人気ブログランキング |

波多野均つれづれアート・パート2

hatanohito.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

夏の最後は毎日、パリまで通勤する・・・パリ六区の展覧会場、シェルシェ・ミディ通りまで・・・

a0342405_18502045.jpg
毎日、パリ六区のメトロ・地下鉄のヴァヌー駅を利用して展覧会場へ行っている、今日は八月最後の日、パリは朝から快晴、日差しは強い、子供たちは明日から学校・新学年の新学期が始まる、今日は最後の最後の夏休み・・・パリ六区のシェルシェ・ミディ通りでは朝から子供たちが路上で元気に遊んでいる、昔しのパリはこうだった、テロなんてなかった、子供たちが安全に遊べた・・・フランス社会はイスラムフォビィ・イスラーム嫌い、アンチ・イスラームで少し、ヒステリー気味になっている・・・
a0342405_18493958.jpg
このパリのメトロ・地下鉄は戦前の1923年からのもの、93歳のメトロポリタン・地下鉄・・・昔しながらに、あなたの慈悲にすがってお金ちょーだい・・・
a0342405_18503747.jpg
地上階の出入り口の横には、エジプト風のフォンテーヌ・噴水があったりもする、フェラーの泉、1806年から・・・このあたりには、古代エジプトの女神・イシスを祭った神殿があったという、異教の神を祭っていたパリの歴史はおもしろい・・・ここはパリなのかと思うほど、エジプトのカイロの街かアレキサンドリアの街のよう・・
a0342405_19501620.jpg
フランスの夏八月最後のメルクルディ・水曜日は、ミッシェル&バラク・フセイン・オバマ夫婦のシネマ、ファースト・デートが今日から封切りする・・・現職のアメリカ合衆国のプレジデント・大統領の映画化は初めて・・・新大陸アメリカには人種差別、黒人嫌いがいまだに存在するけれども、フランスのイスラーム嫌いに比べるとまだ民主的、フランスでイスラーム系のフランス人政治家が出現するには百年も二百年もかかる・・・まだまだ、アメリカはデモクラシー・民主主義の風が吹いている・・・何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・パリなうのミュージックは、Galantis - No Money (Officiel Video) - YouTube ・・・チャオ・・・

by h-hatano-paris | 2016-08-31 19:08 | Trackback | Comments(0)

INCROYABLE・アンコワイヤーブル・信じられなーいことが起きる、展覧会の初日に絵が二点も売れる・・・パリのアート・マジック、魔法・・・

パリのカニキュール・猛暑続きは、やっとオワリ、毎日が汗だくの日々だった、午前と午後にアンダーウエア―を代える、猛暑のせいで奥歯が痛くなる、頭痛もする、パリ行の郊外線では車両の温度が異常に上昇しベベ・赤ちゃんがグッタリ・気分が悪くなって、救急車が来る、パリのメトロ・地下鉄や郊外線には冷房車なんて逆立ちしても存在しないので、基本的な危機管理がなっていない、この国はどうなってるんだろー・・・イスラーム系フランス人婦人のブルキニ水着を禁止する・しないよりも、こっちの方が大事だろーというもの、なにか、おかしなフランス、本末転倒・ほんまつてんとうのフランス・・・カニキュール・猛暑のモノノケにとりつかれたかのよう・・・そんな状態の中で、パリ六区のシェルシェ・ミディ通りでのエクスポジィション・展覧会が始まった・・・
a0342405_04515627.jpg
そうしたら、この二点のモンサンミッシェル島の星月夜、三日月と満月の二点が初日の夕方に売れてしまった・・・アンコワイヤーブル・信じられないパリのマジックが起きた・・・
a0342405_04584099.jpg
モンサンミッシェル島の星月夜・三日月・・・これはシリーズ・連作もので、ずーと、何年もかけて描いているもの・・・
a0342405_04575642.jpg
モンサンミッシェル島の星月夜・満月・・・
a0342405_05003756.jpg
モンサンミッシェル島の星月夜シリーズ二点を同時に買ってくれた会社帰りのフランス人の壮年、すぐそばにクルマを駐車していてブルー・青の色が目に入ったんだと・・・すぐにシェック・小切手を書くからといって、展覧会の初日の夕方に絵が二点売れてしまった・・・長いことフランスに住んでいますが、こんなことはアンコワイヤーブル・信じられない、それも、絵を二点同時に・・・それで、この絵はもうない、このおっちゃんがドイツのアゥディの大型車のトランクに入れて持って帰った・・・マイ・プレフェレ、お気に入りミュージックから、Birdy - All You Never Say [Official Lyric Video] - YouTube・・・チャオ・・・

by h-hatano-paris | 2016-08-30 05:17 | Trackback | Comments(0)

今日から九月四日の日曜日までパリ六区でウチのサマジスティ、女王陛下と一緒に展覧会をするお知らせ・・・

今日から九月四日の日曜日まで、パリ六区のシェルシェ・ミディ通りの102番地でウチのサマジスティ、女王陛下と一緒に展覧会をする、1976年の五月に渡仏・フランスに来て四十年目だから、四十周年記念的展覧会・・・ってなもので、この二週間、毎日・展覧会用のカードル・額を作る・・・三十個あまりのカードル・額を作ってごらんなさい、もう、立派な額作りの職人でっせー・・・フランスは夏のカニキュール・猛暑に突入し、熱風で窓も開けられないのでシャッターを下ろした薄暗いアパートの部屋でサウナ状態になりながら額を作る、日本語表現に「好きこそものの上手なれ」ってな言葉がありますが、まあ、好きでやってるんだから文句もいえない・・・どころか、ウチのサマジスティ、女王陛下に文句をタラタラ言われて・・・もっと、早くから作っとけばいいのにー・・・背中に火がボーボーのカチカチ山状態、女っていうのはなんでああもズケズケと文句をいうのだろー・・・デリカシーっていうものがナイ、欠けている・・・
a0342405_03462034.png
これが案内状どすえー・・・
a0342405_03464105.png
東京で印刷してもらったので、フランス語のまちがいだらけ・・・それも、ご愛嬌と思って・・・ベルニッサージ・オープニングの火曜日のMardiがまちがい、小学生低学年のまちがいでんなー・・・
a0342405_04125748.jpg
レ・マン・ド'ユンヌ・グラン-メール、おばあちゃんの両手・・・家族のために働いて働いて、こんな庶民がいたからこそ地球プラネットなうはある・・・ワタシからのメッセージ、何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・
a0342405_04170119.jpg
こうやって猛暑の中、部屋を閉め切ってカードル・額を作る日々だった・・・木工ボンドでくっつける、重しで本をのせてるところ・・・
a0342405_04191721.jpg
あまりにも暑いので冷蔵庫の中にあった、アジアのタイランドのビールを飲む・・・タイ王室ご用達のシンハービール、シンハーとはタイの伝説上の獅子・ライオンのこと・・・
a0342405_04220343.jpg
さらに暑いので、ベルギービールも飲む・・・グリンベルゲンビールの新製品、エリクシール、不死鳥の飲みもの、ハリポタの映画みたい・・・昨夜の民放フレンチTV①チャンネルの日曜シネマは、ハリーポッターと謎のプリンスをやっていた・・・フランス人なら誰でもが知っているミュージックは、、Jean-Jacques Goldman - Puisque tu pars (en concert) - YouTube 、ジャン・ジャック・ゴールマンが歌う、ピインスク・テュ・パール、お前がいなくなってしまって・・・チャオ・・・

by h-hatano-paris | 2016-08-29 04:27 | Trackback | Comments(0)

I'm Christian ♰ and I support Muslim women ! ♡・・・世界からフランスへ、ストップ・アンチ-ブルキニの声多し・・・

夏八月の終わりのフランスは、五日間も続いた異常なカニキュール・猛暑に驚く、パリで最高気温が35℃のメテオ・お天気・・・五月から六月にかけての長雨、そして、夏の終わりのカニキュール・猛暑の日が続き、これが賢人や聖人であれば何が原因なのかとわかるのでありますが、それはそれ、これはこれと、フランス人はジュ・ヌ・コンポン・パー、わかんなーい・・・相手のことを考える・思うという教育がないフランス、自己主張や自己顕示ばかりしていると、いつの間にか、イスラーム過激派のテロが連続していた・・・その反動でイスラーム系の女性水着・ブルキニを禁止する動きになり、日本語の表現の、ミソもクソも一緒になって・・・メランジェ・混ざってしまって社会が大混乱する・・・
a0342405_05211154.jpg
アイム・クリスチャン・♰・アンド・アイ・サポート・ムズリュム・ウーマン ! ♡ ・・・ドイツのベルリンでの抗議デモ集会から・・・個人の尊厳と自由を守るフランスのメンボク丸つぶれ、フランス革命の自由・平等・博愛の精神は宇宙の彼方に吹っ飛んだー・・・このイスラーム・スキャンダルを来年春のフランス大統領選挙に利用しょうとする右や左りの政治家たちもいる・・・これがフランスなうの実態・・・
a0342405_05331967.jpg
ニットの女王とよばれたソニア・リキエルがパーキンソン病のすえ、86歳で亡くなる・・・リベレ・レ・シルエット、女性の身体のシルエットを自由にした・解放した・・・フランスでは、スーティヤン・ゴォルグ、胸を支えるもの、つまり、ブラジャーなしで着れるモード・ファッションを社会に投げかけた・・・
a0342405_05420312.jpg
夏の終わりのウィークエンド、週末の土曜日のパリのメトロ・地下鉄、一号線はこんな感じ・・・夏バカンスからパリっ子たちはまだ帰っていない・・・
a0342405_05452693.jpg
夏のフォーブル・サントノレ通りのブティック・・・このお店は、いつも、コンプレ・満員御礼・・・韓国の少女時代のパリ・バージョン・・・
a0342405_05514788.jpg
同じくフォーブル・サントノレ通りにあるショコラティエ・ショコラ専門店の夏のデコラション・飾りつけ・・・テーマは夏のジャルダン・ガーデン、お庭・・・
a0342405_05511189.jpg
オペラ通り近くの日本の本屋、パリ・ジュンク堂の夏のデコラション・お飾り・・・ウチワが最近、人気ものになる・・・手動・エコだから・・・バーベQの炭火をおこす時にウチワは役に立つ・・・
a0342405_05593926.jpg
パリの街かど、グラフティ・落書きアート・・・フランスの愛国・三色旗が♡になっている、ラヴ・フォーエバーがなんじゃもんじゃ、よくわからない・・・♡だからLOVEとは、これいかにー・・・週末ミュージックは、Here With Me - Susie Suh x Robot Koch - YouTube ・・・ボン・ディモンシュ、よい日曜日であるように・・・チャオ・・・
by h-hatano-paris | 2016-08-28 06:10 | Trackback | Comments(0)

フランス的手のヒラ友の会とは・・・フランスにもあるホンネとタテマエ・・・

フランスの夏八月終わりのカニキュール・猛暑は続いている、北アフリカのサハラ砂漠からの熱風で窓が開けられないのでアパートのブラインドを下した薄暗い部屋は気温が30℃近くになってモーローとしている、暑さで頭痛がする経験を初めてする、アニマル・ハタノとかバーバリアン・ハタノとかフランス人たちに言われているのに、このカニキュール・猛暑はちょっと、きついぜー・・・アンコワイヤーブル・信じられないほどの猛暑続きのパリ、夜のパリのセーヌ河は夕涼みのパリっ子たちでいっぱい、みんなビール片手にスマホしている・・・イスラーム系フランス人婦人のブルキニ水着のスキャンダルは、何も問題はないとコンセイユ・ド'エタ、国家上級行政裁判所、フランス国務院から発表される、これで法律的には一件落着・・・なのでありますが、人間には感情と言うものがある、メンツというものがありフランス共和国が法律的に問題はないと発表しても、オレは納得できないフランス人が多い、フランス国内でイスラーム系フランス人と争う・戦争することはない、アラブの移民たちと白いフランス人たちは言ってるけれど、第二次世界大戦後のフランス社会復興のために北アフリカのマグレブ諸国、アルジェリア・モロッコ・チュニジア等々の旧植民地からマンパワー・男手として連れて来られてフランスの自動車産業や炭坑や鉄鋼業などなどの肉体労働の仕事をして、HLM・低所得者の人々が住むマンモスアパートに住み、フランスの新しい時代の基盤を作って、もう、いいよ・・・イスラーム宗教・イスラーム信仰の弾圧はないだろうーというもの・・・フランス的手のヒラ友の会ではフェアではない・・・何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・
a0342405_05261348.jpg
パリのオルセー美術館でやっていた、ミレーとヴァン・ゴーグ(ゴッホのこと)の絵画比較の展覧会のカタログから・・・アートブログなので、歌を忘れたカナリアにならないように・・・
a0342405_05270747.jpg
ミレー作「星月夜」1855-1867年頃、油彩・カンヴァス、65X81cm、アメリカ東海岸のコネチカット州のニューヘヴン、イエール大学付属美術館のコレクション・・・フランスの田舎の夜の道を歩くと、本当に、このような星月夜を見ることができる・・・流れ星もあったり、夜の天空でエトワール・星たちが光り輝いているさまは美しい・・・
a0342405_05264056.jpg
ゴッホ作「星月夜」1888-1889年、油彩・カンヴァス、72,5X92cm、パリ・オルセー美術館のコレクション・・・ゴッホは多くのものをミレーの絵から学んだ、働く農民を描いたのもそうだし・・・絵描きナウで農民を描く絵描きはいなくなった、アートがなにかわからないものになってしまった、アートがビジネスになってチヤホヤされだしたら、セ・フィニィ、おしまい・・・絵描きもひとつのメチエ・職業だから、魚屋やパン屋と同じ、まして、アーティストなんかになって先生・センセとよばれて・・・魚屋やパン屋のおっちゃんを先生とよぶのかってなもの、何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・
a0342405_05534033.jpg
フランス南西部ペリゴール地方で見たピノキオ、なぜ・ピノキオの鼻はのびたのか・・・何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・マイ・プレフェレ、お気に入りミュージックから、Seafret - Oceans - YouTube 、ボン・ウィークエンド、夏の終わりのよい週末でありますように・・・チャオ・・・

by h-hatano-paris | 2016-08-27 05:59 | Trackback | Comments(0)

STOP ANTI-BRKINI、ストップ・アンチ-ブルキニ水着・・・世界からフーリッシュ・バカげた行為だと非難を浴びるフランスのイスラムフォビィ・イスラーム嫌い、アンチ・ブルキニ水着ヒステリー・・・

カニキュール・猛暑続きのフランス、パリとパリ郊外も猛暑・・・アパートの室内温度は28℃から29℃、窓の外は36℃、よって、窓も開けられない、北アフリカのサハラ砂漠からの熱風が入る・・・サウナでんがなー、これでは、ダイエットが出来るほど、食欲も低下する、二日続けてのお昼ご飯はソーメン・韓国の冷麺ソーメン・・・お昼の食後の散歩も夜の九時頃にする、それでも外は蒸し暑い・・・パリ市内の市民公園が夜中・真夜中までオープンする、公園でスマホで連絡を取り合ってピクニック夕食をするパリっ子たち、普段は夜になると全てのパリ市内の公園は鍵がかかる、防犯対策のため・・・ってなもんで、ちょっとでも涼しく対策に、超海兵隊カットをした、これでグラサン・サングラスのこと・・・かけて歩いたらホンモノのマフィアもびっくりになる・・・さてさて、フランスのイスラーム系フランス人女性のブルキニ水着の禁止は世界から、フランスは何をやっているのか、イスラーム世界と問題を起こそうとしていると、インターナショナル的に非難ゴウゴウ・・・アンチ・ブルキニ水着ヒステリー、法律で禁止しょうとしたフランス政府のアンチ・ブルキニ水着トーンが低くなる・・・
a0342405_05211384.jpg
南仏の海岸でブルキニ水着のイスラーム系フランス人の女性に罰金と海岸から出て行けとの証拠写真・・・フランスはカトリックの国だと、バカな市のポリスは言ったそうだ、これが人種差別・宗教差別の問題になる・・・
a0342405_05253139.jpg
アメリカの新聞に、フレンチポリスのアンチ・ブルキニ水着の取り締まり・・・
a0342405_05275205.jpg
イギリスのロンドンの駐英フランス大使館前では、アンチ・ブルキニ水着を取り締まるフランス政府に抗議のデモが起きた・・・ロンドン市長なうはイスラーム系イギリス人・・・
a0342405_05303373.jpg
スペインの海水浴場ではブルキニ水着で泳ぐことは何も問題がないとされている・・・フランスの異常なまでのアンチ・ブルキニ水着ヒステリー・・・
a0342405_05322557.jpg
移民の種別がヨーロッパ一番に多い・34種別、オランダの新聞にもフランスのブルキニ水着の取り締まりは異常だと・・・ちなみに、港町ロッテルダムの市長はイスラーム系オランダ人・・・
a0342405_05331666.jpg
ドイツの新聞にも、これはイカにもタコにもやりすぎだぁー・・・
a0342405_05362071.jpg
ベルギーの新聞には、これは、ル・サンボル・ド・ラ'アブサンス・ド・リベルテ、自由が欠如している・なくなっているシンボル・象徴だと、フランスを非難する・・昨夜のフレンチTV・①チャンネルのアメリカン・サスペンスFBIドラマのBlacklist・ブラックリストの中で流れていたミュージックは、Dear Trouble by Correatown - YouTube 、夏枯れのフレンチ夜のテレビ番組でこのブラックリストは好評・ヒットしている・・・チャオ・・・プリュス・付け足し、今回の事件はニースの暴走カミオン・トラックによる無差別殺害テロのせいだとフレンチ・メディアでは言っている、フランスに住んでいるイスラーム系フランス人・アラブは出て行け・追放せよと・・・これは何か、ナチ・ドイツ占領下のユダヤ人狩りに似ている、あの時、多くのユダヤ系フランス人が密告でナチ・ドイツのゲシュタポ・秘密警察に捕まり、ポーランドの強制収容所に家畜用の貨物列車で運ばれて、ガス室で抹殺された・・・フランスのカルマ・業は同じことをくり返すのか・・・

by h-hatano-paris | 2016-08-26 05:44 | Trackback | Comments(0)

南仏のカンヌの海岸・砂浜では、VOILE・ヴォワル、ベールの着用も禁止・・・ここはカトリックの国だ、イスラーム女性のヴォワル・ベールも砂浜ではダメだとポリスに言われ、海岸から子供と一緒に追放される

フランス全国でカニキュール・猛暑が続く、昨夜のパリの真夜中の外気温は21℃、なまぬるい風が吹いている、気持ちが悪い、日本語表現での熱帯夜・・・お水を一日に1,5リットル飲みましょうとか、日中は太陽の光りが入らないように雨戸やシャッターを閉めましょうとか、過度のアルコール飲みは止めましょうとか、フレンチ厚生省からテレビやラジオで注意がでる・・・今日のパリの最高気温は37℃、朝のうちに外での用事をすませ、日中はアパートにこもっていた方がいい、フランスにはクーラー・冷房というものが一般家庭には存在しないので、メイド・イン・チャイナの音がウルサイ扇風機でガマンするしかない・・・そんなフランスのスキャンダル事件は、またまた、南仏のカンヌの海岸・砂浜で子供たちを連れたイスラーム系フランス人の婦人が地元のポリスから、ここはカトリックの国だ、イスラーム婦人の頭にかぶるヴォワル・ベールはフランスの海岸に合わないと撤去することを要求される・・・イスラーム婦人の水着のブルキニでも、顔や身体全部を隠すブッカ・ブルカでもなく、今度はヴォワル・ベールの着用にイチャモンをつける、世界的な映画フェスティバルのカンヌ国際映画祭もこれで色あせたものになる、人種差別のカンヌ・・・こんなフランスには未来はない・・・学問の場の大学でもイスラーム女性のヴォワル・ベール着用を禁止しようという動きもある、イスラーム圏からのフランス国内の各大学への女子留学生はどうするのか・・・これがフランスのホンネとタテマエ・・・ゾンビー・カトリックのフランス・・・ゾンビ―・カトリックとは、フランスは十八世紀のフランス革命で個人の自由と権利、自由と平等と博愛の精神を手に入れた、これは大きな社会的変化であり、フランス人のカトリックの信仰はこの時からゾンビ―化した、形骸化・形だけのものになった・・・イスラムフォビィ・イスラーム嫌い、アンチ・イスラームに信仰心もない極右翼のフランス人がここはカトリックの国だと・・・これではパロディ・お笑いにもならない、イギリスの新聞やアメリカのニューヨーク・タイムズでもフランスはイスラムフォビィ・イスラーム嫌い、アンチ・イスラームの極右翼化に進んでいると懸念が出始めている・・・
a0342405_06433820.jpg
これが、1,5リットルのヴォルビックのミネラルウォーター・・・カニキュール・猛暑だから、これを一日に飲みなさいとは、なにか、サド・マゾの拷問のよう、水責めの刑・・・ヴォルビックのミネラルウォーターはフランスの産婦人科の病院で使ってるお水だから、ベベ・赤ん坊もこれを飲む・・・ウチでは四十年間、ずーと、これを飲んでいる、昔しのパリの水道水は石灰分が多く下痢をするようなものだったから・・・フランスの肉体労働者はお水の代わりにカフェでビールを飲む・・・ボザール・美術学校の画学生の時代、夏のパリの教会でのクラシック・コンサートでピアノ運びのバイトの時、ノドが渇くとカフェの地下室からの樽出しの生ビールを飲んでいた、このビール代もバイトの給料の中に入っていた・・・
a0342405_06562938.jpg
ベルギーの缶ビールふたつとも・・・フランスのアルザス地方にもアルザスビールがあるけれども、ビールはベルギーがおいしい・・・ドイツビールはあまりフランスに出回っていない、イギリスビールは値段が高い・・・オランダビールのハイネッケンはお水みたいなものだ・・・人間の歴史のメソポタミアの時代からビールは作られていたと、こんなことを知っていてもイイワケにはならない・・・左りが、ヒューガルデン・ホワイト、白ビールとよばれて女性に人気がある、右はリンス・コッション、コッションとはポーク・豚のこと、これはフルーツ味の色が紅いビール、多分、フランボワーズか野イチゴの味がするのだろう、ベルギー人はこうやってビールのバリエテ・バリエーション、多様性を楽しんで飲んでいる・・・
a0342405_07062229.jpg
フレンチ・スーパーマーケットに、シノワ・中華 ? のケーキというお菓子を売っていた・・・なにがシノワ・中華なのかチンプンカンプン・・・
a0342405_07102744.jpg
パリのメトロ・地下鉄の通路には、ノラ・ジョーンズのサル・プレイエル劇場とオランピア座でのライブコンサートのポスターがあった・・・ Shoot the Moon - Norah Jones - YouTube ・・・ノラ・ジョーンズが歌う、The summer days are gone too soon , You shoot the moon・・・チャオ・・・
a0342405_18153735.jpg
カニキュール・猛暑のオマケ・・・超暑いフランスはグラース・アイスの売り上げが伸びている、これはバニラアイスにスプレー式のソフト生クリームをかけ、さらに抹茶の粉をかけるという変化球フレンチ夏のアイス・・・どうだ、マイッタかー・・・別に、マイラナクてもいいけれど・・・パリの今日の日中最高気温は37℃、オランダのアムステルダムやベルギーのアントワープでは30℃、ヨーロッパは超暑い夏の最後をむかえいてる・・・

by h-hatano-paris | 2016-08-25 06:32 | Trackback | Comments(0)

北アフリカのサハラ砂漠からの熱気流がフランス全国にやってきて、CANICULE・カニキュール、猛暑となる・・・

南米ブラジルのリオ・オリンピックが終了し、フランスチームが帰国する、ブラジルのリオからパリまでの飛行時間は11時間、なんという長時間・・・ちなみに、パリから東京までは11時間半、ほぼ同じ・・・金メダルが10個・銀メダルが18個・銅メダルが14個で、総計42個のメダルを獲得し、メダル獲得ランキングは日本の次の七番目・・・金メダル獲得選手には50000ユーロ、約585万円のご褒美、銀メダルは20000ユーロ、約234万円のご褒美、銅メダルには13000ユーロ、約152万円のご褒美が各メダリストたちにフランス政府から出るそうな・・・こういう話題はフランス人が大好きな話題・・・しかし、オリンピックの金・銀・銅のメダルには感動するものがないと価値がない、そこに人間の喜んだり泣いたりするエモーーーション・かんどうーーがないと意味がない・・・またまた、何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・
a0342405_05031257.jpg
フレンチTVニュースのメテオ・お天気のお姉さん・・・今週のフランスは週末まで、CANICULE・カニキュール、猛暑になるでしょうのお知らせ・・・これは、14県が昨夜は熱帯夜になるとの予報・・・
a0342405_05074710.jpg
このように、フランスの上空には雲ひとつないと解説する・・・
a0342405_05081923.jpg
これが今日のフランスの各地の最高気温・・・パリが36℃になっている、南仏のマルセイユやニースやコルシカ島よりも気温が高い・・・
a0342405_05083952.jpg
今週末までの最高気温は、このようになるんどすえーのフレンチメテオ・お天気予報・・・今週の木曜日が超猛暑になると・・・ベベ・赤ん坊や幼い子供たち、そして、シルバー世代は飲みたくなくても定期的にお水を飲むようにとのススメ・・・すると、ウチのサマジスティ、女王陛下が日本人はお茶を飲んでるからいいのよねーと、この人は煎茶・緑茶・ほうじ茶・紅茶・ウーロン茶などを手をかえしなをかえ飲んでいる、バニラアイスに抹茶をかけてお召し上がりになると言うお茶人間なのだ・・・ウーロン茶は台湾の高山烏龍茶・阿里山とか凍頂烏龍茶なんぞを海外のフランスでお飲みあそばれまして・・・それも台湾式のお茶飲みの仕方で・・・それをサービスするのは執事のワタシなのであった・・・
a0342405_05255727.jpg
日本人家庭といえどもアジア人の一員でありますから、台湾式のお茶入れ道具もある・・・
a0342405_05261572.jpg
左りのは日本のヨコハマのチャイナタウンで見つけたもの・・・右はパリのマドレーヌ広場に本店があるフォーションのお茶コーナーで見つけたもの・・・
a0342405_05265562.jpg
台湾製の烏龍茶・・・
a0342405_05271234.jpg
いろいろとありまっせー・・・
a0342405_05274118.jpg
パリ南郊外のアパートの夏のベランダ・・・こんな感じで午後のお茶を入れる・・・
a0342405_05280912.jpg
ウチのサマジスティ、女王陛下は夏の午後、パラソルの下・ここで読書をする、読んでる本は塩野七海の十字軍物語・・・なにかお茶うけがないのー・・・
a0342405_05350411.jpg
ありまんがなー・・・恐れ多くも、とらやの羊羹・新茶の雫・しずく・・・
a0342405_05353389.jpg
てっきり、羊羹だと持っていたら、とらやの変化球ようかんだった・・・フランスになんでこんなもんがあるん ? いやいや、アベ・マリオが日本からリオのオリンピックスタジアムに土管で登場したように、なんでもあるのですよ、世界流通の時代は・・・これは五月に日本に展覧会で一時帰国した時にフランスで食べなさいと、お土産でいただいたもの・・・フランスの猛暑にアジアの台湾式のお茶を飲む・・・フレンチFMラジオから、Je suis malade (French Lyrics + English Translation) - YouTube 、ベルギー出身の歌手、ララ・ファビィアンが歌う、ジュ・スィ・マラード、ワタシは病気なの、恋の病気なの・・・チャオ・・・
by h-hatano-paris | 2016-08-24 05:54 | Trackback | Comments(0)

SEE YOU IN TOKYO 2020、スィー・ユー・イン・トウキョウ・トゥエンティ・トゥエンティ、次のオリンピックは2020年の東京でお会いしましょうー・・・

北アフリカのサハラ砂漠からの夏気流がヨーロッパに昇ってきて、今日のパリの最高気温予報は32℃・・・日本の北海道と緯度が同じのパリですから、北海道の最高気温が32℃になったら異常でしょ・・・南米ブラジルのリオ・オリンピックの閉会式はフランス時間で真夜中過ぎの一時半から、それもフレンチ有料テレビ・カナルプリュス④チャンネルからの実況中継で、その時間は、みんなイビキをかいて寝ている・・・ですからリオの次の2020年・東京オリンピックのプレゼンテーション・ご紹介を多くのフランス人たちは知らない、渋谷のスクランブル交差点からドラえもんのマジックでスーパーマリオが地球の内部を通過してリオのスタジアム・オリンピック会場に来たことも知らない、そのスーパーマリオ・コスプレが日本の首相のアベ・マリアだったことも知らない、スタジアムに日の丸が大きく描かれ君が代の変化球メロディが歌われたことも知らない・・・こんなものでございます、フランス社会というものは・・・知ろうとしない・無関心だからイスラーム過激派のテロにもやられる・・・フランス中華思想・ちゅうかしそう、フランスが世界の中心だと言う前時代的かつ帝国的な上から目線の考え方・・・何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・
a0342405_04253628.jpg

フレンチTVニュース・オンリー24時間の⑮チャンネルから・・・2020年はトウキョウでお会いしましょうー・・・わが祖国のアジアの島国・日本は決して、日本中華思想、日本が世界の中心だとならないように、前時代的な日本帝国主義にならないように、多様性の地球プラネット、あの国にも・この国にも人間は一生懸命に生きている・・・何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・最近、これが多い・・・
a0342405_04371362.jpg
夏季節の南仏的なお野菜食べといえば・・・南仏の料理・ラタトゥイユ、夏野菜の煮込み・・・その材料は、ナス・ズッキーニ・トマト・タマネギ・ニンニク・三種類のピーマン・・・それらを水洗いにして、食べやすい形に切る・・・
a0342405_04410051.jpg
そのまんま、全部を平鍋に入れ、適度に食用油かオリーヴオイルをかけてフタをして、中火で煮込む・・・そうすると、各々のお野菜から水分が出てきまして、さらに、フタをして野菜が柔らかくなるまで煮込む・・・
a0342405_04444021.jpg
そうするていと、ハイ、このように南仏名物のラタトゥイユ・夏野菜の煮込みがボンジュール・こんにちはー・・・これに茹でタマゴをつけてもいい・・・これは付け合わせで作ったラタトゥイユ・・・何の料理につけ合わせたのかというと・・・
a0342405_04481347.jpg
牛ひき肉100%のハンバーグなのだった・・・ジャガイモはフランス南西部の鴨の脂でソテ・フライパンで焼き煮したもの・・・これにブルドックソースをかけ、ムタール・マスタード、洋ガラシをつけ、カルフォルニア米の熱熱のご飯で食べるフランスの昼定食・・・エンゲル係数200%のウチの食事・・・
a0342405_04555385.jpg
えーと、えーと、夏のパリらしいものは・・・フレンチ・スタバの夏期間限定のドリンク、テ・グラス・フラッペ・・・ストロベリー味やマンゴー味があるそうな・・・夏のオランダ・アムステルダムの町の広場では、Nielson - Sexy als ik dans (official video) - YouTube 、夏のアムスはこんな感じどすえー、オランダ語のポップ・ミュージック・・・チャオ・・・
by h-hatano-paris | 2016-08-23 05:05 | Trackback | Comments(0)

チーム精神、団体精神、D'ESPRIT D'EQUIPE、レ'エスプリ・デ'エキープの大切さを南米ブラジルのリオ・オリンピックから学んだフランス・・・

今回の南米ブラジルのリオ・オリンピックで最終的に42個の金・銀・銅のメダルを獲得したフランスは、エスプリ・ド・エキープ、チーム精神、団体精神を学ぶ・・・つまり、いろんなフランス人がいてこそ勝利のメダルが獲得できる、アラブ系フランス人もアフリカ系フランス人もフランスの海外県の島のフランス人も、みんながエキープ・チームになってひとつにまとまると勝利することを学ぶ・・・陸上男子400メートル決勝リレーで日本チームが銀メダルをとる、そのチームの中に日本とジャマイカのハーフ男子がいた、ジャマイカで生まれ二歳の時に日本の関西に・日本で教育を受け・日本語を話す人間はいかなる人でも日本人・・・同じように、どこで生まれようともフランスで教育を受け・フランス語を話す人間はいかなる人でもフランス人・・・フランス社会のイスラムフォビィ・イスラーム嫌いの問題はフランス社会のエスプリ・ド・エキープ、チーム精神、団体精神を忘れているから・・・何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・オリンピックが終わり、次はパラリンピック、差別することなく、知らんもーんねーではなく続けて応援しなければいけない、まっとうな人間であるのならば・・・
a0342405_04382645.jpg
パリ六区のサンミッシェル広場の19世紀からの水飲み場・・・各レストランが路上にテーブルとイスとパラソルを置いてのお外食事・・・これがパリの本来の姿、パリは庶民の街なのだ、いろいろな人々が交差する・交流する街なのだ、テロに攻撃されるパリではないのだ・・・
a0342405_04440265.jpg
イギリスの新聞メディアが、ストップ・アンチ・ブルキニ水着の記事を発表する・・・フランスでイスラーム系の女性が身に着ける水着・ブルキニを禁止することへの警告・・・
a0342405_04485645.jpg
フランス社会のイスラーム嫌いのシンボルとしてのブルキニ水着の禁止・・・
a0342405_04515200.jpg
ザ・ガーディアン紙のネット記事には・・・フランス社会はイスラームとますます、敵対関係になりつつある・・・それは、イスラーム過激派のテロを引き起こしている・・・何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・
a0342405_04580967.jpg
パリのメトロ・地下鉄のパレ・ロワイヤル駅の入り口・出口はこんな現代アート風になっている・・・右に立っていらっしゃるのは、ウチのサ・マジスティ、女王陛下・・・いっちょ前に、黒メガネじゃあなかったサングラスをしている・・・フランスとインドのハーフハーフのインディラが歌うエス・オー・エス、Indila - S.O.S - YouTube 、世界はハーフハーフの時代に突入している・・・チャオ・・・

by h-hatano-paris | 2016-08-22 04:51 | Trackback | Comments(0)