波多野均つれづれアート・パート2

hatanohito.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

フランス人の週末食事の招待はコンベルサッション・会話がメイン・中心、その合間にモンジェ・イートする・・・

昨日のヴァンドルディ・金曜日の午前中に額装した絵を四十点ほど送り出し・・・ホっとしていたら、ウチのサマジスティ・女王陛下がアプレ・ミディ、午後からパリ十三区のカルチエ・シノワ、チャイナタウンのスーパーマーケットに食材の買い出しに行こうーと言いだし、ハラホロ・ヒレハラ・・・ウチのサマジスティ・女王陛下と荷物係の執事のワタクシが買いものクルマつきのガラガラをひっぱって、母を訪ねて三千里じゃあなかった、アジアの食材を求めてパリ十三区まで行くことに・・・いつも行く、タング・フレール、陳氏公司スーパーマーケットに・・・午後からのパリのメテオ・お天気は雨が降ると予報されていのが、ウチのサマジスティ・女王陛下の強い☂降るなパワーで晴れて・・・この人は、あまり買いものをしたことがないので、買いものがヘタ、ワタシのようにパッとは買わない、あれにしょうかな・これにしょうかな、キュウリ一本で迷っている・・・ワタシの買いもの作戦はまず時間を決める、例えば、一時間で買いものをしょうとデシィジョン・決意して買いものを開始する、ダラダラと買いものしない・・・オンナの買いものは、みんな、なぜか、ダラダラが多い、あっちにフラフラ、こっちにフラフラ・・・気持ちが定まっていない、あまり、つっこむとファンム・女性セクハラもどきになるのでアレテ・やめようー・・・
a0342405_04264253.jpg
ブリテン島の北のスコットランドのスコッチウイスキー、バレンタイン17年ものをポーランドのクリスタルグラスで飲みながらお昼ご飯を作る・・・春なのに寒くなったので、スコットランドの人々の遅い春を思ってのスコッチウイスキー、左りに見えるのはフランスのタマゴ入れ箱、一ダースのモワイヤン・中玉タマゴ、こんなのでスペイン風ジャガイモ入りのオムレツや大阪・ナニワ人の狂気食・天津飯、てんしんはんなんかを作る・・・
a0342405_04270937.jpg
パリのオペラ大通り、メトロ・地下鉄ピラミッド駅の近くにある韓国食品店で冷凍のギョウザの皮を買い・・・ハングル文字なので、ケ・ス・ク・セ ? なんて書いてあるのかジュ・ヌ・コンポン・パ、わかんない・・・けれども、ギョウザの皮だろう・・・
a0342405_04273717.jpg
このようなクリスタルニゼ・水晶風のギョウザを作る・・・最後に、片栗粉を溶かした水でフタをして蒸し煮にすると、焼ギョウザがこのようになる・・・これで、われわれ夫婦二人分、普通の夫婦はこんなには食べない、われわれは普通の夫婦ではないのでイートする・・・異常な夫婦、奇人変人の二人組・・・
a0342405_04281211.jpg
このように、お昼ランチのギョウザ定食・・・中華風鶏肉入り野菜スープ・味つけはお醤油と米酢と乾燥トウガラシ一本、それを片栗粉でとろみをつける・・・このラーメンの器・うつわはパリに代々住んでいた日本人から日本人へと引き継いだもの、こんなラーメンのどんぶりは日本にはないだろう、海外フランスで生きている・・・デコラション・飾りが竜・龍と鳳凰・ほうおう・・・ご飯は東北の宮城県・仙台に住んでいる畠山クンの奥さんからのいただきもの、宮城ライス・・・
a0342405_04284532.jpg
左りがコンフィ・ド・カナールの缶詰、右がその合鴨の脂でタマネギとジャガイモをソテ・炒め煮しているところ、時間がかかる、ジャガイモが柔らかくなるまで・・・それでスコッチウイスキーをチビリ・チビリと飲みながら・・・スコットランドではデザート用の生クリームにスコッチウイスキーとスークル・シュガー、お砂糖を混ぜたものがあると、スコッチ・クリーム・・・
a0342405_04290567.jpg
これがフランスの田舎の典型的なコンフィ・ド・カナールを焼いたものと、その脂でソテ・焼き煮したジャガイモとタマネギ・・・この鴨の脂は食べても太らないと、フランスの田舎の太ったおっちゃんたちは言う・・・こんなものを食べるとフランス人になる・・・なかなかに、コンフィ・ド・カナールの塩味がきいていておいしい、ジャガイモに鴨の脂がしみ込んで肉じゃがのよう・・・しかし、これを食べるとお腹がいっぱいになる、一年に一度イートする食事のひとつ・・・
a0342405_04294455.jpg
家庭用のオープンでは、フレンチ・バージョンのガトー・オゥ・ショコラ、チョコレートケーキが150度の熱で焼かれている、人間を長くやっているとお菓子・ケーキでも焼けるようになる・・・このチョコレートケーキはグアドループのラム酒で香りがついている・・・
a0342405_04320117.jpeg
フランスのお隣りのベルギーのアントワープに住んでいる日本とベルギーのハーフハーフの五歳のサキ・クララちゃんの登場・・・三月にママと日本に一時帰国していた時の日本での写真、ケ・ス・ク・セ ? なんだっぺ、これー・・・アンパンなのか、メロンパンなのか、フランス在住四十年の浦島太郎のワタシにはジュ・ヌ・コンポン・パ、わからない・・・サキちゃんは言葉のちがう日本でよくがんばった、普段はアントワープの幼稚園ではフラマン語・オランダ語の地方言葉でみんなと話しているから・・・ハーフの子供たちはそれなりの苦しみがあるのだ・・・週末のフレンチ・シャンソンnowからは、Amir - J'ai cherchē (Clip officiel) - YouTube 、アミールが歌う、ジェィ・シェルシェ、私は私の夢をさがす・めざす・・・今日の夕ご飯はフランス人の家庭に週末食事によばれている、フランス人の食事招待は話しがあるから来てほしいというメッセージ、きちんとお話しを聞いてあげなければいけない・・・ただ、食べるだけではない、コンベルサッション・ピンポンの会話が中心、その合間にモンジェ・イートするのがフランス人・・・チャオ・・・

[PR]
by h-hatano-paris | 2016-04-30 05:50 | Trackback | Comments(0)

SĒISME EN FRANCE 、セーイズム・ザン・フランス、フランスにおける突然の地震発生に驚くフランス人たち・・・

アジアの東洋哲学の仏法の考え方に、人心・じんしん、人の心が乱れれば、その結果、自然もおおいに乱れるとありますが、昨日の朝八時四十五分にフランスの南西地方で震度5,2のセーイズム・地震が発生する、フランスに地震なんてないと思っていたのに突然の地震にフランス人は驚く、日本の九州・熊本の地震、そして、南米エクアドルの地震があったので、次はフランスなのかと、フランス人はびっくりする・・・四月の終わり・春になっても天候不順だし、北欧スカンジナビアからの寒気流が下りてきて、ワイン産地のロワール地方やブルゴーニュ地方・ボーヌのワイン畑のブドウの苗木の新芽・若芽が今週の火曜日の夜から水曜日にかけてのマイナス4℃気温で凍りつき、カタストロフィ・全滅に近い状態、ブドウ畑では夜になると数多くの空き缶に灯油を入れて火をつけてブドウ畑を温めている、セ・パ・ヴレ、本当の話し・ウソでしょ ? セ・ヴレ、本当の話し、ウソのような本当のお話し・・・夕暮れから朝までブドウ畑を温める・・・昨年の二回ものパリの無差別殺害テロ以後、フランスはおかしい、おかしいということに気がつかないことがおかしい・・・フランスの国土・国を守護するパワーがなくなっている、人間がエゴイスティック・わがままに勝手気ままに生きていると自然からしっぺ返しをくらう・・・
a0342405_04141989.jpg
震度5,2の発生地は大西洋側のラ・ロシェルの港町の近くの町・・・被害は家の壁にひび割れがしたとか、壁の絵が落ちたとか、大きな被害はない・・・
a0342405_04143472.jpg
ラ・ロシェルはボルドーの上にある港町、フランス歴史ではプロテスタント信仰のフランス人が多く住んでいた町・・・この地方に住んでいる知り合いのフランス人の娘がラ・ロシェルの大学に通っていた、今は大学都市でもある、海洋水族館もある、夏にはフランコフォニイ・フランス語圏のミュージック・ロック・ライブがある・・・
a0342405_04145001.jpg

この地方は、1972年にイル・ド'オレロン、オレロン島で震度5,2の地震があり、2001年にはラ・ロシェルの上の方で震度5,1の地震があったそうな・・・
a0342405_04151360.jpg

このように、フランス北西部にマシィフ・アルモリカ、アルモリカ山塊・山地があり、この地方の地底・海底には大きな断層があり、それがズレての地震になったとアナリゼ・分析する・・・
a0342405_04152876.jpg
a0342405_04414996.jpg
フランスでの地震リスクの地図・・・白い部分が地震がまったくない場所・パリには地震がないとされている・・・けれども、テロが二回も起きた・・・オレンジからルージュ・赤い部分が地震リスクの場所・・・アルプス地方やピレネー地方が地震リスクがある地方・・・
a0342405_04154465.jpg
二十世紀初めに南仏のエクス=アン=プロヴァンス地方で大きな地震が起き大きな被害があった・・・
a0342405_04160148.jpg
1967年にはピレネー地方でも大きな地震が発生した・・・人心・乱れれば、自然も乱れる・・・自然が乱れれば、人心も乱れる・・・何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・アメリカのポップ・ロック歌手のプリンスが急死して、マローン 5・Maroon 5 のボーカル、アダム・レヴィーンが歌うパープル・レイン、Adam Levine Performs " Purple Rain " At The Howard Stern Birthday Bash on SiriusXM - YouTube 、アダムが弾くエレキ・ギターが日本の東北地方・青森の津軽三味線の津軽じょんがら節のように迫力がある・・・今日の夕方からフランス社会は5月1日の2連休に突入する、今年はメーデーの日が日曜日と重なっているのでみんなブーイング、もっと休みたい、日本の五月のゴールデンウイークのような長期バカンスはフランスにはない、そのこころは、いつもバカンスだから・・・チャオ・・・

[PR]
by h-hatano-paris | 2016-04-29 05:08 | Trackback | Comments(0)

カチカチ山・背中に火がついた時にイートするものは・・・カレーライスにコンフィ・ド・カナールの結婚・合体、目玉焼き乗っけ・・・

いやはや・はやいや、フランスのパリとパリ南郊外の四月の終わりは、冬に逆戻り・寒いというものではない、空からは冷たいみぞれまじりの雨が降ってくるし、冷たい風は吹くし、マンマ・ミイアーの四月の終わり・・・昨夜の八時のフレンチTV②チャンネルのニュースでは、こんな画面が・・・
a0342405_04424726.jpg
フランスとスイスの国境近くのサボワ地方では雪が降る、トンブ・ラ・ネージュ・・・アダモが歌ったシャンソンのように雪が降る・・・これを見ただけでも寒い、寒むうおますなぁー・・・というもの・・・これを異常と言わずして、何を異常というのか・・・フランスはなにかモノノケにとりつかれているかのよう・・・
a0342405_04403628.jpg
a0342405_06171797.jpg
昨日は、一日中、フェッ・メゾン、家で作ること、自家製・手作りの額に絵を取り付けてプチプチのプラステックで梱包する・・・絵の出荷作業をする、明日の金曜日の午前中に運送業者が絵を取りに来るので、カチカチ山・背中に火がついている状態・・・四十個あまりの額を作り、絵を取り付け、梱包する・・・こうなると、人間は何でもできる・・・何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・こういうウルジャンス・非常事態の時のイート・食事は・・・
a0342405_04383646.jpg
海外用向けのハウス・バーモントカレー、中辛を使ってカレーを大量に作る・・・もちろん、インド系のスパイス各種も入れて、電気ガマでカルフォルニア米を二合ほど炊いて・・・非常事態の炊き出しカレー・・・カレーだけではゲイ・芸の方ね、ゲイがないのでガルニチュール・つけ合わせもパパッと作る・・・
a0342405_04394033.jpg
フライパンで人参とセロリの炒めもの、味はシンプルに塩だけ・・・
a0342405_04400128.jpg
中華鍋で作ったブロッコリーの蒸し煮、少量の水にブロッコリーを入れ、フタをして蒸す、こうやると、ブロッコリーがアルデンテに仕上がる、これにマヨネーズをつけてイートする・・・
a0342405_04372445.jpg

さらに・・・クイズ、フランスにあって日本にないもの・・・コンフィ・ド・カナール、合鴨の塩漬け肉の缶詰・・・二kgもある缶詰、四個から五個の合鴨のモモ肉が入っている、こんなのはフランスのカンパーニュ・田舎しかない、今月はお湯タンクの故障で修理代に350ユーロ,約四万四千円も急に出費したので、月末にサイフがスープル・超軽く、買っておいた非常食の缶詰を食べる、フランスの国家非常事態に非常食の缶詰を食べるとは、これいかに・・・
a0342405_04374746.jpg
フタを開けると、ティヤン・ティヤン・ボラワー、ほれほれ・このように、合鴨の塩漬け肉が鴨の脂と合体している、在仏四十年にもなると、こんなのがおいしそーとなってくる、日本人が海鮮レストランの生けすの中の泳ぐお魚ちゃんやイカやエビを見て、おいしそーと思うのと同じ感覚、フランス人は牧草にいる牛や羊を見て、おいしそーと思う・・・この合鴨の脂は、ジャガイモをフライパンでソテ・炒める時に使うとおいしい・・・が、すごいニオイが部屋中に充満する・・・ウチのサマジスティ・女王陛下からケイベツ光線が発射される・・・これを取り出して、フライパンで中火で焦げ目がつくまで両面をソテ・炒める・・・そして、ここからがウルトラC・・・世界中の誰も考えつかない・・・
a0342405_04381616.jpg
カレーライスとコンフィ・ド・カナール、インドと日本とフランスのマリアージュ・結婚する、合体・・・これだけでは、アート的に色彩がジミ・乏しいので・・・
a0342405_04385768.jpg

目玉焼きを乗っける、カレーライスとコンフィ・ド・カナールに目玉焼き乗っけ・・・インド人もビックリ、フランス人もビックリ、日本人もビックリ・・・どうだ、マイッタかー、別にマイラなくてもいいのですが・・・フランスの四月の終わりの突然の寒さに栄養をつけるフレンチのランチ・お昼ご飯・・・アメリカ大陸のウエスト・コースト、西海岸のシアトルの町のように雨降り多しのフランスのパリの街から、Etta James - Cry Like a Rainy Day - YouTube ・・・チャオ・・・今朝のフレンチFMラジオのクラシック局を聞いていたら、ショパンやブラームスのピアノ曲がかかっていて・・・ラジオ・フランスはグレーヴ・ストライキでサービス・ミニマム、最小限のサービス・放送をすると何回も言っていた、フランスは今日もグレーヴ・ストライキ・・・フランス人からグレーヴ・ストライキをとったらジャポネ・日本人になるというジョーク・お笑いがある、労働者にはストライキをする権利があるとフランス人は言うけれども、いつトラバーユ・働くの ? 労働者に 働く権利はフランスには存在しない、フランスのモラールの問題、おもしろおかしく生きてバカンス天国で、権利と主張ばっかの自己顕示をする、イソップ童話のアリとキリギリスのフランス、オーストラリアに潜水艦のコントラ・契約で大成功と喜んでいるのは政治家ばかり、それが庶民生活には還元されない、アメリカに次ぐ軍事産業・戦争のための原子力潜水艦やジェット戦闘機を世界に売っているとフランス国内では批判の声もある、武器を売っての世界平和はない・・・

[PR]
by h-hatano-paris | 2016-04-28 05:37 | Trackback | Comments(0)

フランスの LA VIE QUOTIDIENNE 、ラ・ヴィ・コティディアン、日常生活なうのいろいろ・・・

北欧スカンジナビアからの寒気流が今日もパリとパリ南郊外に下りてきて、冷たいというよりも寒いというものではない、昨日は冷たい雨が変化してみぞれが降ったり、ス・ネ・パ・ル・プランタン、これは春ではない・・・ベベ・赤ん坊やちいさな子供のいる家庭ではショファージ・電気暖房をつけたり、温かいスープの食事をしたりの・・・冬でんなー、寒むうおますなー、日本酒の熱燗・あつかんで湯豆腐なんかどうどすえー・・・ここはフランスでありますから、熱燗・あつかんも湯豆腐もない、あるのはポトフーやポテなんか、ポトフーは牛肉と野菜の煮込み、ポテは塩漬けの豚肉と野菜の煮込み、これに赤ワインを飲むと完全に田舎のフランス人になる・・・昨日のチェルノブイリ原子力発電所の爆発事故からの三十年後のニュースはフランスでは四番目・五番目のニュースになる、あまりにも多くの老朽化した原発施設がフランス各地にあるのでヌ・トゥッシュ・パ、ドント・タッチ、触れたくない、備え・そなえアレバ、憂い・うれい多いにありのフランス原発、そなえアレバのアレバがフランス原子力発電企業のアレバ社にひっかけている・・・何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・
a0342405_05264821.jpg
パリ南郊外のパリ行郊外線駅のそばにあるのが、通勤のクルマ用の有料パーキング場・・・五階立てのパーキング場、駅までクルマで来て、通勤郊外線に乗る・・・
a0342405_05271775.jpg
クルマのパーキング・駐車は十五分から・・・一ユーロなうの換算円が125,8円ですので・・・一時間で約三百円ちょっと、お支払いは銀行カードで・・・ここに駐車すれば盗難にあうこともない、クルマに火をつけられることもない、駐車違反のシールを貼られて罰金を支払うこともない・・・セキュリテ・安全はお金で買う時代になったフランス社会、しかし、十五分間のパーキングっていうのは存在しない・・・
a0342405_05291166.jpg
その郊外線駅広場にあるのは、ビオ・自然食品のスーパーマーケット・・・これがこれが、今、フランス社会で大流行・・・通常のスーパーマーケットの品物のお値段の二倍半から三倍もする、食の安全もお金で買う時代になった・・・
a0342405_05293976.jpg
無農薬野菜や果物、ビオ・ワインやビオ・ビール、無添加のチーズやパンやビスケットや・・・なんでもある、ウチのサマジスティ・女王陛下がお買になるのは無添加のシェーブル・ヤギのチーズ、これが夕食になる・・・無農薬の赤ワインを買って飲んではみたけれども、お値段のわりにおいしくない・・・ここでは中東シリアのアレッポのオリーヴ石鹸も売っている・・・
a0342405_05312752.jpg
フランスにあって、日本にはあまりないもの・・・オレンジナのメイド・イン・フランスの炭酸飲料ジュース、これはバス・ストップ、バス停の宣伝・・・
a0342405_05320104.jpg
世界中にあるマクド・マック、マクドナルドのフレンチ限定ハンバーガー・・・最近はファーストフードをストリートフードという、それがクール・カッコイイらしい・・・我々・昭和時代のレ・ザンファン、子供たち世代はマクド・ジェネラション、世代ではないので、ハンバーガーはあまり食べない、全然・食べない、ちっとも食べたいとも思わない・・・それよりも、生フォワグラを切ってフライパンで両面に焦げ目をつけたスペシャル・フォワグラ・ハンバーガーなら食べてもいいかと思う、飲みものはソーテルヌの白ワインと一緒に・・・フレンチFMラジオのヒップ・ホップ・ラップ・ミュージック・オンリー局から、Nicki Minaj - The Night Is Still Young - YouTube 、ニッキー・ミナージュがラップするザ・ナイト・イズ・スティル・ヤング、夜はまだ若いじゃあなくて夜はまだ浅い、つまり、宵の口・よいのくち、夜は始まったばかり・・・チャオ・・・

[PR]
by h-hatano-paris | 2016-04-27 06:35 | Trackback | Comments(0)

TCHERNOBYL 30 ANS APRĒS 、チェルノブイリ原発のトロントン・アプレ、三十年後の今は・・・

a0342405_05054912.jpg

ラ・プール・デ'エートル・アトミゼ、放射能による不安・心配・・・1986年4月26 日、今から三十年前、旧ソビエト・現ウクライナのチェルノブイリ原子力発電所が爆発する、ヒロシマに投下された原爆の1000倍の放射能が気流に乗って・放射能の雲がヨーロッパに飛散した、(フランスのメディアでは)三十万人の住人が強制的に避難した、それからチェルノブイリ原発周辺の町々・村々はファントーム・ゴーストタウンになった・・・渡仏して十年目のフランスでは放射能の雲はスイスとフランス国境でストップしたとメディアは報道した(地中海の島・コルシカ島ではイタリアのアルプスから流れてきた放射能の雲が島の半分を汚染した、それ以後、コルシカ島では甲状腺のガン患者が増えた)・・・放射能の雲がフランスに入らずにストップした、それは大きなウソだった、その年の秋にスイス国境近くの森林で獲れたシャンピニオン・キノコの放射能数値を調べてみるとガイガーカウンターの機械が驚くべき数値を示した、春から夏にかけて収穫された野菜や果物や加工食品の牛乳やチーズ等々を我々は食べていた、放射能食品を知らず知らずに食べていた・・・大スキャンダルになったが、うやむやのうちに終わってしまった、フランスは原子力発電所が多くある国だったから、それを話題にすることは長いことタブーになった・・・月日が流れ、ドイツとスイスの国境近くに位置するフランス国内で一番建設の古いフッセンハイムの原子力発電所を昨日、フランス政府は2017年に完全に停止する・解体する予定だと発表した、理由は来年の春にフランスの大統領選挙があるから、自然環境保護への政治的な選挙公約のようなもの、しかし、それが現実にそうなるのかは誰も保障できない、絵に描いたモチのようなお話し、1980年代に建設された古い原子力発電所がフランス各地に多数・存在する・・・
a0342405_05083105.jpg
クイズ・・・ケ・ス・ク・セ ? これは何んでせう・・・昨日、ウチのアパートの郵便受けに入っていたもの・・・ヒント①、フランスに住んでいたら誰にでもやって来る・・・ヒント②、自己申告して支払うものは・・・ヒント③、収入が低いと免除されるものは・・・
a0342405_05085632.jpg

フランス共和国のアンポ・税金支払いの申告書類・・・来月の5月18日までに、この書類に記入して、地元の税務署に送らなければいけない、フランスに住んでいる住人であれば、国籍は関係なしに税金を支払う・・・税金を支払うけれども、在仏の外国人にはフランスの選挙権がない・・・箱根の峠で、なにか、追いはぎに出会ったような気分になる・・・
a0342405_05120620.jpg
フランス・バージョンのディズニーランドのようなもの・・・パルク・アステリックスの宣伝がバス後ろに・・・フランスの歴史の始まり、紀元前のフランスの地はガロワと呼ばれゴール人の住む土地でありまして、古代ローマ帝国のシーザーがヨーロッパを占領・植民地にしょうとした時に戦ったのがゴール人だった、フランス人の先祖・・・そのテーマ・パーク、パリの北郊外のシャルル・ドゴール国際空港の近くにある、北フランスのリールやベルギー方面に向かう高速道路ぞいにある、フランス人に人気がある、メイド・イン・フランスのマンガのアステリックスが主人公・・・フランスの今日は、マルディ・ノワール、黒い火曜日、フランス国鉄のサンディカ・労働組合のストライキ、この二ヶ月間に三回目のストライキ、国家非常事態でもフランスの労働組合は平気でストライキをする、国家非常事態っていったい何なのー、あってなきがごとし・・・通勤のフランス人は全員、クルマを使うと、ブッション・渋滞する、クルマ排気ガスで大気汚染・・・イライラして、あっちこっちで、ペタース・この尻軽おんなとか、メルドー・このクソ野郎ーとかの罵声が飛ぶ・・・フレンチ・シャンソンなうからは、Vianney - On est bien comme ça [Clip official] - YouTube 、ヴィアネが歌う、オ・ネ・ビィヤン・コム・サ、僕たちはこんなにうまくいってるさー・・・チャオ・・・
a0342405_15192277.jpg
あまりにも殺伐とした内容なのでオマケ・・・昨日、描いていた絵、パリのセーヌ河のポン・ヌフ橋に架かる虹のシリーズ・連作、フランスはエスポワール・希望を持たないといけない、コラージュ・勇気を持たないといけない・・・イギリスの十九世紀のサロン展で革新的な風景画を出品した風景画家のターナーの絵に、こんな風景は現実に存在しないと美術評論家から文句・批判された・・・風景画家、ターナーは静かにこう言った、あなた方はこんな風景を見たいとは思いませんか・・・多くの人々・民衆が見たいと思うものそれがアートすること、現実+ケルク・ショーズ、人間の知恵を越えた何ものか、それがアートすること・・・バイ・・・


[PR]
by h-hatano-paris | 2016-04-26 06:14 | Trackback | Comments(0)

ル・プランタン・暖かな春の季節から11月の寒さになってしまったパリとパリ南郊外の四月・・・風邪ぎみになる、ハァックション・・・

あんなに日中最高気温が20℃続きだったパリとパリ南郊外に、北欧スカンジナビアからの寒気流が下りてきて、11月の気温のようになる、日中最高気温が8℃のシアトルなみの時々・みぞれまじりの雨降り、時々・晴れ・・・フランスに春は曙・あけぼのはやって来ない、フランス人は冬季節の服装をしてマフラーをしている、ウチは南側の部屋のアパートぐらしだから、多少は暖かいのだけれども、これが北側の部屋だったらマンマ・ミイアーの冷蔵庫・・・マイ・ブログ・ランキングに入っている、パリの PLACE DE LA RĒPUBLIQUE 、プラス・ド・ラ・ルプブリィック、 共和国広場で連日連夜・集会が行われている NUIT DEBOUT 、ニュイ・ドヴッ、夜に立ち上がれ、夜に目覚めよの市民運動は、ヴァン・サンク・ジュール、25日間も続き、いろいろとプロブレム・問題が起きている・・・毎夜・毎夜、集まって食事を無料で配りアルコール・ビールやワインを飲むので共和国広場周辺の商店街はピッピ・おしっこのし放題でクサイ、店先でカッカ・うんちをするヤツもいる、中世の時代のパリの街は上下水道がなかったので、飲み水は水売りがやってきて、ピッピ・カッカは毎朝・便ツボから石畳に放り投げ、それを放し飼いの豚やニワトリやアヒルが食べる、それと同じ、フランスは変わらない・・・それで、夜の17時から朝の7時までアルコールの持ち入れ・アルコール飲みは禁止される、毎夜毎夜・騒ぐので周辺の市民から眠れないと苦情が続出、アルコールが入っているので広場周辺のカフェやレストランの窓ガラスに投石する、中には路上駐車のクルマに火をつけるのもいる・・・市民運動ではなくして、夜になると眠れない不眠症人間の集まり、社会への不平不満をぶっつける・・・このままでは、汚いしアブナイから、そろそろ、セ・フィニィ、オワリにしてほしいとパリ市民の声が多し、国家非常事態に夜間の集会は出来ないのだが、フレンチ・ポリスはなぜか取り締まらない、責任をとりたくない、政府・社会党政権は来年の大統領選挙があるので知らん顔をしている・・・
a0342405_03593550.jpg
フランスの今週の水曜日に封切りの新作映画は、フランス語タイトル、ヌ・スヴニィ―ル、私たちの想いで、日本語タイトルは追憶の森・・・このシネマは昨年の南仏カンヌ国際映画祭のコンペティションで上映され、ブーイングが起きた・・・まず、テーマが主人公の奥さんがガンで亡くなってのスシィデ・自殺願望だから、そして、わざわざ、アメリカから日本の富士山麓の樹海に来てスシィデ・自殺をするのがフランス人には理解できなかった、富士山のふもとの樹海が自殺の名所だと理解できなかった、フランス人にとってスシィデ・自殺はタブーに近い、ガンで妻を亡くすこともショックなのだった、多いから・・・結局は、自殺願望の男ふたりの物語・・・主演はマシュー・マコノヒー、ナオミ・ワッツ、そして、ジャポネ・日本人の俳優・ケン・ワタナベ、フレンチ・テレビの映画紹介では、ケン・ワタナベをフランス語読みでケン・ワタナビと言っていたのには大笑いした、笑いの少ないフランス・・・ワタシの友人に銅版画家のワタナベ・ミキオ君がいるけれども、これからはワタナビ・ミキオ君とよぼうー・・・
a0342405_04000927.jpg
クイズ・・・セ・キ・エ・ス ? これは誰でしょう・・・ヒント①、フランスの南仏地方のエクス=アン=プロヴァンスの絵描き・・・ヒント②、エクスの町から見えるサントヴィクトワール・聖なる勝利の山のシリーズ・連作を描いた・・・ヒント③、美術学校の授業では後期印象派の絵描き、キュピズム・立体派の近代絵画の父とも言われ、ピカソやブラックが影響を受けた、ちょっと、専門的ね、このヒントは・・・名前は、ポール、ポール、ポール・・・ハイ、ポール・セザンヌ、セザンヌが亡くなる63歳の1906年の写真、外でイーゼルを立て絵を描くセザンヌ・・・絵描きは現場主義で、現場に行って絵を描く、トラバーユする・・・晩年のセザンヌは外で絵を描き、雨にぬれて風邪をひき、それが原因で亡くなる、何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・フレンチで大流行のミュージックから、Mike Posner - I Took A Pill In Ibiza (Original) - YouTube ・・・チャオ・・・

[PR]
by h-hatano-paris | 2016-04-25 05:00 | Trackback | Comments(0)

William SHAKESPEARE 、ウィリアム・シェイクスピア、400 ans aprēs 、カトルソン・ゾン・アプレ、四百年後・・・

昨年の二回ものパリの無差別殺害テロのアプレ・以後・・・フランス人の五人にひとりが不眠症・夜になると眠れない、フランス人はフラジィール・繊細だとか、ちょっとのことでも気になるとか、こわれやすいの意味・・・な人々の集まりで、お口はトレ・トレ、とっても・とっても達者なのでありますが、くよくよする傾向が強い、パリのテロ・トラウマ、テロ後遺症は思ったよりもフランス人の心の中に大きな傷を作った・・・フランス人の話しは話半分に聞くこと、話し半分以下でもいい、とにもかくにも、フレンチ教育は自己表現・自己顕示力ですから、みんながコム・ル・テアトル、お芝居をしているよう・・・パリ六区にアリアンセ・フランセーズという外国人のためのフランス国語の学校がありまして、渡仏して、最初に住んだのがアリアンセ・フランセーズのフォワイエ・学生寮、カルト・セジュール、学生の身分の滞在証明が必要だったので・・・そのアリアンセのフランス語の授業の中に、テアトルする・フランス語を使ってのお芝居をすることがありまして、とにかく、テアトル・お芝居のように演じないといけない、ボンジュール・ムッシュー、ボンジュール・マダーム、コマンタレ・ブー・・・フランス社会ではシランス・黙っていると何を考えているのかわからないと文句・批判される・・・いいじゃん、レシテ・トンキール、ほっといてくれーと言っても、何かを自己表現しないといけない・・・大変にわれわれアジア人にとってはス・ネ・パ・ジョンティ、優しくない社会でありまして、無口なワタクシも積極的に会話するように人生革命する・・・
a0342405_04340263.jpg
昨日はフランスのドーバー海峡の向こうのブリテン島・アングロサクソンの国のウィリアム・シェイクスピアが亡くなって四百年のメモワール・ディ・・・アングレ・イングリッシュ、英語の言葉・言い回しは、このシェイクスピアから始まったと・・・世界語なうは、好き・嫌いに関係なくイングリッシュ・英語ですから、フランスもイングリッシュニゼ・英語化の傾向になる、アメリカニゼはアメリカ化すること、ジャポニゼは日本化すること、タタミニゼ・畳ニゼとも言う・・・
a0342405_04342413.jpg
そんなわけで、ロンドン南東郊外のメインデンヘッドのテムズ河のそばにあるタプロー・コートのシャトーを描いておりました・・・赤レンガ作りの大きな館、いかにも、タコにも、ファントーム・幽霊がいそうなお城・・・人間が建物を作り、時代の変化と共に、今度は建物がそこに住む人間を作る・・・何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・
a0342405_04294049.jpg
週末ですから、ロワール地方のロワール河下流のナントの町の郊外のブドウ畑で作られるムスカデの辛口白ワイン・・・海鮮ものと一緒に飲むとおいしい、それをシャンパングラスで飲みながら・・・
a0342405_04300627.jpg
サーモンのリエットをイギリス風の食パンをトーストしたのに乗っけて・・・リエットとはサーモンの身をほぐして加工した食品、イワシのリエットとかスズキのリエットとかサバのリエットとか、いろいろある・・・熱熱のご飯に乗っけて食べると、オニギリ・サーモンのようなものになる、ウチのサマジスティ・女王陛下からはオゾマシイとケイベツ光線をあびる・・・
a0342405_04303901.jpg
クージェット・ズッキーニとタマネギと人参のみじん切りとトマト・ピューレで野菜トマトソースを作る、パスタはバリーラの五番、それをよーく、からめて、豚ソーセージを焼いたものを合体する・・・スパゲッティのおいしい食べ方は・・・
a0342405_04310011.jpg
イートする・食べる直前に、ヴァージン・オリーヴオイルを大スプーン一杯分をかける・・・そうすると、おいしいぜよ、目からウロコが落ちる、うまいものを知っているイタリアのおっちゃんの顔が浮かんでくる、エッセイエー・お試しあれー・・・これまでが、オードブル・前菜・・・メインは・・・
a0342405_04313250.jpg
週末の日曜日のメイン料理は、プレ・ロッティ、鶏の丸焼き・・・フランス人のプレフェレ・お気に入り食べもののひとつ・・・ガルニチュール・つけ合わせは、ポンム・ド・テール、大地のリンゴこと、茹でジャガイモをさらに、オープンに入れて焼く・・・
a0342405_04321954.jpg
アリコ・ベール、緑色の豆、つまりインゲンの茹でたもの、これは缶詰・・・このインゲンの上に、バターを置くのがフランス的・・・
a0342405_04324072.jpg
それに、キャロット・人参を茹でたもの・・・最近、視力が弱っているので人参を食べる、ラパン・ウサギちゃんのように人参を食べる、両目がウサギちゃんのように紅くなるかも・・・
a0342405_04325867.jpg
それらを合体すると・・・プレ・ロッティ、鶏の丸焼きのモモと手羽、茹でジャガイモと茹で人参と茹でインゲン・・・これに、ムタール・洋ガラシをつけて、アジアの日本人だから、ソイ・ソース、お醤油をかけて、熱熱のカルフォルニア米と一緒に食べる・・・フランス歴史のアンリ四世だったか、わがロワイヨム・王国の全ての庶民・人々に月に一度は鶏料理を腹いっぱい食べさせてやりたいと・・・春のフレンチFMラジオからは、Charlie Puth - One Call Away [Official Video] - YouTube ・・・ボン・ディモンシュ、よい日曜日を、エキセラン・ディモンシュ、最高の日曜日であれ・・・チャオ・・・

[PR]
by h-hatano-paris | 2016-04-24 05:52 | Trackback | Comments(0)

PRINCE・プリンス、1958-2016 / L'EMOTION MONDIALE 、レ'エモーション・モンディアル、世界的な(喜怒哀楽の)感情・・・

ウチのサマジスティ・女王陛下がブログしている、伊勢真知子のアートサロン、isseart.exblog.jp と同じ内容のフランス的システムの家庭用お湯ボイラーの修理に二週間もかかったバカなお話しを書こうと思っていたけれども、フレンチ・メディアのオール・全てがプリンス・57歳が急死した特別ニュースばかりに驚いて・・・というのは、昨年のパリのバタクラン劇場でのイスラーム過激派集団による無差別殺害テロの後、年末にプリンスのパリ・ライブ公演が予定されていたのが、テロのために急きょ中止になった、その見返りとして今年の後半期にパリのベルシー・東京の武道館のような大講堂・大ライブ会場・・・でプリンスのライブが予定されていたのに・・・そういう気持ちのフランスだった、プリンスのパリ公演・ライブをフランス人は楽しみに待っていたのに・・・
a0342405_06255081.jpg
フランスのサン=テグジュペリの小説、ル・プティ・プランス、星の王子さまが、ロック・ミュージシャンのプリンスになっているイラスト・・・
a0342405_06260918.jpg
昨夜の民間TV①チャンネルの夜八時の全国ニュースの女性アナウンサーの衣装はパープル・レインの歌からの紫色のワンピースに・・・毎日、パリの街のセーヌ河やエッフェル塔をバックにしたこんなテレビ画面のニュースを見ている、音が聞こえない人のためにフランス語の字幕もつく、フランス語の勉強もできるぜよ・・・
a0342405_06232918.jpg
アメリカのニュース・ペーパー、新聞からのプリンス特集のいろいろ・・・
a0342405_06234723.jpg
世界各国の新聞からのプリンス特集のいろいろ・・・
a0342405_06241392.jpg
フランスのジョナール・新聞でもプリンスの特集いろいろ・・・
a0342405_06245540.jpg
パープル・レインをもじってパープル・ペイン、紫の悲しみ、これが今はやり・流行のFRANGLISH 、フラングリッシュ、フランス語とイングリッシュ・英語の合体・・・のプリンス・・・ミュージック・ファンクとフランス語では書いてある、ファンク・ミュージックのこと・・・
a0342405_06252653.jpg
クルチュール・カルチャー、文化欄にも・・・アデュー、モン・プリンス、さらば、ワタシのプリンス・・・アデューとは永遠の別れの時に使うフランス語・・・
a0342405_06263980.jpg
最後にプリンスが来仏したパリ公演の時・2011年のテレビ・インタビュー・・・フランスの田舎のじっちゃんやばっちゃんはプリンスと聞いても、いったい・どこの国のプリンス・王子さまだっぺーというもの・・・これがフランスのプリンスへのオマージュ・追悼・・・エッタ・ジェームスが歌うプリンスのパープル・レイン、紫色の雨、Etta James - Purple Rain - YouTube ・・・これがフレンチ・フィーリングのプリンスへのオマージュ・追悼というもの・・・週末オマケ、今日の4月23日はブリテン島のウィリアム・シェイクスピアが亡くなって四百年のメモリアル・デー、こんにちでは世界言葉・世界語は英語になってしまったから、シェイクスピアのハムレット等々を読むのが英語の学習だとフランスでは言っている・・・To be, or not to be, ー that is the question 、生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ・・・善人になるか・ならないか、悪人になるか・ならないか、それが問題だ・・・人間として地球プラネットに生まれてきて、賢くなるか・ならないか、バカになるか・ならないか、それが問題だ・・・チャオ・・・

[PR]
by h-hatano-paris | 2016-04-23 07:14 | Trackback | Comments(0)

HAPPY BIRTHDAY ! Elizabeth Ⅱ, 90 ans 、ハッピー・バースディ、エリザベス・ドゥ、カトル-ヴァン-ディゾン、4X20+10=90、エリザベス二世の90歳のお誕生日

日没が夜の八時過ぎになったフランス、春の夜空には月天子・満月がコウコウと輝いている、ニュイ・エトワーレ、星月夜の春・・・昨夜のフレンチTVニュースのトップはドーバー海峡の向こうの島国・ブリテン島のエリザベス女王・エリザベス二世の90歳のハッピー・バースデーばかりなりと、アメリカン・ポップ・ロック歌手のプリンスが57歳で急死したニュース・・・フランス社会は、エタ・ド'ウルジャンス、国家非常事態の二ヶ月延長でなにか重苦しい感じになる、フランス人は東洋アジアの日本人のようにそれで自粛はしないけれども100%心はハッピーにはなれない、フランス人のテオリ―・考え方はテロ対策で国家非常事態宣言をしてポリスや軍隊が国民のセキュリテ・身の安全をコントロールしてますよという非常事態パフォーマンス・・・しかし、クール・冷静な目で見ると、国家非常事態は国家異常事態、それも七カ月間も続くとは、アラ・マッチャンデベソの宙返りー、フランスはフォーエバー・永遠に国家非常事態をするしかない・・・ブリテン島のサ・マジスティ、女王陛下、エリザベス二世の誕生日にアングロサクソンたちが喜んでユニ・ひとつになる、なれることにフランス人はうらやましい、フランスには国家的なシンボルがない、十八世紀のフランス大革命で王族や貴族の首をギロチネ・ギロチンではねてしまったから・・・東洋アジアの島国・日本に日本の国のシンボル・象徴が残っているのは世界から見るとうらやましいこと、好き・嫌いは抜きにして一つの国にはシンボルがないと大変な時にまとまらない、心がユニ・ひとつにならない・・・何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・フランスは第五共和国大統領のファーストレディもいない、誰も変だとは言わない、フランスはおかしな国になってしまった・・・
a0342405_04572820.jpg
パリ南郊外のパリ行郊外線駅のそばに、このようなテントが毎日、登場して・・・
a0342405_04575000.jpg
季節の果物や野菜を売っている・・・スペイン産のイチゴやメロンが登場するフランスの春・・・
a0342405_04195231.jpg
北アフリカ・マグレブ諸国の中のアルジェリアからの出稼ぎのおっちゃんたち・・・向かって右のおっちゃんがムッサ、左りのおっちゃんがユセフと言う名前・・・チープ・安い価格で果物や野菜を売っている、右のおっちゃんムッサが日本語のこんにちはーを知っている、ワタシの顔を見るとこんにちはーと大声でよびかける、フランスで稼いでアルジェリアの家族に仕送りをする・・・なにか、東京の夜のメトロ・地下鉄工事の東北地方からの出稼ぎのおっちゃんたちみたいだ・・・ワタシはこういう人間が好きだ・・・ヴァンドルディ・金曜日のお昼過ぎになると近くのモスケ・イスラーム寺院で聖なる金曜日のお祈りがあるので何時間かいなくなる、その間の店番は駅の掃除のおばちゃんたちが交代でやっている、もちつもたれつ・人間の相互関係・・・これもフランスなうの現実・・・
a0342405_05131359.jpg
フランス人の友人の父親・ジェイが描いた花の絵・・・ジェイもエリザベス女王と同じ90歳、若い時はニューヨークの国連で働いていた、国連の仕事で戦後の日本を訪れたことがある・・・地中海のイビサ島のそばにあるフォルメンテーラ島に別荘を持っていた、毎年・夏の季節に家族でその島にバカンスに行った、ウチのサマジスティ・女王陛下もさそわれて何回かその島に行った、その地中海の島でジェイが描いた花の絵・・・シロウトの絵だけれども、ワタシはこういう絵が好きだ・・・フレンチFMラジオでは、プリンス特集ミュージックで、Purple Rain Prince AVI - YouTube 、プリンスの不滅のロック、パープル・レインが聴こえてくる・・・チャオ・・・
[PR]
by h-hatano-paris | 2016-04-22 05:28 | Trackback | Comments(0)

Ētat d'urgence prolongē 、エタ・ド'ウルジャンス・プロロンジェ、フランスの国家非常事態のさらに二ヶ月の延長・・・

昨年のパリの無差別殺害テロ11月13日アプレ・以後から始まったフランスの五カ月間の国家非常事態は今年の5月26日に解除される・終わる予定だったのが、さらに、ドゥ・モア、二ヶ月間プロロンジェ・延長して7月28日までとなる、この日にツール・ド・フランスがパリのシャンゼリゼ大通りに凱旋する・・・理由は、六月からフランス各地のスタジアムで行われるユーロ・フット、ヨーロッパ・サッカー選手権のフランス大会とツール・ド・フランス、自転車競技レースのために・・・なんじゃらホイのフランス、国家非常事態が七カ月なんて、前代未聞のフランスのハラホロヒレハレ・・・フランス・パリは新たなテロに狙われている・・・アンチ・国家非常事態のフランス人もいる・・・その結果、今年の学年末の小学校で行われるケルメス祭・子供たちが合唱やダンスやお芝居をする学年末の行事が中止となる、イスラーム過激派集団によるテロ攻撃に狙われるかもしれないから、イスラーム過激派集団によるジハード・聖戦のターゲット ? 親たちは笑っている・・・なんじゃらホイのフランス教育・・・国家非常事態の期間は、裁判所の判事の逮捕状がなくてもポリスが怪しいと思った人間を逮捕・拘束できる、電話の盗聴も合法的にできる、個人の銀行口座も平気で調べられる、強制的に身分証・パスポート&滞在証明カードのコントロールや持ち物検査も徹底的にできる、これでは軍事独裁国家のフランス、ロシアのプーチンの上をいく、それをフランス・ソシアリスト、社会党政権がやっているとは、恐れ入り谷の鬼子母神・おそれいりやのきしぼじんというものだ・・・これで、ますます、世界からのツーリスト・観光客はフランス・パリにやって来ない・・・
a0342405_04180588.jpg
フランス・サンディカ、労働組合が作ったポスター・・・ストップ・ア・ラ・ヴィオロンス、警察による暴力をストップ・・・デモ行進をすると組合員とポリス・機動隊がもみ合いになる、すると、機動隊が催涙ガス弾をうち寄ってたかって警棒で組合員をひっぱたき検挙する、警察のヴィオロンス・暴力へのストップ・・・フランスは警察国家のようでもある、盗聴もあるし、何でもする・・・警察・ポリスかマフィア・暴力団かわからない・・・ポリスはオール・全てが極右翼人間だというフランス人もいる・・・ヨケイナおまけ、フランスではポリスのことをプレ・鶏、ニワトリという、チキンのこと、それは十八世紀のフランス革命後のパリの街のポリス・警視庁のそばに鶏のマルシェ・市場があったから、それで警察官・ポリスをプレ・ニワトリという、英語のチキンの意味、チキンとは弱虫のこと・・・も多分にあるかも・・・
a0342405_04214989.jpg
コーフンしてしまったので、アドレナリンをイート・食の方へと・・・ア・ラ・メゾン、自家製、フランス語なうの表現ではフェ・メゾン、おウチで作る・・・ギョウザちゃん・・・豚ひき肉と白菜とショウガが具に入っている、白菜はフレンチ・スーパーマーケットで売っている、ダイエットの野菜食材として・・・ギョウザの皮はオペラ大通りのメトロ・地下鉄ピラミッド駅から近い韓国食品店の冷凍ギョウザの皮・・・
a0342405_04220461.jpg
これがおフランスのパリでイートする・食べるギョウザちゃん・・・もう、これで日本の中華食堂だったら、餃子定食いっちょあがりーなのだが・・・アニマル・ハタノとかバーバリアン・ハタノといわれているワタクシは・・・さらに追撃の手をゆるめずに・・・
a0342405_04245638.jpg
こんなもんもパリでは売っているのだー・・・白菜キムチのもうすでに切ってあるやつ・・・
a0342405_04251196.jpg
韓国食品店でしか売っていない豚三枚肉の薄切り・・・キムチ+豚バラ肉イコール・・・
a0342405_04253346.jpg

真っ赤に燃えたー、太陽だからーと演歌の女王・美空ひばりが歌った ? 歌わない豚キムチ鍋・・・さらにさらに白菜と長ネギとお豆腐とチクワとタマゴも突入する、ウドンも入れる、最後に小ネギをちらす・・・フランスのパリのお昼ご飯にザ・豚キムチ鍋をイートする、アートはしないけれども・・・なにか、おビールでもあった方がよろしいなー、そうどすなあーと関西弁が出てくる・・・
a0342405_04271779.jpg
ヌーボー・新製品ビール・・・グリンベルゲン・ビールのエリクサー、エリクサーとは飲めば不老不死になるという飲みもの・・・三つのモルツがマリアージュ・合体していると宣伝文句にはある・・・フランスの国家非常事態延長の中、ギョウザを作って食べ、豚キムチ鍋を作っては食べ、お昼だからビールは飲まない・飲めない・・・宣伝ポスターでがまんする・・・フレンチFMラジオで毎日流れているミュージックから、Wiz Khalifa - See You Again ft. Carlie Puth [Official Video] - YouTube 、九州・熊本の大地震で亡くなった人々、そして、南米エクアドルの大地震で亡くなった人々へのオマージュ・追悼・・・チャオ・・・
[PR]
by h-hatano-paris | 2016-04-21 05:39 | Trackback | Comments(0)