーン🎃の夜の Déguiser・デギゼ、仮装コスプレのマスクはこんなものが多い・・・スリラー・恐怖シネマの登場人物のようなマスク・・・墓場から死者という死者がよみがえるというのがハロウィーン🎃の夜のお集りですから、ゾンビーが棺桶からよみがえる・・・ワタシなんかはアジアの仏法世界の火葬でありますから、棺桶からよみがえったゾンビーなんて存在しない、西洋世界の土葬の風習がゾンビーになる・・・
a0342405_05431263.jpg
な・な・なんやねん、これは・・・あんさん、あまりコーフンすると心臓に悪いでっせー・・・これは国民支持率が最悪に急低下した、支持率38%から33%に低落のトランプがいるワシントンD.C.のホワイトハウスの子供たちのハロウィーン🎃の仮装コスプレ、魔法使い・魔女が多いやねんでー、ところで左りのおっちゃんは支離滅裂の大統領トランプの仮装マスクをつけているのー・・・アンタ、目わるいのとちゃいまっかー、よう見んしゃい、トランプ本人でんがなー・・・ホンマや、ホンマや・・・
a0342405_05580799.jpg
フランスのお笑い女子芸人がトランプにデギゼ・仮装する・・・これが大いにフランスなうで盛り上がりお笑いしている・・・ハロウィーン🎃の夜のパーティーでトランプにデギゼ・仮装したらおもしろいのに・・・アンタね、生クリーム入りのパイを顔に投げつけられる・・・
a0342405_06040479.jpg
パリのオペラ座の近くにあるミュゼ・グレヴァン、蝋人形館では、ラ・ベット、野獣・おぞましいケダモノをテーマにハロウィーン🎃の夜の雰囲気を味わう、通常の入場券は26ユーロのところをハロウィーン・スペシャル料金で22ユーロ・約2900円ぐらいで、今日まで特別に明け方の午前一時までオープンしている・・・
a0342405_06122021.jpg
アート世界のハロウィーン🎃の夜は・・・ゴッホ作「星・月・夜、ほし・つき・よる、せいげつや」1889年、カンヴァス・油彩、73,3X92,1cm、ニューヨーク近代美術館のコレクション・・・これこそアート世界の死者がよみがえる夜、天空の星と月がムーヴマン・動いているかのよう、手前の糸杉は死者・亡くなった人々のシンボル、中央の教会のとがった屋根の塔と糸杉が対比している、夜が動めいているかのよう、これはゴッホが南仏のアルルで耳を切って、サンレミの精神病院に入院していた時に描いた絵、宇宙の魂の叫び声が聞こえる・・・YouTubeの昨日の新着ミュージックから、Sam Smith - Burning (Live From The Hackney Round Chapel) - YouTube ・・・チャオ・・・十月も最後の日となった、今日のパリとパリ近郊・郊外の朝気温は5℃、日中最高気温は12℃、秋深しのフランスは晴天続きで雨降りがなく農作物・大地がカラカラにセック・乾いている、適度に雨降りもないといけない・・・今日は日本からのゲストとお昼にパリで会うランデヴー・約束をしている、日本の大学のプロフェッサー・教授だ、パリに留学していた頃から知っている、ルーヴル美術館近くのホテルのフレンチ・レストランでディネ・お昼ご飯をするのでベスト・上着を着ていかないといけない・・・

[PR]
by h-hatano-paris | 2017-10-31 05:51 | Trackback | Comments(0)

BARCELONA, FORCE POUR UNE ESPAGNE UNIE、バルセロナ、フォルス・プール・ユンヌ・エスパーニュ・ユニ・・・

フランスのトップニュースは、イベリア半島のスペイン・自治州のカタルーニャ地方のバルセロナのことばかり、スペインからのインディペンデンス・独立賛成派の次は、POUR UNE ESPAGNE UNIE、プール・ユンヌ・エスパーニュ・ユニ、スペイン・ユニ、ひとつのスペインのためのFORCE・フォルス、独立反対派の力のデモンストレーション・・・時計の振り子のようにあっちにいったり・こっちにいったり、軍事独裁のフランコ政権以来のスペインのクリーズ・クライシス・危機だと言われている、民衆・大衆がラジカル・過激に感情的になると大混乱になる、スペイン国内の内政問題にしないとドミノ効果で世界のあちらこちらで正義だった独立運動が大混乱の原因になる、何を言わんとしているのかおわかりになりるれろ・・・何事もほどほどにしないと善が悪にもなり、悪が善にもなる・・・プリュス・つけたし、このインディペンデンス・独立派のビールスがアジアに飛散すると、台湾島や香港やチベット自治区の独立運動に結びつく、フレンチ・メディアは急にカタルーニャ地方の独立派のことをナショナリスト・民族主義・国粋主義とよんで警戒をする、それがフランスのバスク地方や地中海のコルシカ島や南太平洋の島ニューカレドニアのナショナリズム・民族主義、地方主義に結びつくと社会が大混乱になるから、対岸・たいがんの火事ではなくなるから・・・
a0342405_07053669.jpg
ウチの近くのBIO・自然食品マーケットのハロウィーン🎃のデコラシヨン・デコレーション、お飾り・・・
a0342405_07110073.jpg
これでもか、これでもかと、ハロウィーン🎃のカボチャちゃんばかり・・・ハイ、ここでフランス語のお勉強、ハロウィーン🎃のオレンジ色のカボチャはCitroulle・シトロゥイユと言う、そして、通常のスープ用のカボチャはPotiron・ポティロンという、まあ、どちらもカボチャ・スープにして食べる、南大阪の岸和田言葉・河内弁では、どっちでもいいやんけーとなる・・・
a0342405_07155230.jpg
ママと一緒にやってきたちっちゃな女の子がこのハロウィーン🎃のバケツを触っていた・・・ハロウィーン🎃はちっちゃな子供たちの夢のためにあるものだと・・・ハロウィーン🎃のバケツに入ってるのはボンボン、フランスだからハチミツ・ボンボン・・・
a0342405_07230655.jpg
秋の週末にガトー・ケーキを焼いてみた、本当は洋ナシを入れるはずだったのだが・・・ウチのサマジスティ・女王陛下が静物画で描いていた洋ナシを・・・時間がたちすぎて洋ナシが全部いたんでいた、応用編でバナナを入れてみた、人間は長く生きているとガトー・ケーキも焼けるようになる・・・
a0342405_07355212.jpg
パリの下町、アレジアのアトリエの中のジャコメッティ、1965年・・・ものを作る人間はこんなものだ、それ以上でもない、それ以下でもない・・・ジャコメッティが亡くなる一年前、64歳の写真・・・
a0342405_07441788.jpg
彫刻家のジャコメッティは油絵も描いた、ジャコメッティ作「リンゴのある静物」1937年、カンヴァス・油彩、71,8X74,9cm、ニューヨーク・メトロポリタン美術館のコレクション・・・この台の上のリンゴひとつの静物画はよかった、久しぶりに感動した、勉強になった・・・YouTubeの新着ミュージックから、Rita Ora - Anywhere (Official Video) - YouTube ・・・チャオ・・・今日のパリとパリ近郊・郊外の朝気温は7℃、日中最高気温は13℃、朝から太陽がガンガンに昇っている、明日がハロウィーン🎃の日なのでニュースはお子ちゃま中心のハロウィーン🎃の話題ばかり、オレンジ色の大きなカボチャの中をくりぬいてハロウィーン🎃のランタン・お飾りを作ったりのお子ちゃまニュース・・・

[PR]
by h-hatano-paris | 2017-10-30 07:01 | Trackback | Comments(0)

ON CHANGE D'HEURE CE WEEK-END、オン・シャンジュ・ド'ウール・ス・ウイークエンド、時間変更の週末(夏時間から冬時間への時間変更)・・・

夏時間から冬時間に時計を一時間遅くする日曜日の夜明け、なぜか、午前3時を午前2時にする、これはさまざまなリスクを避けるため、みんな寝ているから・・・フランスと日本の時差は八時間、心理的に一時間得して朝寝が出来るとフランス人は喜んでいる、夜は早く寝なければいけないのに・・・ウチにある時計を全部、冬時間用に一時間ほど遅くする作業は大変どすえー、デジタル時計の設定がめんどくさい・・・フランスの夏時間と冬時間は1976年から始まった、この年の五月にわれわれ・ウチのサマジスティ・女王陛下とワタシは渡仏した、パリのボザール・美術学校に留学するために、一般のフランス人の学生・受験生と同じく入学試験を受ける、その結果、二人とも合格しフランスでの生活が始まった・・・フランスに受け入れられたと感謝する、何を言わんとしているのかおわかりになりるれろ・・・面白いことに、フランスのネットサービスの時間変更はオートマチック・自動的にスムーズに変更される、いい加減なフランスなのに、マシーン・機械だけは賢い・・・いい加減なフランスでいい加減な人間にならないように気をつける・・・
a0342405_04563496.jpg

フランス・パリの南郊外の秋の午後の影は長い・・・木々の葉っぱは風が吹き、空のかなたに飛んで行ってしまった、金秋の秋というけれどこれからヨーロッパの長い冬が始まる、強い生命力で生きていかないと人生のスプリング・ハズ・カム、春はやってこない、サバイバル・生き残ることはできない・・・
a0342405_05054184.jpg

昨日の土曜日の午後はパリの街でアルバイトがあったのでパリに行く、パリのコンコルド広場にはTRIUMPH・トライアンフのモト・オートバイが秋の午後の光りに当たってアートのように美しかった・・・
a0342405_05101194.jpg

どんなものにもアートを感じる人間になるように・・・名もない一輪のちっちゃな花にも宇宙があるように、マシーンの中にもアートはある、なんのこっちゃわからない・・・
a0342405_05165200.jpg

パリの秋・十月のショーウィンドウから・・・アパレル関係者に叱られるからコメントはしない、ノー・コメント・・・
a0342405_05204177.jpg

フォーブル・サントノレ通りの黄金の秋のウイークエンド・週末の午後のブラブラ歩き・・・
a0342405_05242069.jpg

ノー・コメントでやんすが・・・ちょっと、Gothic・ゴチック、ゴシックな感じどすえー・・・
a0342405_05283814.jpg

アンコール・さらに・・・この革の長ぐつじゃあなかった、革のブーツと革のバックなんてよく見てみんしゃい、しっかりゴチック・ゴシックしてはるどすやろー・・・してはる、してはる・・・
a0342405_05371593.jpg

アンドレ・ドラン作「スペインの画家、Iturrino・イトゥリノの肖像、部分」1914年、カンヴァス・油彩、92X65cm、パリのアートモダン・ポンピドゥーセンターのコレクション・・・ドランは戦争中、ナチ・ドイツの協力者・親派だったために戦後長いこと冷や飯しを食ってきた、最近になって、ようやくスポットライトが当たり始めた、アート的には大変に力のアル絵描き・・・昨夜のフレンチTV②チャンネルのTARATATA・タ・ラ・タ・タ、インターナショナル・ミュージックなう番組で、Sam Smith - Too Good At Goodbyes (Official Video) - YouTube 、サム・スミスが歌う、トゥー・グッド・アト・グッドバイズ、(ボクは)さよならを言うのがとっても上手いんだよ・・・ボン・ディモンシュ、秋の日の佳き日曜日を・・・チャオ・・・フレンチTV24時間ニュース・オンリー番組で、日本のメテオ・お天気予報をしていた、大きなタイフーン・台風が日本列島を襲うとコメントがあった、東京・渋谷のスクランブル交差点を渡る傘をさした無数の人々の姿を放送していた、地球プラネットはひとつの時代、あらゆる情報はよくも悪くもアッという間に伝わる、何を言わんとしているのかおわかりになりるれろ・・・パリとパリ近郊・郊外の十月最後の日曜日は曇り空、日中最高気温は15℃、トウッサン・万聖節のバカンス中のフランス・パリ南郊外のアパート群は深海の底のように超静か、みんなバカンスに出かけている、ネコも歩いていない、べべ・赤ん坊の泣き声もしない・・・

[PR]
by h-hatano-paris | 2017-10-29 04:49 | Trackback | Comments(0)

TRAIN-SURFING、トラン-サーフィン・🏄、パリのメトロ・地下鉄の車両の上に乗ったサーファー、トランサーフィンが転落して亡くなる・・・

今週の火曜日の夕方に、パリのメトロ・地下鉄6号線のBir-Hakeim、ビラ-アケム駅のガラスの天井にあたって、地下鉄の車両の上に乗っていた、Train-Surfing、トラン・サーフィン🏄の16歳の男の子が路線に転落して亡くなる、(英語発音だと、トレイン・サーフィンだけれども、フランス語発音では、トラン・サーフィン)・・・最近のYouTubeではこんな無謀なパフォーマンスを仲間同士がネットに載せて競い合っている・・・スリルを競い合うゲーム感覚・・・
a0342405_05012345.jpg
このようにメトロ・地下鉄の車両の上に乗ってビデオカメラで撮影し、YouTubeに流す・・・ちょうど、ここが地上を通過する地点だったのと、この駅を過ぎるとセーヌ河を渡る橋があり、イルミネーションで輝くエッフェル塔をバックにしてトラン-サーフィン🏄のパフォーマンスをビデオ撮りすることができる、ビデオ撮影的においしい場所だった・・・その前に、このガラスの天井に頭をぶつけて落下した16歳の男の子、去年もここでイギリス人の17歳の男の子がトラン-サーフィンをして亡くなっている・・・こんなのがパリなうでは流行している、パリなうの光りと影・・・
a0342405_05162381.jpg
最近のフレンチTVで頻繁・ひんぱんに・しょっちゅう流れている香水の広告に・・・ジャン・ポール・ゴーチエの新香水・スキャンダル・・・ノエル・クリスマスのプレゼント用の宣伝、こんなのもらって女の子は喜ぶのかっていうスキャンダラスな香水、スキャンダルな香りがするの ? ・・・
a0342405_05224629.jpg
見ておわかりのように、フレンチ・マクドの期間限定マクドナルド・ハンバーガー🍔・・・最近のフレンチ・レスト、定食屋のお昼ご飯定食の中に、このハンバーガーをワンプレート・大皿に盛ってサラダも付けて、フレンチポテトもつけて大盛りのお昼定食がある、そのハンバーガーをナイフとフォークを使って食べるというフレンチ的な一品・・・ウチの近くの中華系のお寿司レストでは海鮮丼やサーモン丼をフォークとナイフを使って食べているフランス人がいた、外から見える・・・
a0342405_05351739.jpg
この間、パリの美術館・展覧会を観に行って、お昼ご飯にオペラ界隈に出て、ビィビィオテーク・ナショナル、国立図書館の近くにある韓国料理店「キムチ」の豆腐チゲ定食のつきだし・・・ここでは、これが前菜のようなもの、サービスの麦茶を飲んで豆腐チゲの登場を待つ・・・
a0342405_05423662.jpg
これが秋のパリの豆腐チゲ、ご飯はおかわり無料サービス、唐辛子のカプサイシン・辛味スパイスがきいて汗がでる・・・もちろん、ご飯はおかわりをする、最後に熱熱の唐辛子スープの中にご飯を入れて、さらに、キムチも入れて食する・・・アジア人であってよかったと思う、この食感はフランス人にはわからない、このお店のシェフとは同じ年の生まれだった、食事後、ちょっと立ち話し・会話してボン・コラージュ、勇気を出してとお互いに握手をしてお店を出る・・・
a0342405_05535425.jpg
バルテュスの絵から、「開いた窓」1951年、カンヴァス・油彩、150X82cm、フランス、トロワのモダンアート美術館のコレクション・・・これは展覧会の会場でウチのサマジスティ・女王陛下がデジカメで撮ったもの、この時代のバルテュスの絵がいい・・・新着YouTubeミュージックから、Bebe Rexha - Meant to Be (feat. Florida Georgia Line) [Official Music Video] - YouTube ・・・チャオ・・・
[PR]
by h-hatano-paris | 2017-10-28 05:08 | Trackback | Comments(0)

フランスにも上陸したネット回線でのSugarBaby・シュガーベイビー、JD・女子大学生との援助交際・売春クラブのカミオン・小型バンでの広告スキャンダル・・・

いやはや・はやいや、次から次へとネコの瞳・ひとみちゃんのようにクルクルと変化する新しいニュースがありすぎて困ってしまうフランスの秋・・・フランスのお隣りのベルギーでスキャンダル問題になったJD・女子大学生への援助交際・売春クラブがフランスのパリにも上陸する・・・それを隠語なうでは、援助交際をSugarBaby・シュガーベイビーというらしい、18歳未満のよい子たちはこのニュースをスルーするように・・・
a0342405_04261686.jpg
これがその問題のスキャンダル広告の軽トラック・・・「ヘイ、男女の学生さんたちよ ! ロマンチックで、情熱的で、学生ローンのない、シュガーダディとシュガーママと一緒に」・・・つまり、男子・女子大学生たちに援助交際の売春のススメ・・・この広告のクルマをわざと大学の校門前に停めて、エサにお魚が食らいつく・ひかかるのを待っている・・・グーグルでこのSugarDaddyを検索すると、売春ネットクラブに接続する仕組み・・・ポルノ映画やアダルトビデオで援助交際の妄想的な映像がありますが、それを売春ビジネスとして白昼堂々と宣伝する・・・こんなことをやっているから、西洋社会はイスラーム過激派テロ集団に狙われて、テロの正当化の口実を与えてしまう、下半身がユルイというか、なんというか、人間として生まれてきての面目・めんぼく丸つぶれ・・・しかし、この需要と供給が紀元前から続いているのがこの売春世界の現実・・・
a0342405_04413987.jpg
この広告クルマがパリ・デカルト大学(パリ第五大学のこと、医学部)の前に停めてあったと、ツイッターで要注意・・・フランスの田舎からパリの大学に来た学生たちは、パリの物価高にお金がない、そこを悪党たちは狙って・・・特に、怒り狂っているのが女子大学生の女性解放運動の団体の女の子たち、セクハラの極み・きわみ、女性をバカにしている、フランスでは今・ハリウッド映画の大物プロデューサーだったハービー・ワインステーンのセクハラ・スキャンダルをツナミ・ワインステーンとよんでフランス社会にもこのセクハラのツナミがやってくる・影響があるとしている、アメリカからのセクハラ・ドミノ現象によりフランス社会で被害者からのセクハラ告発が続出すると予想されている・・・
a0342405_04543419.jpg
パリ市立近代美術館で開催中の展覧会「ドラン・バルテュス・ジャコメッティの芸術的なひとつの友情」のカタログ・小画集・・・これはバルテュスのスキャンダルアートの絵・・・バルテュスの絵は未成年の女の子たちがしどけない姿・ポーズをしているのでピューリタン的な考え方のアメリカでは要注意アートになっている・・・
a0342405_05051216.jpg
これが展覧会の会場入り口・・・今度の日曜日、29日まで・・・現代アートのポンピドゥーセンターでやっていたホックニー展は60万人の集客があったと、ホクホク顔だったが・・・こちらは、人も並んでいなかった・・・
a0342405_05083482.jpg
Balthus・バルテュス作「Les Beaux jours、レ・ボー・ジュール、佳き日々」1945-1946年、カンヴァス・油彩、148X199cm、アメリカ・ワシントンD.C.のハーシュホーン美術館と彫刻の庭のコレクション・・・バルテュスの絵は、見る人をドギマギさせるアート、見る人の妄想イメージがふくらむアート、ややもするとスキャンダルな性的な視覚アート・・・フレンチFMラジオなうから、Wolf Alice - Don't Delete the Kisses - YouTube 、北ロンドン出身のロックバンド、ウルフ・アリスが歌う、ドント・デリート・ザ・キィシーズ、キスを削除する・消さないで、今夕・パリ市内の劇場で彼女らのライブ公演がある・・・チャオ・・・週末・金曜日のパリとパリ近郊・郊外の朝はグリザイユ・灰色の世界、日中最高気温は17℃、マフラーやコートなしでは外に出かけられない、サマータイム・夏時間からウインタータイム・冬時間に次の土曜日の真夜中・日曜日の明け方から時間が変更になる、いよいよ、秋深しのパリ、冬近しのパリになる・・・
[PR]
by h-hatano-paris | 2017-10-27 04:37 | Trackback | Comments(0)

C'est quoi HALLOWEEN ? 、セ・コワ・ハロウィーン、ハロウィンって何ーに ? AfterWork HALLOWEEN、アフターワーク・ハロウィーン、仕事のあとのハロウィンパーティー

フランス社会では、HALLOWEEN・ハロウィーンの話題はタブーというか、おおやけにあまりしないようにしている・・・というのは、それは北米のカナダやアメリカの英語圏のお祭りであってフランスとは文化が違うと・・・何年か前に、フランス社会にもハロウィーン・ブームが上陸して、大爆発し、それがビジネスと結びつき、エグリーズ・教会から亡くなった人々を冒涜・ぼうとくして・死者を使ってお金儲けのビジネスをしていると批判され、社会的には下火になる・・・しかし、しかし、最近のパリの街では、AfterWork HALLOWEEN、アフターワーク・ハロウィンパーティーという、いろいろなハロウィーンの企画パーティーが出現してハロウィーンの夜にコスプレ・仮装をしてアルコールを飲んでダンスしてどんちゃん騒ぎをする・・・ってんで、ちっちゃな子供たちの質問から、C'est quoi HALLOWEEN、セ・コワ・ハロウィーン🎃? ハロウィーンって何ーに、教えてー・・・
a0342405_04565509.jpg
毎週、パリ市内の乗り換えの大きなメトロ・地下鉄駅に置いてある無料のパリの街のアナウンスという小ガイドの表紙・・・今週はスペシャル・ハロウィーン🎃の催しものや食べ物・パーティーの紹介・・・
a0342405_05032558.jpg
ハロウィンパーティーの夜の食べ物やグッズのいろいろ・・・ハロウィーンの夜のFreaky・フリーキー、怖い、ドキドキするもの・・・ハロウィーンのフリーキー・気まぐれ・ヘンタイものと言った方がピッタシ・・・
a0342405_05182944.jpg
今週の土曜日からパリのポルト・ド・ヴェルサイユ、パリの15区にある大展示会場で始まる、サロン・ドゥ・ショコラのポスターがメトロ・地下鉄のホームに登場する・・・これは世界中のショコラ・チョコレートが大集合するショコラ見本市・物産展・・・誰かタダの入場券をくれないかなー・・・
a0342405_05294380.jpg
パリのど真ん中、オペラ座界隈の映画館・・・フランスの大手製作映画会社・配給のゴーモン系の映画館、毎水曜日に新作シネマが公開される・・・あまりにも多いのでオススメがわからない、ここはこの中に八つの大きなSall・サル・映画を上映する会場があり、それを選んで鑑賞する仕組み、入場券はほとんどがオートマチック・自動販売機、銀行カードが必要になる・・・
a0342405_05465521.jpg
アルベルト・ジャコメッティ作「Aïka・アイカの肖像」1959年、カンヴァス・油彩、92X72,8cm、スイス・バイエルン近郊のリーエンにあるバイエラー財団・私立文化団体のコレクション・・・昨日はパリ市立近代美術館でやっている展覧会に行った、その中のジャコメッティの油絵・・・フレンチFMラジオのアフロ・フレンチ、アフリカの軽快なマリ・ラップミュージックから、Fally Ipupa - Bad Boy feat. Aya Nakamura (Clip officiel) - YouTube ・・・チャオ・・・今朝のパリとパリ近郊・郊外は深い霧につつまれて、この原因はクルマの異常な排ガスだとされている・・・

[PR]
by h-hatano-paris | 2017-10-26 05:08 | Trackback | Comments(0)

We are X、ウィー・アー・エックス、我々は X だ、ハードロックバンド X JAPANのYOSHIKI・ヨシキがフレンチTVに生ゲスト出演する・・・

昨夜のフレンチTV⑩チャンネルの七時から八時のバラエティ番組に日本のハードロックバンド・X JAPANのYOSHIKIがゲストとして生出演する、彼らのドキュメンタリー映画「We are X、ウィー・アー・エックス」の12月フランス公開の前宣伝として・・・先週の土曜日からパリに滞在していた東京の女性都知事はちっともニュースにもならなかったけれども、フレンチテレビにお座敷がかからなかったけれども・・・
a0342405_04595359.jpg
YOSHIKI・ヨシキとは、キ・エ・ス ? 誰ぞや・・・日本のハードロックバンド、X JAPANのリーダー、タイコ・ドラマー&ピアノ&ボーカルのヨシキでんがなー・・・アンタ、知ってんのー・・・ネット世界のYouTubeを見て知ったのだった、名前は聞いたことがあったけれども・・・
a0342405_05055179.jpg
アメリカの西海岸に住んでいるヨシキは英語で会話をする、フランス語の通訳の言葉が同時に流れる・・・「今アメリカに住んでいるけれども、日本人であることを誇りに思っている」と答える・・・
a0342405_05133150.jpg
この番組はフランスの若い世代、十代・二十代・三十代を中心に高視聴率の夜番組、毎晩、フランスと世界の時事ネタニュースをおちょくりながら放送する「コティディアン・日常」という名前の番組・・・フランスに四十年以上も住んでおりますが、日本人のロック・ミュージシャンがフレンチTVに生放送で出演したのは初めてのこと・・・MC・司会者から手術して大変だったのではないのかと聞かれ、「今は元気だ」とヨシキは答えた・・・
a0342405_05222287.jpg
フランスでは、12月6日からフランス全国の映画館で公開される・・・日本人は日本人らしく誇りを持たないといけんぜよ・・・たかがハードロックバンドと思うなかれ、世界は最大限に評価している・・・
a0342405_05273211.jpg
これが、X JAPANのジェスト・ジェスチャーのばってんサイン・・・そして、毎回の出演したゲストに最後はこれをやってもらう・・・それは・・・
a0342405_05322290.jpg
明日のフランスのメテオ・お天気予報を解説してもらうコーナー・・・カメラの下にテロップがあるので、それを読めばいい・・・彼らのミュージックから、X JAPAN - La Venus (Acoustic Version) (Audio) - YouTube 、さらに、X JAPAN - Without You (Unplugged) (Audio) - YouTube ・・・チャオ・・・
a0342405_05560304.jpg
アートするのをウブリエ・忘れていた、ハタノ作「ビェーブルの思い出、冬の日」2004年、カンヴァス・油彩、46X38cm・・・秋の次は冬、冬の次は春、冬は必ず春となる、X JAPANのYOSHIKI・ヨシキのように・・・自然は刻々と変化している、その中で生きている人間も刻々と変化する・進化しなければいけない・・・


[PR]
by h-hatano-paris | 2017-10-25 05:32 | Trackback | Comments(0)

マクロン大統領の口から新しいフレンチ俗語、「ZIGOTO・ジゴト、変な奴」のデビュー・登場する・・・災・わざわいは口から出・いでて身を破る・・・

市民運動の革新的な日本人なうのフランス第五共和国大統領へのマクロン・ラヴ💗マクロン好き💗は半端ないものでありますが、またまた、マクロンが元大統領のオランドのことをZIGOTO・ジゴト、変な奴と発言して、フレンチ・メディアは大騒ぎになる・・・このところ、マクロンはずーと、口が出た発言でメディアからバッシング・叩かれている、ストライキ中の労働組合メンバーのいる場所を売春宿と言ったり・・・災いは口から出でて身を破るようなパフォーマンスをして、言動がフランス共和国大統領にふさわしくないと支持率・人気が急降下している・・・あまりにも、天ぷらの食べすぎか、口がスベリにすべっている、お笑い芸人のギャグがスベルように・・・災いは口から出でて身を破るの反対の言葉は、幸・さいわいは口から出でて身を飾る・・・言葉というものは、人を勇気づけたりキズつけたりする・・・慢心になって天下をとったかと錯覚して、人をキズつける言葉、デモクラシー・民主主義ではない言葉「排除する」と言った「希望」の婦人も同じこと、国民に「希望」を与えずして反対に「失望」と「絶望」を与えてしまった・・・これを仏法では身口意・しんくいの三業・さんごう、三つのカルマ・業という・・・
a0342405_04412637.jpg
MELANIA TRUMP BODY DOUBLE、メラニア・トランプの身体が二つ・・・アメリカなうのXファイルとして、フレンチTVのおちょくり番組で放送された、ファースト・レディのダブル説・・・①髪のスタイルが違う説、②鼻のかたちが違う説、③なぜか、いつもサングラス・黒メガネをかけている・・・これはメラニア夫人の別人がいるのだろうと、アメリカでは大騒ぎ・・・アメリカ人はなんてヒマなやっちゃとフランス人は思っている・・・メラニア夫人はエイリアン・宇宙人だという宇宙人説にもなっている・・・
a0342405_05004963.jpg
秋の果物といえば、ブドウどすえー・・・それもスペイン産の甘いブドウ、食事の終わりのフロマージュ・チーズを食べる時に、一緒にブドウを食べるとおいしい、古代ローマ時代の食事方法、ためしてみなはれー・・・
a0342405_05071788.jpg
カレーライスは食べあきたから、カレークスクスを食べてみる・・・カレーはカレースープのようにして上からかけて食べる・・・カレーの発祥地インドからイギリスへ渡り、イギリスから日本へ渡った国民食のカレーライスが、こんどはフランスに住んでいる奇人変人によってイスラーム教徒の食べるクスクスと合体する・・・ウチのサマジスティ、女王陛下は、なんてオゾマシイ食べものなのー、ヘンタイーと言ってケイベツ光線を発射する・・・
a0342405_05171502.jpg
最近の無名絵描きの仕事場、季節によって変化する、季節労働者のような場所・・・トラバーユ中はFMラジオをかけっぱなし、最近はジャズ・オンリー局かロックミュージック・オンリー局のスイッチに合わせていることが多い、その理由は、ウルサイ宣伝がないから・・・
a0342405_05240278.jpg
ドイツ表現主義を代表する、マックス・ベックマン作「赤いスカーフの自画像」1917年、カンヴァス・油彩、80X60cm、ドイツのシュトゥットガルト国立美術館のコレクション・・・ゴッホに似て自画像を多く描いた絵描き、ナチ・ドイツ時代に頽廃芸術のレッテルを張られ弾圧される、弾圧されオランダのアムステルダムに移住する、そして、最後は新大陸アメリカのニューヨーク・マンハッタン島で急死する・亡くなる・・・どこか常に不安な雰囲気の作品が多い・・・フレンチFMラジオから、The Band - The Last Waltz - The Weight feat. the staples singers - YouTube 、ザ・バンドのラスト・ワルツから、ウェイト・生きてゆくための背負わなければいけないウェイト・荷物、重荷、この歌はアメリカン・シネマの名作「イージーライダー」の中に登場する・・・チャオ・・・今朝のパリとパリ近郊・郊外は雨がしとしと降っている、日中最高気温は18℃、今週末の日曜日の真夜中すぎから冬時間が始まる、そろそろ厚手のカーテンを窓につけないといけない、保温用のため・・・明日はパリ市近代美術館に行く予定、まともな絵を観て自分の感覚を軌道修正するために・・・

[PR]
by h-hatano-paris | 2017-10-24 04:53 | Trackback | Comments(0)

Toussaint・トウッサン、万聖節のお祭りバカンスのマクロン大統領の支持率はマイナス3%になり42%にさらに下がる・・・

日本列島では衆院解散選挙の投票結果で大騒ぎの様子でありますが・・・敵前逃亡のように日本からパリにやってきた、衆院選挙に大負けの政治難民のような「希望」のマダムへのインタビュー、パリから日本への民放による衛星中継放送の費用が約一千万円もかかったと、なんというガスピエ・ムダ使いをしている・・・その様子を日本のYouTube画像で見ましたが、元気がないというか、覇気・はきがない、しかし、自己顕示・自己主張だけ強く続投するという、しかし、「排除する」という言葉はデモクラシー・民主主義の表現ではない、どこかの一党独裁政権の国の言葉だ、ここでミュージック、「希望という あなたをたずねて・・・」で始まる、岸洋子 希望 - YouTube・・・フランスではこんな日本のお家騒動的な出来事はニュースにもならない・・・そんなことよりも、五か月前はあんなに超人気だったエマニエル・マクロン大統領の人気がプチ・タ・プチ、少しずつ低下し、以前よりもマイナス3%になり42%とさらに下がる・・・これが国民支持率30%台になると政治的な危険ゾーンが始まる・・・理由は、フランス国民に明確な政治メッセージを発信せず、プボワール・権力をかさに着てオトリテ・威張ってるように感じられるから・・・ここでパリから一句、「権力は いずこも同じ 秋の夕暮れ」・・・フランスの政治的なバブルのようなマクロン人気現象を信じて日本でコピー・マネをすると、トンデモハップンな結果になる、これはあくまでもフランス社会なうだからできたこと・・・
a0342405_03570594.jpg
マルシェ・朝市のカボチャがボンジュール・こんにちはー・・・フランスのカボチャは湯がいて電気かくらん器でスープ状にする、これをフランスではグラン・メール、おばあちゃんのカボチャのスープと言う、つまり、おばあちゃんの味・・・オフクロの味というのはフランスにはおまへん・・・
a0342405_04113971.jpg
ウチの近くのケンケンで行けるBIO・ビオ、自然食品のマーケットにも、カボチャのいろいろがボンジュール・こんにちはー・・・秋から冬にかけての季節にフランス人はスープに郷愁を感じるらしい・・・フランス語ではカボチャのことを、①Potiron・ポティロンと、②Citrouille・シトルイユと言う、種類が違う・・・
a0342405_04242399.jpg
パリ13区のチャイナタウン・中華街で見つけたアジア系のカボチャ・・・これは日本式にダシとミリンとお醤油とで煮つけものにする、これがおいしい、カボチャは繊維質が多いので身体にもいい・・・
a0342405_04305861.jpg
フランスにも🎃ハロウィーン・ラヴ💗💗💗のフランス人がいる・・・道ゆく子供たちによく見えるように低い位置に飾ってる・・・知り合いのカナダ人の家庭では、毎年、ハロウィンパーティーをしていた、それもデギゼ・仮装コスプレをして、子供たちから日本人だからサムライのかっこうをしてーとリクエストがあって、大島紬・おおしまつむぎの着物姿で参加した、下駄・ゲタをはいて・・・オモチャの刀・カタナを帯にさして、なんじゃもんじゃのサムライ・コスプレ・・・
a0342405_04372849.jpg
ギュスターヴ・モロー作「イコーン・一角獣」1885年、紙の上に油彩・水彩・デトランプの技法、115X90cm、パリのギュスターヴ・モロー美術館のコレクション・・・このミュゼ・美術館は19世紀にモローが住んでいた住居とアトリエ、昔しのパリの雰囲気が残っている、モローは当時のパリのボザール・国立美術学校の教師だった、彼の教えたアトリエ・教室からはルオーとマチスが生徒だった・・・モローは彼らに「私は君たちが渡ってゆく橋だ」と言った、世界の美術学校の教師でこの言葉を言うことができる大きな心を持った絵描きはいるだろうか・・・アメリカンTV番組からマイリー・サイエスがカラオケする、Miley Cyrus Carpool Karaoke - YouTube ・・・チャオ・・・

[PR]
by h-hatano-paris | 2017-10-23 04:01 | Trackback | Comments(0)

フランドルの諺・ことわざから、「二つの口で話す」とは・・・「人を裏切る二枚舌、何でもしゃべる軽い舌、酒もパンも買わないで、しゃべって生きていく者もいる」・・・

二週間のトゥッサン・万聖節のバカンスが始まったフランス、多くのフランス人が移動する、これは秋の農繁期のネコの手も借りたいほどに忙しい収穫時に、子供たちも収穫を手伝ってもらいたいと始まった ? のかと思ってみたり、フランスなうの子供たちは収穫の手伝いもないので何をすればいいのかと、みんながみんな農家の子供たちではないし、そろそろ、このフランスのバカンス大好き症候群から脱出しないと、フランス人はナマケものになる・・・読書の秋に本(ブリューゲルの諺の世界、民衆文化を語る、森 洋子著、白鳳社)を読んでいたら、フランドルの諺・ことわざの中に「二つの口で話す、Hij spreekt uit twee monden」フランドル語でやんす、オランダ語とほぼ同じ、日本の表現の「一口両舌」「二枚の舌を使う」・・・「人を裏切る二枚舌、何でもしゃべる軽い舌、酒もパンも買わないで、しゃべって生きていく者もいる」・・・「あそこに、人間が二つの口をもって話している、ここではこう言い、あすこではああ言い、ここでは褒・ほめ、あそこでは悪口を言う・・・二枚舌、これほど悪い種はない」・・・地球プラネットのあちらこちらに、あてはまる人間たちがうじゃうじゃといる、何を言いたいのかおわかりになりるれろ・・・
a0342405_04320251.jpg
パリの街のオペラ座近くのパッサージュ・ガラスの天井つきの通り抜け道・・・こんな19世紀からの小通りがパリの中に無数にある、雨が降り始めた時に雨宿りできる、軽いランチ食事もできる・・・
a0342405_04410196.jpg
こんなギリシアから中東のリバネ・レバノンにかけての地中海料理のファーストフードのお店もあったりする、ラ'アシエット・メッゼ、地中海料理の前菜の盛り合わせ・・・豆を使った料理が多いのでダイエット食として人気がある・・・
a0342405_04501506.jpg
ラ・ピタ、ピタパンのこと、円形のパンにくるんだ、グレック・ギリシャの田舎のピタと書いてある・・・クーキーティというのが意味不明、手巻き寿司のようにピタパンでくるんだナントカ・・・中東人に聞かないとわからなーい・・・そして、アジアのこんなのもあったりする・・・
a0342405_05083295.jpg
パリのアニハセヨ~・・・朝鮮半島の韓国料理店もあったりする、前菜に餃子か味噌汁かサラダの小鉢を選び、好きなビビンバ・どんぶりものを選ぶ・・・フレンチTV①チャンネルのニュースの中に、北朝鮮からのスペシャル取材ニュースがありまして、北朝鮮のファーストフードを紹介していた・・・ケ・ス・ク・セ・サ ? それはなんじゃ、それはサツマイモの焼きイモ・日本の石焼きイモだった、それが北朝鮮・朝鮮民主主義人民共和国の人々のファーストフードなうだった・・・
a0342405_05242030.jpg
19世紀ドイツ・ロマン派の絵描き、カスパー・ダヴィッド・フリードリッヒ作「リーゼンゲビルゲの谷間に昇る霧・きり」1820年、カンヴァス・油彩、54,9X70,3cm、ドイツ・ミュンヘンのノイエ・ピナコテークのコレクション・・・フリードリッヒは、「精神の眼で見るために、肉体の眼を閉じよ」と言った、当時は変人奇人として見られていた・・・フレンチFMラジオから、懐メロミュージックの、Sinéad O'Connor - Nothing Compares 2U (official Video) - YouTube 、かつて北アイルランド独立派、カトリック系過激派組織のIRA・イラ、アイルランド共和国軍を応援していたシネイド・オコナーが歌う、ナッシング・コンペアンス・トゥ・ユー、あなたは何ものにも比べようがない、あなたはあなたでしかないのだから(ワタシにとっては)・・・イベリア半島のスペインのカタロニア独立派は好き勝手にやりすぎてカタロニア地方の自治権を失うという窮地・きゅうちに落ちた、EU・ヨーロッパユニオンがひとつにまとまらなければいけない時に・・・チャオ・・・

[PR]
by h-hatano-paris | 2017-10-22 04:43 | Trackback | Comments(0)