波多野均つれづれアート・パート2

hatanohito.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

14-JUILLET Pourquoi Macron a invité Trump、カトルズ・ジュイエ、プルコワ・マクロン・ア・アンビテ・トランプ、7月14日にどうしてマクロンはトランプを招待するのか

もう、六月もデルニエ・ジュール、最後の日となりまして、月日の流れはアッという間に早いもんでんなー・・・そうどすなあー・・・もう、ジジイ感覚になっている・・・あんなに異常だったカニキュール・猛暑が終わり、急に毎日が涼しくなりまして風邪をひいてるフランス人が多い、毎日・30℃以上の気温の中で暮らしてごらんなさい、身体の細胞がおかしくなって、細胞があわてているのがよくわかる、お昼ご飯を食べていると下着のシャツが汗でびっしょりとなる、特に、ワタシはアニマル・ハタノとよばれているので汗が止まらない・・・真冬にワタシがクルマに乗るとクルマのガラスがあっという間にくもってしまう、人間水蒸気・発汗が異常・・・フランス社会はいよいよサマーバケーション・夏休みに突入する、最近はフランス人の間で英語・米語を使うことがクール・カッコイイとなっているのでバカンス・ド・エテ、夏のバカンスとは言わない・・・フランスの夏休みは七月組と八月組、最近は時間差バカンスで九月組も増えた、海や山や田舎に行くのが普通、われわれ絵描きは油絵具と溶き油の乾燥がいいので夏に絵を描きまくる、必然的に、超混雑した、物価の高いバカンス先には行かない、パリ南郊外のアパートの部屋でカンヅメになってトラバーユする・・・
a0342405_05185089.jpg
フレンチTVニュースから・・・ケ・ス・ク・セ ? これはなんじゃ・もんじゃ ? フランスがルージュ・真っ赤に染まっている、真っ赤に燃えたーフランス地図・・・フランスのポレーン・花粉症の分布図、つまり、フランス中が花粉症アレルギーにご注意予報・・・ワタシはフランス人からアニマル・ハタノとよばれているので花粉症そのものを食べているので症状はでない、平気のへいざ、ワタシに近づくと花粉が花粉症になる・・・ところが、ウチのサ・マジスティ、女王陛下は眼が痛くなるし、鼻水はでるわの大騒ぎ・・・オンナっていう生きものはどうしてあんなに大騒ぎをするのかと思ってしまう・・・この発言がのちのちに命とりになるかも・・・
a0342405_05315189.jpg
やっと、というか、ようやくというか、フランス第五共和国のエマニュエル・マクロン新大統領のポートレイト・肖像写真が発表される・・・これがオフィシィアル・公式な新フランス大統領の写真、フランス全国の35000の市役所の市長室の壁に飾られる写真、今までの歴代フランス大統領の公式の写真はエリゼ宮・大統領官邸の図書室の本棚の前であったり、エリゼ宮の庭からであったり・・・マクロン新大統領は、大統領執務室のフネ―トル・窓をグラン・ウベール、大きく開けて「開かれたフランス」を演出する・・・
a0342405_05413765.jpg
フランスの新聞には・・・プルコワ・マクロン・ア・アンビテ・トランプ、どうしてマクロンはトランプをフランス革命記念日の7月14日に招待するのか・・・今年は、アメリカがヨーロッパの第一次世界大戦に参戦して100周年の記念すべき年であるからにして、アメリカのその心意気に・・・何だっけ、日本語表現の、いざ鎌倉の時には真っ先に馳せ参じる・・・百年前にヨーロッパが戦争で大変だった時に援軍として駆けつけてくれたアメリカの兵士たちの心意気に応えて感謝の意味でアメリカ合衆国の大統領トランプを招待するのだと・・・フランス語の辞書を引き引き、お読み下せえー・・・シャンゼリゼ大通りのフランス陸海空軍の行進・パレードには、にぎにぎしくアメリカの現役の兵士たちも共々に行進する・・・プリュス・付け足し、相変わらず、トランプはツイッターでアメリカのメディア攻撃に狂っているけれども、フランスは性格の悪いトランプを招待するのではなくアメリカ大統領を招待する、そんな人間を選挙で選んだのが悪い・・・
a0342405_05521772.jpg
ロワールの田舎の家でのお昼ご飯は・・・冷やしパスタ・スパゲッティの冷やし中華風と、冷やっこ・フランスのBIO・ビオ、無添加のお豆腐、上に自家栽培のシソの葉が乗ってる・・・これがオードブル・前菜・・・ロワールに住む友人はフランス人の若い夫婦ものを招待していたので、ロワールの六月の昼食会・・・夫は合気道の先生をやっている・・・
a0342405_05590679.jpg
これを食べて、メインはエビ入りの蒸餃子と豚三枚肉のショウガ焼きとタケノコご飯、それから、ロワールのヤギのチーズとデザートにはバナナとヨーグルトにハチミツをかけたもの・・・それらはサービスに超忙しくて写真に撮れず・・・
a0342405_06024410.jpg
飲みものは、ロワールの地元のロゼワイン、トゥレーヌ・トゥール地方のロゼワイン、シェル・ド・ロワール、ロワールの空と一番下に書いてる・・・ロワールのロゼワインは軽くてちょっと甘い味がする・・・
a0342405_06070432.jpg
ベレー帽姿の合気道師範のグザビエと明るいヤンママのキャティと七歳の娘のヒナタちゃんと末っ子五歳のチェスタちゃん・・・ロワールの人々と会話・交流をする・・・
a0342405_06295777.jpg
UKのウィリアム・ブレイク作「ダンテの神曲から・・・」厚紙にアクリル・水彩、29X30cm、ロンドン・テートギャラリーのコレクション・・・ブレイクは本当にこんなイメージが見えたという、これはダンテの神曲の中から、乗り物に乗っているベアトリス・ベアトリーチェがダンテに話しかけているイメージだという・・・幻想アート、幻覚アート・・・六月新着ミュージックから、Kodaline - Brother (Official Video) - YouTube 、アイルランドのロックグループ・コーダラインが歌うブラザー・兄弟・・・チャオ・・・
a0342405_18403133.jpg
プリュス・付け足し、今日のイル・ド・フランス地方、パリとパリをとり巻く近郊・郊外のメテオ・お天気は、フレ・気温が冷たくて、アンスターブル・不安定なお天気・・・トレ・ニュアジュー、とっても雲っていて、アヴェルス・にわか雨が降る・・・最高気温は、19℃から20℃どまり、三月のようなお天気・・・


[PR]
by h-hatano-paris | 2017-06-30 06:45 | Trackback | Comments(0)

DONALD TRUMP ASSISTERA AU 14-JUILLET、ドナルド・トランプ・アシステラ・オゥ・カトルズ-ジュイエ、7月14日のフランス革命記念日の式典にドナルド・トランプが出席する

今日はフランス全国の中学生83万人対象のDIPLÔME NATIONAL DU BREVET、ディプロム・ナショナル・ドゥ・ボゥベ、 中学卒業資格試験&高校入学資格試験が行われる、この試験の結果と三学期の成績の結果とで大学進学のための高校に行くか、職業専門高校に行くか、二つの道が分かれる・・・こういう時代になったので大学を卒業してもトラバーユ・仕事が見つからないことの方が多い、それよりも、中学卒業の15歳からみっちりと職業専門高校で学んでフランス料理の料理人の見習いなり、パテシィエ・菓子職人の見習いなり、肉屋の見習いなり(高給取りなのがフランスの肉屋、みんながお肉を食べるのでさまざまな肉の各パーツの解体技術を学ぶとフランス中でトラバーユできる)、自動車修理工なり、美容師の見習いなり・・・手に職をつけた方が堅実な人生になる・・・われわれのような自由業の絵描きは宇宙の彼方に住んでいるエイリアン・宇宙人のようなもの、15歳の子供たちにはオススメはできない・・・さてさて、フランスの新大統領のエマニュエル・マクロンのアンビテ・招待の7月14日のフランス革命記念日の式典セレモニーへの出席にトランプがイエスを言う・・・マクロンはプーチン大統領をヴェルサイユ宮殿に招待し会談し、今度はフランス革命記念日のパリをエサにトランプを招く・・・これは、MAKE FRNCE GREAT AGAIN、メイク・フランス・グレイト・アゲイン、フランス第五共和国を再び偉大にしょうというもの、これがフランス式のしたたかな外交政策、トランプ訪仏反対の声も多いけれども、何だっけ、日本の言葉の・・・肉を切らせて骨を切る・・・何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・
a0342405_04531356.jpg
ロワールに住んでいるボーイズ・男の子たち・・・右はトゥールの町に住んでいる日仏ハーフのユーゴ16歳、高校一年生・・・左りはロワールの田舎町に住んでいるキヨシ16歳、CM3・日本の中学三年生にあたる・・・キヨシはロワールで生まれたが両親が離婚し、母親と日本に帰国した、いろいろと諸事情がありまして、11歳の時にロワールに住む父親のところに帰ってきた、地元の小学校に入るがフランス語の問題で一学年ほど遅れ、この五年間の間にいろいろと勉強して中学最後の学年になった、彼は今日のフランス全国中学卒業資格試験&高校入学資格試験を受ける、その結果、親友のユーゴが通っているトゥールの大学進学の高校に入ることができる・・・ユーゴは日仏のハーフとして、キヨシはフランス語がしゃべれないエトランジェ・外国人・異邦人としてイジメにあった、彼らは日本人の血が入っていること・日本人であることを売りものにしたくはないという・・・ワタシから見ると日本に住んでいる日本人以上に礼儀正しい日本人の子供たちだけれども・・・二人は異国の地フランスで永遠の親友なのだ、いつもお互いに助け合って生きている・・・
a0342405_05115032.jpg
フランスの花火・・・その少年たち、ユーゴとキヨシがほしかったもの・・・男の子だからね・・・
a0342405_05131345.jpg
どんな花火があるのか、よーく、知っている・・・
a0342405_05141329.jpg
結局、少年たちが買ったのは爆竹花火だった、チャイナタウン・中華街の旧正月でやる爆竹・・・それをおこずかいで買って、ロワールの田舎の誰もいない公園でやって騒いでいた・・・そういうのがいいらしい、変わってるー・・・二人とも好きな女の子はいるけれども、特定のガールフレンドはいない・・・お前ら、ガールフレンドもいないのー・・・いませーん・・・
a0342405_05213231.jpg
キヨシが絵描きの父親とふたりで飼っているネコちゃん・・・外に出るとクルマにひかれてアブナイので、フランスの田舎のクルマはスピードでぶっ飛ばすクルマばかり、それで窓を開けている時はつながれているネコちゃん・・・
a0342405_05262826.jpg
そのネコの動くシッポで遊んでいるロワールの田舎の女の子、五歳のチェスタちゃん、それで遊べるのだからスゴイ・・・おじさんはね、もう、ネコのシッポでは遊べない・・・
a0342405_05323957.jpg
ロワールの田舎のちっちゃな花・・・一輪の花の中にも、大宇宙がある・・・フレンチ・ラップ・ミュージックから、Aya Nakamura - Comportement (Clip officiel) - YouTube 、アヤ・ナカムラが歌う、コンポルトモン・振る舞いとか、態度とかの意味・・・チャオ・・
a0342405_06311748.jpg

もう少しで歌を忘れたカナリア、アートを忘れた絵描きになるところだった・・・ブリューゲル作「足のなえた人たち」1568年、板に油彩、18X21,5cm、パリ・ルーヴル美術館のコレクション・・・ネーデルランドの諺・ことわざに「嘘は足のなえた人々と同じように松葉杖にすがって歩く」アメリカのトランプの好きな言葉、なにもかにもがフェイクニュース大騒ぎ事件はこのような人々のことを言うのかもしれない、フレンチ的な超変化球なので、賢明な読者であれば何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ、これでトランプはパリの7月14日のフランス革命記念日にコブラツイスト卍固めだ・・・バーイ・・・


[PR]
by h-hatano-paris | 2017-06-29 04:17 | Trackback | Comments(0)

E.M A CONVIÉ D.T À ASSISTER AU DÉFILÉ DU 14-JUILLET À PARIS、マクロンがパリの7月14日フランス革命の式典にトランプを招待する・・・

昨日の夕方のフレンチTVニュース・オンリー局の速報テロップに、EMMANUEL MACRON A CONVIÉ DONALD TRUMP À ASSISTER AU DÉFILÉ DU 14-JUILLET À PARIS、エマニュエル・マクロン・ア・コンヴィエ・ドナルド・トランプ・ア・アシステ・オゥ・デフィレ・ドゥ・カトルズ-ジュイエ・ア・パリ・・・エマニュエル・マクロンが今年のパリの7月14日にシャンゼリゼ大通りを行進するフランス革命の式典出席にドナルド・トランプを招待する・・・直訳すると日本語表現がおかしいのでありますが、つまり、パリの7月14日に行われるフランス革命のフランス陸海空軍の行進セレモニーにアメリカ大統領のトランプを招待するとマクロン新大統領が声明をだした・・・トランプからの返事はまだない、これがフランスの外交政策、世界中の大統領・首相のだれもがフランス革命の式典に参加したいと思っている、それをやるのがフランスの外交・・・うまく、エサにお魚ちゃんが食いつくか、どうか・・・それが問題だ、そして、気候変動抑制のパリ協定・COP21を離脱したトランプがのこのことパリにやって来たらコブラツイスト卍固めにする(コブラツイストとはプロレスの必殺技のこと)・・・
a0342405_04421449.jpg
フレンチTVニュースの文化・アート話題から・・・これはダリ・誰 ? そう、スペインのシュルレアリスム・超現実アート、パフォーマンス・アートのダリの顔と、鏡の中の顔の女性は・・・ダリの娘だと主張する、ピラル・アベル、61歳の顔、職業はVoyante・ボワイヨン・占い師・・・
a0342405_04482251.jpg
長年、スペイン・マドリッドの裁判所にダリの娘であると訴えて、裁判所がDNA・血液鑑定をするためにダリのお墓を開封する許可を出す、つまり、ダリのお墓を掘り起こすってこと・・・ダリのお墓はダリの遺言によってカタロニア州のフィゲラスにあるダリ劇場美術館の中にある・・・彼女がホンモノのダリの娘だったら莫大なダリの遺産の相続者になるらしいというニュース・・・
a0342405_05061479.jpg
ロワール地方の田舎の県道・・・クルマ一台も走っていない、もう、カラオケ貸し切りのような田舎道・・・プラタナスの並木道がずーと続く・・・
a0342405_05093634.jpg
ロワールのブドウ畑、ロワール地方は一世紀から三世紀のローマ街道、ブールジュからトゥールへ行く道があったので、古代ローマ人たちがブドウの栽培を持ってきた・・・それが改良されて、今のロワールのワインになる・・・太陽の光りを浴びたロワールのワインは軽くて、ちょっと甘い味がする、今の季節ならロワールの白ワインやロゼワインがいい・・・
a0342405_05150532.jpg
これは、ヴ―ヴレのドミ・セック、2013年もの、超甘い白ワイン・・・食前酒かデザートの時に飲む白ワイン・・・白ワインやロゼワイン、シャンパンは、必ず、冷やして飲むことをオススメ・・・
a0342405_05202410.jpg
晴れの日も、雨の日も、風の吹く日も、雪降る日も、毎朝、七時半に田舎のスクールバスはやってくる、フランスの田舎の子供たちはこのバスに乗って学校へ行く・・・
a0342405_05243044.jpg
田舎のバス停のそばにはラベンダーの花が咲いていた・・・
a0342405_05272630.jpg
田舎にはこんな古い家々がある・・・朝日のあたる家、昔しはこの小川で洗濯をした・・・
a0342405_05311963.jpg
週に一回、水曜日にしかオープンしない田舎のパン屋とここに住む友人は言っていたが、看板には火曜日から金曜日までの午後六時から八時オープンと書いてある・・・お客がいないから週一になったのかもしれない・・・これがフランスの田舎の現実・・・クルマで近くの大きな町のスーパーマーケットに行けば、パンは毎日、売っているし、パン屋さんも何軒かある・・・
a0342405_05383802.jpg
今日のアートはワタシの絵から・・・ハタノ作「ブルターニュ地方・モルビアン湾の夏の始まりの夕陽」2003年、カンヴァス・油彩、61X46cm、この絵はパリでの展覧会の時にフランス人のお年寄りのマダム・ご婦人に買っていただいた・・・今夕・パリのオランピア劇場でライブ公演する、Blondie - Long Time (Official Video) - YouTube 、1970年代のUSAのロックグループ、ブロンディの復活ミュージックなう、女性ボーカルのデボラ・ハリーは72歳、歳をとってもロックはやれる・・・チャオ・・・プリュス・付け足し、今日からフランス全国で夏のソルド・バーゲンが始まる、8月8日まで六週間のバーゲンセール、最近はネットでアクセスして買うことが流行している、無料で配達してくれるし・・・夏のバカンス前なのでフランス人ひとりのバーゲン予算は平均して200ユーロ・約2万5千円ぐらい・・・

[PR]
by h-hatano-paris | 2017-06-28 05:56 | Trackback | Comments(0)

POURQUOI LES FEMMES LISANT PLUS QUE LES HOMMES ? プルコワ・レ・ファンム・リザン・プリュ・ク・レ・オンム ?どうして、女性たちの方が男たちよりもより

先週の土曜日の午前中にデパー・出発し、ロワール地方の田舎の小さな町に住む絵描きの友人の家に行く、パリ南郊外からボルドー行のA10号線のオートルート・高速道路に乗って、ロワールのブロワの町で高速道路をおりロワール川を横切って田舎道を走る、何もないフランスの田舎、ホンマに何もありませーん・・・休憩時間を入れて三時間あまりでアリべ・到着する、フランスの田舎の過疎化現象でパン屋も肉屋も商店も何もない、大型スーパーマーケットで食材を買うだけ、クルマがないとアキマヘン・・・フランスの268ヶ所がインターットやスマートフォンが使えない、ゾーン・ブロンシュ、白いゾーンが現存する、田舎はええどー・・・でも、超不便・・・友人の家は、シェール川沿いの集落の小高い丘の上にある、フランスの田舎で生活するにはそれなりの覚悟が必要、美術館もないし、ショコラ専門店もない、ないないづくしがフランスの田舎、よくここで生活してはりまんなー・・・街ネズミになった自分に気がつく・・・さてさて、パリにもどってくると、パリの話題は、POURQUOI LES FEMMES LISANT PLUS QUE LES HOMMES ? プルコワ・レ・ファンム・リザン・プリュ・ク・レ・オンム、どうして、女性たちの方が男たちよりも、より読書・本を読むのか ? パリのメトロ・地下鉄や市内バスで移動中の読書をしているのは女性が多いのだと、「女は読書をして賢くなる、男は女のお尻や胸・オッパイを見てCON・バカになる」・・・なにか深夜の低俗番組の標語みたいでしょ・・・何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・
a0342405_05010211.jpg

シェール川に架かる古い石の橋の向こうに・・・
a0342405_04593099.jpg
ロワール地方には、こんなマノワール・館が点在する・・・18世紀からの建物だから修復にお金がかかる、かかりすぎる、これを近代化するとロワールではなくなる、古い建物を次々に壊して近代的なアパートを建設するとロワールではなくなるってこと・・・
a0342405_05070007.jpg
田舎の女の子はネコのシッポで遊ぶ、この女の子の名前はチェスタちゃん・五歳、ロワールの女の子だ・・・
a0342405_05083994.jpg
ロワールの田舎のバス停・・・ここで朝の七時半過ぎに田舎の子供たちはスクールバスを待つ・・・学校まで三十分もある・・・
a0342405_05100891.jpg
パリとパリ近郊では見なくなった郵便ポスト、フランスのは黄色い・・・ネットやスマートフォンの急成長で手紙を書く・便せんに文字を書くフランス人が激減した・・・これは世界的な現象なのか、その結果、田舎の郵便局がフェルメ・閉鎖されている・・・大きな町に行かないと郵便局がない・・・
a0342405_05153850.jpg
その郵便ポストのそばに、けなげに咲いていた田舎の花・・・ユーチューブ新着ミュージックから、Birdy - Birdy (Full album) - YouTube ・・・UKのバーディのフル・アルバム・・・チャオ・・
a0342405_05253268.jpg
アートするのをコンプレクトモン・完全にウブリエ・忘れていた・・・いけん・いけん、絵描きのシッポであろうものが・・・ブーダン作「アントワープの港から北のカテドラルを見る」1871年、カンヴァス・油彩、36,6X58cm、北フランス・ソワソンの古いサンレジェ修道院の美術館のコレクション・・・北のカテドラルとは、アントワープの聖母大聖堂のこと、ここにルーベンスの「キリストの昇架」と「キリストの降架」の大きな絵がある、それをどうしても観ようとして・・・ネロ少年の「フランダースの犬」の永遠のドラマがある・・・
a0342405_15371950.jpg
プリュス・付け足し、今日のイル・ド・フランス地方、パリとパリ近郊のメテオ・お天気は、オラジュ―・雷が鳴るかも、にわか雨が降るかもお天気、日中最高気温は25℃、メイュール・モモン、すごしやすい時間は朝の九時から午後の一時まで・・・今日も一日、ボン・コラージュ、勇気をもって生きること、田舎の人も・地球プラネットに住む人々は、みな、一生懸命に生きている・・・

[PR]
by h-hatano-paris | 2017-06-27 05:20 | Trackback | Comments(0)

大量消費文化のアメリカのCOSTCO・コストコ、大型スーパーマーケット・会員制の倉庫店がパリ南郊外にデビュー・登場する・・・

カニキュール・猛暑はフランスの東方面、南ドイツからスイス、北イタリアに移動しましたが、夏のようなメテオ・お天気が続いているパリとパリ近郊・郊外の六月・・・もう、夏じゃん、みんな半パンとTシャツ、トング・砂浜で履くゴムぞうりのようなもの・・・フランスのJK・女子高生は長い髪を頭の上に丸くまとめて、お団子スタイル、最近ではスケボウ・スケートボードを持って通学しているのは女子高生が多い、学校までスケボウでスピード通学する・・・男子高校生はどないしょるんじゃーい・・・どないも、こないも、この間、男子高校生同士で手と手をつなぎ歩いていたのを見た・・・あら、世の中、ゲイ・ホモの時代 ? ・・・昨日はパリの街で2024年パリ・オリンピック誘致パフォーマンスでセーヌ河の上に、100mの直線コースを作ったり、アレクサンドル三世橋の上にダイビング場を作り、そこからダイブしたり、いろいろとオリンピック競技のパフォーマンスをする・・・パリ市内を走る二階建ての観光バスがいつもの路線・道が突然のオリンピック誘致パフォーマンスでストップ・閉鎖されているので、トンネルのある幹線を通過しょうとしたら、二階建てのバスがトンネルの天井をこすってしまい通過不可能になる、事前に路線変更を連絡しなかったパリ市が悪い・・・ウィークエンド、週末のフレンチTVニュース話題の中に、大量消費文化のアメリカの大型スーパーマーケットのCOSTCO・コストコがパリ南郊外にデビューする・登場すると・・・この巨大スーパーマーケットは年間会員制で、大量にまとめて商品を販売するというもの、1kgのパスタ・スパゲッティを六個まとめて販売する、なんでも・かんでも、まとめて大量販売する、それが大倉庫のようなスーパーマーケットでフランス人には目新しい・・・大マヨネーズや大ケチャップを六個まとめて買って、どぎゃんするとー、食堂でもやるのー・・・
a0342405_04504482.jpg
フランスの六月の夕暮れ、九時前・・・日没が十時頃ですから、一日が長い・・・
a0342405_04523289.jpg
ウィークエンド・週末クッキング・・・フランスでジャンボ・オムライスを作ってみる・・・時々、こんな日本のB級グルメのようなものを食べたくなる・・・直径30cmの大皿ですから、六人分ぐらいある・・・
a0342405_04582017.jpg
マッシュポテトと牛肉ミンチにキノアを入れて、キノア入りコロッケも作る・・・ちょっと、多めに作りすぎた・・・
a0342405_05020920.jpg
お昼のAランチ・コロッケ定食・・・時々、こんなものも食べたくなる・・・フランス料理には日本の東京の下町の商店街で売っているようなコロッケなんてない・・・
a0342405_05062104.jpg
小アジとイワシのから揚げ、これはパリのポルトガル系のレストランで登場する・・・セロリの葉っぱの天ぷらがついている・・・イワシのから揚げは二度揚げしてあるので骨ごと食べられる・・・
a0342405_05164295.jpg
ウイークエンド・週末の読書は、ブリューゲルの本・・・絵描きのしっぽですから、読む本はアート関係が多い・・・
a0342405_05202314.jpg
ブリューゲルのペン画から・・・ブリューゲル作「学校の中のロバ」1556年、ペンにインク画、23,2X30,2cm、ドイツ・ベルリン美術館のコレクション・・・当時、ネーデルランド・フランドル地方の教育水準は高かった、ブリューゲルはその教育フィバー・教育熱をからかって、ペン画の下の文字は「学校に行ったところで、ロバは馬にはなれない」・・・ウィークエンド・週末ミュージックは、フレンチ・ラップなうの、Fally Ipupa - Bad Boy feat. Aya Nakamura (Clip officiel) - YouTube 、フランスとアフリカのマリが合体したプラネット・ラップ・ミュージック、歌っているアヤ・ナカムラ嬢が日本とアフリカのマリのハーフなのかミステリー・・・チャオ・・・今日からロワールに住んでいる父と息子のふたりで暮らしている日本人の絵描きの家に行く、帰るのは月曜日、ブログがプチお休みになるのでエクスキューズ・しつれーい、ご了解を・・・


[PR]
by h-hatano-paris | 2017-06-24 05:40 | Trackback | Comments(0)

LE DIKTAT DE LA MAIGREUR、ル・ディクタット・ド・ラ・メグリール、減量する・痩せるための絶対的命令とは、ケ・ス・ク・セ ? 何なのか・・・

いやはや、暑いというものではない、パリ市内の大きな公園はパリ市民のために夕涼みピクニック用に真夜中までオープンしている、パリのセーヌ河ぞいは夕暮れピクニックをするパリっ子たちであふれている、ビールを飲みながらミニスーパーのお惣菜でピクニックをしながら真夜中近くまで永遠にしゃべくりをする・・・そんなドンチャン騒ぎの中で、ポンヌフ橋からセーヌ川にダイブした男性が心臓マヒで亡くなる、酔っぱらって暑いからセーヌ河にドブンが命取りになる・・・そんなこんなのフランスのカニキュール・猛暑、こうなるとヘナチョコ扇風機よりも強力な冷房クーラーが必要でっせー、フランスにも・・・フランスの小学校は冷房クーラーも扇風機もなくて保護者から批判がでる・・・さらに、超暑いのでこんなことをするフランス人もいる・・・
a0342405_04234221.jpg
フレンチTVニュースから・・・路上にあるポンピエ・消防用の消火栓を開いて、路上シャワーをするのもいる、大昔のニューヨーク・マンハッタン島の夏場のハーレム地区の写真のよう・・・
a0342405_04254277.jpg
喜んでいるのは、この近辺に住んでいる子供たちだけ・・・こんなことをやると、この付近の家庭の水道は水圧が足らなくなって数時間・断水状態になる、アパートの上の階は水圧の関係で洗濯も水洗便所も使用できない、そして、この水道代はどこが払うのか、この地域の住民税で払うしかない・・・そこまで考えてやらないと、結局、住民・市民にしっぺ返しがブーメランのようにもどってくる・・・さらに、バチあたり的な便乗型でこんな不届きなヤツもいる・・・
a0342405_04303015.jpg
自分のクルマを運転してきて洗車をするヤツもいる、これはヒドイじゃろ・・・世も末のフランス社会・・・路上の消火栓を抜いた犯人は、500ユーロ・約6万2000円ぐらいの罰金、フランスはポリスのパトロール・見回り度数が少ないので犯人は捕まらない、なんとチャランポランのフランスなう・・・
a0342405_04405617.jpg
これもフランスなうの大問題テーマ・・・テーマの題名が、LE DIKTAT DE LA MAIGREUR、ル・ディクタット・ド・ラ・メグリール、減量する・痩せるための絶対的命令・・・これはフランスの中学生・高校生の女子たちで大流行しているスマホの画像、自分のウエストの細さを自撮りしてスマホにリンクする・・・その影響は、パリのファッションショーの細身のマヌカン・モデルから・・・未成年の病的に痩せたマヌカン・モデルの女の子を使ってショーをする、これが社会的に問題になっている、それを未成年の女の子たちがコピーをする・マネをするから・・・そんなことをやっていると、拒食症になる、食べても食べても吐いてしまう・・・何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・
a0342405_04533834.jpg
昨日のパリ南郊外のアパート群の公園の噴水場の午後の気温は・・・なんとなんと42,7℃であった・・・アパートの室内温度が30℃・・・どこに行けばよろしいのでしょうか・・・北極や南極のシロクマさんやペンギンさんたちに会いに行きたい・・・これが六月のフランスの連日のカニキュール・猛暑でっせー・・・
a0342405_04590366.jpg
オランダビールのハイネッケンの配達トラックが目の前を通り過ぎる・・・あっ、ビールだ、冷たいビールだと、脳細胞がすばやく反応する・・・何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・
a0342405_05040122.jpg
ベルギーアートから・・・アンソール作「ピエロとガイコツたち」1907年、カンヴァス・油彩、98X113cm、個人コレクション・・・ピエロ・お調子者の道化を囲むガイコツたち、人間はひと皮むけばガイコツのようなもの・・・この絵、ひとつでいろいろと人間世界を哲学できる・・・雨が降ってほしいので、雨ごいの歌、Etta James - Cry Like a Rainy Day - YouTube 、エッタ・ジェームスがブルースする、クライ・ライク・ア・レイニィ・ディ・・・チャオ・・・プリュス・付け足し、今日のパリとパリ近郊の日中最高気温は27℃、夏日のメテオ・お天気、年々にフランスの気温がアップしている、これを地球温暖化と言わずして、なにを地球温暖化というのか、トランプを連れてこーい、北アフリカのサハラ砂漠に流刑だぁー・・・自分の指の上で世界を回していると錯覚している人間ほど、愚かなものはない・・・何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・上のアンソールの絵は、ピエロ・道化のトランプとそれをとり巻く実体のないガイコツのような人間たち・・・
[PR]
by h-hatano-paris | 2017-06-23 05:13 | Trackback | Comments(0)

"Massages d'Amour" メッサージュ・ダ'アムール、夏季節の始まりは愛のメッセージがいっぱいのフェット・ド・ラ・ミュージック、音楽祭のソワレ・夕べ・・・

1982年から始まったフランスのフェット・ド・ラ・ミュージック、音楽祭・・・今年で36回目を迎える、音楽を聴いて・歌って・踊って・・・それは、"Message d'Amour" メッサージュ・ド'アムール、愛のメッセージだと、夏の季節が始まり新しい出会いが始まる・・・って、格調高く書き始めても、フランスはテリーブル・恐るべきカニキュール・猛暑で、昨日のパリとパリ郊外の日中最高気温が37℃、ウチのアパートの午後の室内温度は30℃、窓を開けたら熱気が入る、閉め切っていたらサウナ状態、サドマゾの夏の始まりの日・・・仕方なく、地下のパーキング場に続いているカーヴ・地下の個人用の物置場に置いてある扇風機をとりに行く・・・アニマル・ハタノとかバーバリアン・ハタノとフランス人たちからよばれているので、暑いからといってこんなヘナチョコ扇風機なんか使うのはイヤなのでありますが、ウチのサ・マジスティ、女王陛下の命令で・・・暑いから扇風機をとっておいでー・・・扇風機を持って地下階からエレベーターに乗ろうとしたら、アパートの住人のマダムに出会って・・・あらー、それ、どこで買ったのー、コストラマ ? ・・・コストラマというのは、家庭用の雑貨を売ってるスーパーマーケット、フランス全国にチェーン店がある・・・
a0342405_05063206.jpg
これがフランスで売っている扇風機・・・多分、メイド・イン・チャイナだと思うけれども、商品名は WANBAO・ワンバオ・・・こんな家電メーカーは聞いたこともない・・・フレンチTVニュースでやっていたカニキュール・猛暑のお話し・・・その①、フランスの西南地方のロワール河下流のナントの町で市営バスの運転手たちが、あまりにも暑いので半パン姿で市営バスを運転したいと・・・そうしたら、市の方からそんな恰好ではいけませーんとお達しが出て、女性の運転手はジュップ・スカートが認められているので運転手たちはミニ・ジュップ、ミニスカートをはいてレジステ・抵抗した、スコットランドの男たちはミニスカートをはいてるぜー・・・その②、アメリカ大陸のネバダ州の砂漠に囲まれたある町では、日中最高気温が50℃にも達したと、それに比べたらフランスのカニキュール・猛暑は驚くに値しないのだと、だから、そんなに大騒ぎすることもないのだと・・・なに言ってまんねん・・・
a0342405_05214201.jpg
本来であれば、八月に咲く花が六月に咲く・・・この紅い花は北アフリカ・モロッコの町々で咲いていた南国の花・・・
a0342405_05252201.jpg
パリのオペラ大通り近くの日本食品店で売っているもの・・・ウチのサ・マジスティ、女王陛下の食べるもの、厚焼きせんべいとピーナッツなしの柿の種・・・関東・東京・練馬人間ですから、おせんべいが命・いのち・・・これをポリポリ食べて、お茶を飲んでソファに寝そべって本を読んでいる・・・
a0342405_05315061.jpg
オランダ・アムステルダムのビール、ハイネッケンの新製品、アルコール度0%のハイネッケン・ビール、フランス人はHの発音ができないから、エイネッケンと言う・・・
a0342405_05364345.jpg
オランダビールのハイネッケンとベルギービールのリンス・コッション、豚ビール・・・このハイネッケンの缶ビールを使って調理したものは・・・
a0342405_05394408.jpg
ハイネッケンのビールを煮込んで作るフランスのカレーライス・・・カレー用のスパイスと肉は鶏の手羽、セロリとニンジンとタマネギとジャガイモ、ショウガとニンニクが入っている・・・そして、カレーの上に生卵をのせる、フランスのカニキュール・猛暑にはカレーライスを食べる・・・
a0342405_05450759.jpg
ネーデルランド・オランダの風景を描いたアートから・・・ブーダン作「風車のあるドルドレヒトの風景」1884年、カンヴァス・油彩、50X61cm、北フランス、ドゥエーのシャルトリューズ美術館のコレクション、ブーダンはノルマンディー地方・オンフルールの海の風景を描いた絵描きで、若きモネが絵を観てもらった人物、地方の絵描き、印象派の元祖のような絵描き・・・フレンチ・シャンソンなうから、Lartiste - Chocolat feat. Awa Imani - YouTube ・・・チャオ・・・
a0342405_16022482.jpg
今日のプリュス・付け足し①・・・今朝のフランスの首都・パリの街は、このように排ガス・スモッグでおおわれてモネの絵のようになる、遠くに見えるのがパリの北方面にあるお山がモンマルトルの丘、サクレクール寺院のシルエットが見える・・・光化学スモッグでパリの朝はポリュウション・大気汚染されている、カニキュール・猛暑が続き無風状態になるとパリ盆地はこうなってしまう、空気ワルイっぺー・・・
a0342405_16075170.jpg
ティヤン・ティヤン、ほんら・ほんら、ホラホラ、ボワラー・このように・・・パリの今朝明け方の三時の気温は・・・パリ六区のカルチエ・ラタン、ソルボンヌ大学近くの地区30℃、早朝の三時どすえー・・・異常な熱帯夜であった、パリの屋根裏部屋はサウナのようで窓を開けても眠れない・・・下のテロップは、トゥジュール・オゥシィ・ショー、常に変わることなく暑いぜよと書いてある・・・フランス・メテオ・お天気の広報になってしまった・・・
a0342405_16144640.jpg
今日のパリとパリ近郊・郊外は、カニキュレール・猛暑が続く、夕方に雷りが鳴るかも、日中最高気温は昨日に続き・連続37℃にもなる、体感温度は40℃・・・北欧スカンジナビアの涼しい国々に行きたいと、多くのフランス人が思っている夏季節の二日目・・・大気・空気が異常にふくらんで気持ちがワルイ、雨ごいダンスをせねばネバネバ・・・


[PR]
by h-hatano-paris | 2017-06-22 05:51 | Trackback | Comments(0)

C'est l'été、セ・レ'エテ、今日から夏の季節のはじまり、フランス文化省公認の Fête de la Musique、フェット・ド・ラ・ミュージック、音楽のお祭りがフランス各地で・・・

昨夜のフレンチTVニュースで、フランス全国66県がカニキュール・猛暑の注意報がでる・・・日中の最高気温が30℃以上、夜になっても気温は20℃以下にならない、寝苦しくて熱帯夜になるのをカニキュール・猛暑とフレンチ・メテオ・お天気予報では言っている・・・昨日はパリの日中最高気温は37℃、あきまへんがなー・・・窓を開けると熱風が入ってくる、窓も開けられないアパートの部屋の温度は28℃、サウナ状態どす、椅子に座って絵を描いているとパンツのお尻部分が汗でびっしょり、なんだっけ、日本のベベ・赤ちゃんのお尻パフパフの・・・天花粉・テンカフンが必要、六十代のオヤジの尻に天花粉・テンカフンは必要か・・・というほどに、テリーブルモン・恐るべき暑さのフランス、アジアの日本のように家電のシロクマ冷房クーラーがあればいいのでありますが、フランスにはニェット・ない・・・アパートの地下のパーキング場に下りるとひんやりとして気持ちがいい、冷蔵庫を開けて涼しくなる・・・さてさて、今日から暦・こよみの上では、C'est l'été、セ・レ'エテ、夏の季節が始まる、フランスでは夏が始まる日に、フランス文化省公認の Fête de la Musique、音楽祭がフランス全国・各地で自発的にパフォーマンスされ、誰がやってもいい・・・パリの街では公園や路上ライブ、メトロ・地下鉄ライブなどなど、みんながミュージックを演奏し・歌い・聴いて楽しむというフェット・お祭りがある、クラシックからロック・ポップ、ヒップホップダンス・フォークソングと、なんでもある・・・しかし、今年はこのカニキュール・猛暑の注意報がでているので前宣伝はしない、そんなことで・暑さのせいで心臓マヒでバタバタと亡くなったら政府は責任をとれないから・・・
a0342405_05100616.jpg
パリ南郊外のアパートの地下パーキング場・・・夏場はここが一番にひんやりして気持ちがいい、ここで流しソーメンをやったらいいと、いつも思う・・・フランス人の住人がビックリするかも、流しパスタ・・・そういうバーカな妄想でもしないと超暑いのだ、地上世界は・・・
a0342405_05150271.jpg
アパートのベランダに日よけのパラソルを置いて、テーブルとイスをセッティングする・・・夕方のアペロ・アペリティフ、食前酒タイムを演出するが、夕方になっても暑いので外にでれない・・・ほんとはここで、冷たいビールとかよく冷えた白ワインとかロゼワインとかを軽く飲む・・・とポジィティブにイメージするだけ・・・自分なりのBIEN-ÊTRE、ビャンネートル、「人生の充実感・満足感・幸福感」を見つけること・・・
a0342405_05232524.jpg
カニキュール・猛暑のフランスで・・・ウチのサ・マジスティ、女王陛下が着ているTシャツ・・・ロンドンで公開された不思議の国のアリスのミュージカルのTシャツ・・・
a0342405_05254435.jpg
サ・マジスティ、女王陛下の執事・召使が着ているTシャツと短パン・・・これはアパートのエレベーターの中・・・なんか、箱根の峠のクモスケ・駕籠かきのよう、エッサ・ホッサ・エッサ・ホッサと駕籠をかつぐ雲助・クモスケ・・・顔は見ない方がいいのよねー、ギリシア神話のように見たら石になってしまうというメデューサの首のお話しのように・・・髪の毛は海兵隊カット、外で仕事をするので陽に焼けているからグラサン・サングラスをかけると、マフィアも逃げてゆく、心のやましい奴は眼をそらす・・・
a0342405_05335872.jpg

カニキュール・猛暑のフランスで読む本は・・・カール・セーガンの「カール・セーガン、科学と悪霊を語る」・・・西洋社会は科学で解明されないことは悪魔・デーモンとか幽霊・ファントームのしわざだと長いことされてきた、その迷信のような考え方をそんなもんじゃー・おまへんでーと・・・「われわれは光を望んだが、見よ、闇に閉ざされている」旧約聖書のイザヤ書、五十九章九節・・・ごくまともな人々は光り・明朗さを望んだが、諸悪の根源の人間は闇に永遠に閉ざされている・・・
a0342405_05454229.jpg
フランドルのアートから・・・ブリューゲル作「バベルの塔」1563年、板に油彩、114X155cm、オーストリア・ウィーンの美術史美術館のコレクション・・・この絵はウィーンにあるバベルの塔と言われている、人間は神を超越しょうとして天にそびえる摩天楼の塔を作ろうとした・・・
a0342405_05554214.jpg
ブリューゲル作「バベルの塔」1563年頃、板に油彩、60X74,5cm、オランダ・ロッテルダムのボイマンス=ファン・ブーニンヘン美術館のコレクション・・・このバベルの塔は、ロッテルダムの赤いバベルの塔とよばれている・・・ちよっと、悪魔的なミュージックから、Battleme - Hey Hey, My My (Sons of Anarchy S03E13) - YouTube 、元歌はニール・ヤングが歌う、ヘイ・ヘイ・マイ・マイ・・・チャオ・・
a0342405_16144237.jpg
プリュス・付け足し①・・・このようにフランス各地の66県にカニキュール・猛暑の注意報が発令される、これはメテオ・お天気非常事態・・・以前、モロッコの大西洋沿岸の町・アシラー(タンジール・タンジェの下にある港町)に二週間ほど地元の六月開催のアート・フェスティバルで滞在したことがあるけれども、それと同じように超暑い、地球温暖化の影響がフランスにも来ている・・・
a0342405_16261480.jpg
プリュス・付け足し②・・・早朝四時のパリ六区のカルチエ・ラタン地区、ソルボンヌ大学のそばの学生街で27℃、パリの北東にあるモンスリー公園で24℃、パリの北郊外のCDG、シャルル・ド・ゴール国際空港で22℃、パリ南郊外のオルリー空港辺りでは20℃、フォンテンブローの森に近いムーランで19℃・・・熱帯夜のパリとパリ近郊・・・
a0342405_16321327.jpg
プリュス・付け足し③・・・今日もカニキュレール・猛暑の日・・・ジョルネ・ラ・プリュ・ショー ! 昨日よりもさらに猛暑になる一日、午後になると日中最高気温は37℃にもなる、体感温度は40℃近くにもなる・・・昨日はパリの主要な大きな五つの駅で、12万本分のプチ・ブテイュ、お水のミニサイズ・ボトルが無料で配られた、それほどに超暑いパリの街、テロ対策非常事態と猛暑対策非常事態のフランスのデスタン・運命はいかに・・・

[PR]
by h-hatano-paris | 2017-06-21 06:08 | Trackback | Comments(0)

Enfin, C'est fini ! アンファン、セ・フィニィ、やっと、終わった・・・ずいぶんと長かった選挙が終わり、Ça suffit、サ・スィフィ、いい加減にしてほしいの声がいっぱい・・・

フランス全国の16県に、CANICULE・カニキュール、猛暑・酷暑の注意予報が出される、それにパリとパリ周辺もカニキュール・猛暑の設定が発表される・・・カニキュール・猛暑とは、夜になっても外気温が20℃以下にならないこと、日中は30℃以上になり、夜間も気温がダウンしない・・・日本語での表現の熱帯夜になるっちゅうこと、どこの地方の方言かわかりませんが・・・夜になっても生暖かい風が吹いている、六月にこんなお天気はおかしいのとちゃいまっかー、これは関西・大阪方言・・・さてさて、昨日の午後はパリのシャンゼリゼ大通りのグランパレ付近で移動中の三台の治安機動隊の小型カミオン・バンにクルマがクラッシュ・追突し、テロ未遂となる・・・その犯人は、イスラーム過激派テロリストの要注意人物リスト・FICHÉ "S" ・フィッシュSに載っていた31歳のチュニジア系フランス人の男、暴走クルマによるカミカゼ・テロがロンドンから続いているヨーロッパ、その犯人のクルマのうしろトランクには九丁の銃と弾丸、ガスボンベ爆弾が用意されていたと、クラッシュ・追突して爆発させようとしたらしい、またまた大惨事になるところだった・・・イスラーム世界は、ちょうど、ラマダーン・断食月の時、こういう宗教的な行事の時に平気でテロをする、おかしいのとちゃいまっかー・・・
a0342405_05351763.jpg
パリとパリ近郊・郊外のメテオ・お天気・・・ジョルネ・カニキュレール、一日中・猛暑、プラン・ソレイユ、太陽がいっぱい・晴天のこと、日中最高気温は34℃、メイユール・モモン、すごしやすい時間は朝の六時から九時・・・こんなお天気が、今週一週間続く、アタマの脳ミソが沸騰しそう、お水ばかり飲んでグルヌイユ・カエルちゃんにメタモルフォーゼ・変身しそう・・・
a0342405_05424972.jpg
これがフランスの家庭用グラース・アイスクリームのバニラ味、1L・一リットル入り・・・日本のようなコンビニ・アイスがないので、こんなものをフランス人は暑くなると食べる・・・ウチではこのバニラ・アイスに抹茶の粉をかけて、抹茶アイスにする、人間・頭は使いようでっせー・・・
a0342405_05510572.jpg
ベルギービールのGRIMBERGEN・グリムベルゲンのBLONDE・ブロンドビール、このビールはコクがあるのでチビチビ飲まないと酔っぱらってしまう、ベルギーのアントワープの市庁舎広場にあるビール・オンリー、ビールだけを飲ますお店で、ベルギービールを飲むと・・・一気飲みをするベルギー人はいない、みんなチビチビと飲んでいる、ノドをうるおすという表現がぴったり・・・ビールの種類によってビールグラスも違う、このビールにはこのグラスと決まっている・・・ビールは奥が深いのだった・・・
a0342405_06015688.jpg
そんなビールを飲むときのおつまみには・・・鶏の手羽肉のから揚げ・甘酢醤油漬け・ニンニクと赤トウガラシ入り・・・こんなのを食べてビールを飲むっていうのが暑い日のストレス解消・・・フランス人のエコー・声に、Enfin, C'est fini、アンファン、セ・フィニィ、やっと、長かった選挙が終わったと、Ça suffit ! 、サ・スィフィ、もう(選挙は)いい加減にしてほしいと・・・暑いので、みんながバーベQをしてお肉を焼いてビールを飲んでいる・・・
a0342405_06103308.jpg
カニキュール・猛暑なので、ウチのアパートのネコちゃんもグッタリしている、声をかけても知らん顔・・・なんや、こいつ、愛想のないやっちゃ・・・愛想なんてないもーん、バーカ・・・
a0342405_06144070.jpg
これは、ケ・ス・ク・セ ? なんじゃもんじゃ・・・これはね・・・
a0342405_06163435.jpg
ゴッホの素描・デッサンから・・・ゴッホ作「Study for The Cypresses、糸杉のための習作」1889年、紙にカラーインクを使いリードペンと鉛筆で、62,3X46,8cm、アメリカ・ニューヨークのブルックリン美術館のコレクション・・・あまりにも暑いので、涼しい気分になるミュージックから、Bob Dylan And Johnny Cash - Girl From The North Country - YouTube 、ボブ・ディランとジョニー・キャッシュがデュエットするガール・フロム・ザ・ノース・カントリー、北の国からきた女の子・・・チャオ・・
a0342405_16343595.jpg
プリュス・付け足し①・・・刻刻と変化するカニキュール・猛暑のフランスの六月、フランス全国の51県にカニキュール・猛暑の注意報がだされる・・・パリの今日の日中最高気温は、なんと36℃にもなる、ガビーン・・・フランス南西部のボルドーも同じく36℃、ペリゴール地方のリモージュあたりも36℃、ロワールのアンジェで37℃が最高気温、南仏のマルセイユは32℃、ニースでは28℃、コルシカ島では29~30℃・・・しかし、体感温度・身体が感じる気温はこれに+2℃から+3℃にもなる・・・この原因は北アフリカのサハラ砂漠からの熱気流が地中海上空を流れてフランスにやってきているから・・・砂漠のような暑さに、Oh La La La 、オ・ラ・ラ・ラー・・・
a0342405_16440504.jpg
プリュス・付け足し②・・・これがパリとパリをとり巻く周辺の地域のpollution・ポリュウション、大気汚染図・・・クルマの排ガスによる公害・汚染度84%のルージュ・赤信号になっている、こんな日にクルマを運転すると気持ちが悪くなる、パリへの通勤はクルマを使用しないで郊外電車に、パリ市内はメトロ・地下鉄や市内バスや自転車を使ってとパリ市はアラーム・警告をだす、無風状態が続いているから排ガス・スモッグが停滞して濃くなっている、パリの街には当分・行くことができない、テロもコワイし、排ガス大気汚染もコワイ・・・

[PR]
by h-hatano-paris | 2017-06-20 06:32 | Trackback | Comments(0)

フレンチ・メディアで大流行語は、EMMANUEL MACRON-MANIA、エマニュエル・マクロン-マニア、マクロンに熱狂する人たち・・・

フランスの12県に、CANICULE・カニキュール、猛暑・酷暑指定が出され、パリもその中に入る・・・パリの街は日本の京都と同じような盆地の中にある街でありまして、ワタシが住んでいるパリ南郊外からクルマでパリの街に入る幹線道路は大きな下り坂になっておりまして、パリの北にはモンマルトルの丘がありまして、そこから見るパリの街は盆地になっている・・・前置きが長くなりましたが、何を言いたいのかと申しますと、毎日が晴天で暑い日が続くとパリに集中するクルマから排ガスが出て、パリ盆地は光化学スモッグに包まれると、そうすると、喘息持ちの子供たちが増えてくる・・・パリのメトロ・地下鉄の中は酸欠のような状態になる、新鮮な空気が足らなくなる・・・そうすると、パリの住人がパリ郊外へと大移動する、郊外の方が空気がおいしい・・・ですから、パリの街に行く時は排ガス防止マスクをつけて行かねばネバネバ・・・何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・
a0342405_04322131.jpg

昨日のアッサンブル・ナショナル、国民議会の議員選出選挙でこのような結果になり、エマニュエル・マクロン新大統領が率いる新党「共和国前進」と右派中道党で、577議席のうちの400議席あまりを確保する、もうこれで過半数・・・どんな法案でもバンバン可決される・・・しかし、選挙投票をしなかった有権者が57%にもおよぶ・・・五月からの大統領選挙の投票が二回もあり、六月の総選挙・地方選挙の投票が、これまた、二回もあり、多くのフランス人が、Ça Suffit ! サ・シィフィ、いい加減にしてほしいと、ボテ・投票をしなくてお天気がいいので海水浴や家族バーベQをしたりして、そんなの関係ない・そんなの関係ない・・・日本の一発芸人のようになる・・・
a0342405_15560137.jpg
・・・それから、数時間後、内務省から最終結果が発表され、新党「共和国前進」と右派・中道党が350議席を獲得する、国民議会の定員数577議席のうち過半数の289議席以上を確保し、第一党になる・・・過去の二大政党は惨敗する、当選した議員の平均年齢は43歳、40%が女性議員、フランスは大きく変化する・・・
a0342405_16031262.jpg
・・・しかし、決選投票のアブサンシォン・投票しなかった有権者が57,36%、10人に6人のフランス人が投票しに行かなかった、これにはみんなオ・ラ・ラーと驚いている、政治不信・政治無関心、誰がなっても同じ、全然・変わらないのエコー・声が多い、この現象は「いずこも同じ世界のポリティック・政治の課題」・・・
a0342405_04454646.jpg
フレンチ・メディアの大流行語は、EMMANUEL MACRON-MANIA、エマニュエル・マクロン-マニア・・・FAN・ファンとはナニナニに熱心な人たち、MANIA・マニアとナニナニを熱狂する人たち・・・マクロン熱狂者がフランスにいっぱいいる・・・今までのフランス政治の右と左りにウンザリして、フランスの新しいエトワール・スターをマクロンの中に見いだす、マクロンはジュピター・木星プラネットの希望の星だと言われている・・・
a0342405_04563147.jpg
昨日のフェット・デ・ペール、父の日のプレゼント用の宣伝だった・・・パコ・ラバンの男性用のオー・ド・トワレ・・・
a0342405_05001856.jpg
これも父の日のプレゼント用のジョルジュ・アルマーニュの男性用香水の宣伝・・・フランスの父の日プレゼントはなぜか香水が多い・・・
a0342405_05040430.jpg
六月の超暑い日のお昼過ぎのパリ南郊外のアパート群の市民公園の散歩道・・・オババじゃあなかった、ウチのサ・マジスティ、女王陛下が目の前を歩いていた、この人の散歩はスタスタと足早に歩いて、ちっとも、ゆっくりゆっくりブラブラ散歩にはならない・・・そんな歩き方じゃあ、皮下脂肪はとれないーと、海兵隊の軍曹のようにオソロシイ・・・
a0342405_05115094.jpg
毎日毎日、暑い日が続くのでウチのサ・マジスティ、女王陛下からのリクエストでソーメンを茹でて食べる、九州・長崎県の島原手延素麺・・・野菜天ぷらを揚げて、天つゆを作って、冷やし中華の錦糸卵も作って・・・長崎県の島原は天草四郎が最後までレジステ・抵抗した原城がある場所・・・九州生まれの原さん・神奈川県の金沢文庫にお住まいだった原のお父さんのことを思い出してソーメンを食べる、何年か前にお亡くなりになった・・・突然、金沢文庫のご自宅に桜の絵を持って訪問した、ガンが見つかったから、お見舞いに絵を届けた・・・お昼になって、ご飯を一緒に食べようとご自身で運転されるクルマでお隣りの鎌倉の町まで行った、道々、鎌倉の町の歴史を話されながら・・・いつもご夫妻で行かれる天ぷら屋に連れて行ってもらった・・・鎌倉小町通りにある天ぷら・ひろみ・・・鎌倉の文豪たちがよく行っていたという天ぷら屋に、そこで生ビールを飲まされてお昼ランチの天ぷら定食を食べながら、いろいろとお話しをした、原のお父さんのお好きな言葉は「則天去私、天・てんに則・のっとり私・わたくしを去・さる」晩年の夏目漱石が愛した言葉だった・・・天ぷらを食べ、原のお父さんのぶんの天ぷらも食べ、帰りに鎌倉名物・豊島屋本店のハトの形のサブレ、鳩サブレーをお土産にいただいた、その大きな黄色の入れものは今、エスキース・下絵がいっぱい入っている・・・九州・長崎県の島原の素麺を食べながらいろいろと想う・・・
a0342405_05412053.jpg
ドイツのアートから・・・エミール・ノルデ作「マスクⅢ・仮面の静物」1911年、カンヴァス・油彩、アメリカ・ミズリー州のカンザス・シティのネルソン=アトキンズ美術館のコレクション・・・
a0342405_05482110.jpg
上の絵の部分・・・どうして、こんな絵に興味があるのか、だって・・・それはね・・・
a0342405_05501156.jpg
こんなマスク・仮面の絵を描いているから、マスク・仮面とは人間の中の二面性・・・・・LE EXCITES、ル・エクシテ、興奮する人々、熱狂する人々・・・これを超暑い六月のフランスで描いているところ、描いたり消したりして・・・新着ミュージックから、Erin Boheme What Love Is - YouTube 、エリン・ボエームが歌うジャズ・ミュージック、ワッツ・ラヴ・イズのアルバムから・・・チャオ・・・

[PR]
by h-hatano-paris | 2017-06-19 06:04 | Trackback | Comments(0)