人気ブログランキング |

波多野均つれづれアート・パート2

hatanohito.exblog.jp
ブログトップ

フランスの今日は、BAC・バック、Baccalauréat・バカロレア、高校卒業資格&大学入学資格の試験、フィロ・哲学の論文形式の試験から始まる・・・

いよいよというか、高校・三年生にとっての最大のストレスである、BAC・バックとよばれる、Baccalauréat・バカロレア、高校卒業資格&大学入学資格の試験がフランス全国で行われる、参加者の年齢は高校三年生を中心に11歳から77歳までの74万3000人の受験生が全国にいる、去年の2018年の合格者は88,3%・・・普通に高校生レベルの勉強をしていたら誰でもが合格する、不合格になっても二次試験の追試があるから、みんなひっかかるようになっている・・・その時に、会場の高校の教師がグレーブ・ストライキをするところもある、フランス式のやってダメもと・言ってダメもとの給料値上げのストライキ、バカロレアの試験会場の担当・そして、試験の答案の添削をするから、もっと、お金をおくれー・・・学校の教師がアンコワイヤーブル・信じられなーいことを平気で言い、平気で実行する・・・学校の教師の意識が国営企業のサンディカ・労働組合のようになると、その国は停滞し、滅ぶ・・・教育改革は、まず、教師の意識革命から、何を言わんとしているのかおわかりになりぬれろ・・・この間、フレンチTVニュースを見ていたら、"Dark Web"ダーク・ウェブ、闇のウェブという言葉が登場した、インターネット情報の中のさまざまなアンチ・ソシアル、反社会的なもの、テロ関係とか・幼児愛とか・拳銃の売買とか・ドロッグ、麻薬・覚せい剤の売買とかの裏ネット情報・・・これにアクセスする、ハマってしまうと人間はとんでもないことになる、それをコントロール・規制しょうとする内容のニュースだった・・・ネット世界はさまざまな光りと影の情報がタレ流しになっている、それにハマってしまうと・・・日本の童謡の「どんぐりころころどんぐりこ、お池にはまって、さあ、大変」になってしまう・・・何を言わんとしているのかおわかりになりぬれろ・・・
a0342405_05083482.jpg
ちょっと視覚的にアブナイ・アートから、バルテュス作「佳き日々、フランス語の題は、Les Beaux Jours」1945-46年、カンヴァス・油彩、148X199cm、アメリカ・ワシントン D.C. のハーシュホーン美術館のコレクション・・・未成年の女の子が胸をはだけて長椅子に寝そべり足を広げている、よこしまな心で見ると、これは、ポルノ・アートかとウーマンリブの女性たちから喧々囂々・けんけんごうごうの批判の声が出る・・・バルテュスの絵はこういうテーマの絵が多い、観るものをドギマギさせる妄想的なアート・・・六月のフレンチFMラジオから、三年前・2016年の四月に亡くなったプリンスの作曲・作詞の未編集だった曲がカミングスーン・近々に新アルバムで発売される、Prince - Nothing Compares 2U (Official Music Video) - YouTube 、世界的にヒットしたのは、Sinéad O'Connor - Nothing Compares 2U [Official Music Video] - YouTube 、こっちの方がよく知られている 、昨夜は東の空に春の終わりの大きな🌕満月が出ていた、今週の金曜日から夏の季節が始まる・・・チャオ・・・
# by h-hatano-paris | 2019-06-17 05:11 | Trackback | Comments(0)

今日の日曜日のフランスは、Fête des Pères、フェット・デ・ペール、父の日のお祭り・・・父がいる人も、いない人も父の日をお祝いする・レスペクト・リスペクトする日・・・

毎年やってくる父の日は、母の日と比べると、どうも、影が薄いというか、盛り上がりに欠けるというか、父親に対するラ・ムール、愛情が足りないんじゃなーい・・・我々の年齢になると父親はすでに宇宙の彼方に飛んで行ってしまい、父親のことを思う日・思い出す日になる・・・人それぞれではありますが、プチ・ちょっとでも父親のことを思い出して、シル・ブ・プレー、お願いしますだー・・・ティヤン・ティヤン、さてさて、フランスのパリ話題は、その① セーヌ河をクルーズする、Les Bateaux-Mouches ont 70 ans、大型観光船が70周年、バリ観光をすると、必ず、このセーヌ河を行き来する観光船に乗る、5社の観光船があり、50隻の観光船がパリのセーヌ河を走っているのだとか・・・その② Le Journal Télévisé a 70 ans、フランス・テレビ放送が始まって70周年、テレビ放送が始まった時はフランスの人口の1%しかテレビを持っていなかった、みんな街頭テレビを見ていた、テレビがある家庭はお金持ちの家だった、それが、それが、今ではみんながテレビを持つことができる時代になった、そして、テレビを見ることのない時代になった、インターネットからの情報を見る時代になった・・・その③、パリとパリ近郊・郊外のイル・ド・フランス地方の交通網・郊外線とパリ市内のメトロ・地下鉄とバスに、Navigo Easy、ナビゴ・イージーという観光客用の電子ICカードパスが登場する、日本の東京の Suica・スイカのように、ロンドンの Oyster Card、オイスター・カードのように料金チャージできるようになる、だんだん、乗車券の紙の切符をなくす方向、2024年のパリ・オリンピックに向けてフランスは大きく変化しようとしている・・・
a0342405_06192617.jpg
今や近くのスーパーマーケットで買えるようになった、ポワラーヌのパン・カンパーニュ、田舎パン・・・これが私のプチ・デジュネ、朝食用のパン、トーストしてバターをぬる、週末にフランス人たちを食事によんだときはこのパンを用意する、食事のしめくくりのフロマージュ・チーズを食べる時にこの田舎パンが必要になる・・・
a0342405_06250975.jpg
フレンチ式の食事テーブル・セッティング・・・シャンパン・グラスと炭酸水のグラスと白ワイン・グラス、テーブルにはないけれども、これに大きな赤ワイン・グラスがつく・・・人を招待して共に食事をすることは、非日常性のことだから、なるべく、豪華な雰囲気にする、音楽も軽快なジャズを流したり・・・
a0342405_06153943.jpg
これはメイン料理の海鮮が入ったパイ皮包み・・・白身の魚・エビ・ホタテ貝・シャンピニオン、キノコなどなどが入っている、切り分けてバターでモンテした、コクをつけたエビの頭のみそからのエビ風味のクリームソースをかけて食べる・・・このレシピ・料理方法・作り方は、ポール・ボギューズのスズキのパイ皮包みからヒントを得て作ったもの、イメージから想像する・アートする心とはそういうもの・・・
a0342405_06525692.jpg
ハタノ作「南仏、エクサンプロバンスのサンビクトワール・勝利の山に続く道」カンヴァス・油彩、73X60cm・・・セザンヌが描いたサンビクトワール・勝利の山を描く、地元の人のクルマでここに連れてきてもらってスケッチをする、南仏の午後のソレイユ・太陽の光りのなかで、全てが輝いていた・・・自分自身も輝いていたいと思った、昨夜は東南の空に大きな満月がぽっかりと出ていた・・・六月のフレンチFMラジオから、The Midnight - Los Angeles - YouTube 、この歌についたビデオ・クリップがいい、アメリカン・シネマの La La Land、ラ・ラ・ランドから・・・ボン・ディモンシュ、よき日曜日の父の日であれと祈る、人生を生きることとは思い出を作ること、生きている間に数多くの忘れ得ぬ美しい思い出を作ること・・・チャオ・・・
# by h-hatano-paris | 2019-06-16 04:41 | Trackback | Comments(0)

六月のフランス各地で、Une Épidémie de Varicelle、感染症の水疱瘡・みずぼうそうが大流行中・・・

ナポレオンが生まれた地中海に浮かぶ島、Corse・コルシカ島で、昨日の日中最高気温は40,1℃になる、息ができない、学校は休校になる、北アフリカのサハラ砂漠からの熱風・熱気流がコルシカ島を襲う、その影響でコルシカの山岳地帯や南フランスの内陸地帯で山火事が発生する、デジャ・もう、暑うおます・・・地球温暖化は確実にやってくる、早く手を打たないとトンデモない結果になる・・・さてさて、六月になってフランス各地で、Une Épidémie de Varicelle、感染症の水疱瘡・みずぼうそうが大流行する、ベベ・赤ちゃんから五歳までの子供たちが感染症の水疱瘡にかかっている、ロワール地方やパリとパリ近郊・郊外のイル・ド・フランス地方、東フランスがルージュ・赤ゾーンになる、風邪のような空気感染だからくしゃみや手によって感染する、うがいと手洗いのススメ・・・症状が重くなると呼吸困難で死ぬこともある・・・今年の初めは麻疹・はしかが大流行した、なにか、おかしいのとちゃいまっかー・・・自然のリズムがおかしくなると、そこに住む人間もおかしくなる、何を言わんとしているのかおわかりになりぬれろ・・・そうそう、アメリカの元大統領のオバマ夫婦と二人の娘たち・ファミリーがフランス南部のアビニョンの近辺で一週間のバカンスをすごすと話題になる、大きな庭園と九つの部屋とプール・テニス場付きの地方のヴィラ・大きな館で一週間で5万5000ユーロ・約680万円もする、それに秘書たちやガルド・警備員たちの宿泊施設も入れるとオ・ラ・ラーになる、昨夜、ジェット・プリヴェ、小型個人ジェット機で地元の飛行場に到着した・・・アビニョンはフランスの田舎料理のカスレの本場、白いんげん豆と豚のソーセージやらカモ肉のコンフィの煮込み、お腹がいっぱいになるどころの騒ぎではない、食べすぎると気持ちが悪くなる、ドイツにも天国と地獄とよばれている白いんげん豆と豚ソーセージの煮込みがある、最初は天国にいるようでおいしく食べられるけれども、食べても食べてもなくならないので地獄にいるような気分になる、だから、天国と地獄・・・
a0342405_05033273.jpg
パリの街のワイン・バー&レストランの入り口には、ソー・大バケツに英国王室ご用達のシャンパン、ローラン・ペリエが冷やしてある・・・シャンパンを飲むときの心得は、乾杯のためのグラス一杯でやめておくこと、酔っぱらってしまうから、つまみを必ず、食べること・・・女の子にはあまりススメナイこと、酔っぱらっちゃう・・・シャンパンは冷やして飲むこと・・・シャンパンを飲むときのおススメおつまみは海塩をふったポンム・ド・フリッツ、フレンチポテト、細切りの揚げたジャガイモがいいのだと、お年寄りのソムリエは言う、その心は飽きがこない、飽きないから、フレンチポテトにマヨネーズはベルギー風、フレンチポテトにケチャップはアメリカン・マクド風、フレンチポテトにムタール・マスタード・洋がらしはフランスの長距離トラックのおっちゃんたち風・・・
a0342405_05201711.jpg
フランス人の好きなプラム・スモモのタルト・・・砂糖煮にしてジャムもおいしい・・・六月の週末に、プラム・スモモの親戚のアプリコ・アプリコットのクラフティを作るつもり・・・
a0342405_06031598.jpg
パリを描いたフレンチ・アートから、マルケ作「雨降る日のパリの街」1910年、カンヴァス・油彩、81X65cm、ロシアのサンクトペテルブルグ、エルミタージュ美術館のコレクション・・・アジアの島国・日本は梅雨に入ったようでありますが、フランスのパリには雨降りの日はあるけれども梅雨がおまへん・・・この絵の中のセーヌ河の中州・シテ島にあるノートルダム大聖堂、今年の三月に大火事になって早・はや、二か月を過ぎる、火事の原因はいまだにわかんなーい状態、誰も責任をとりたくないから、パリのノートルダムのミステリー・・・今日の夕方の六時から大火事が起きてから初めてのMesse・メッス・ミサが行われる、安全のためにヘルメットをつけてのミサ・礼拝をする・・・六月の週末のフレンチFMラジオから、Lana Del Rey - Love (Official Music Video) - YouTube 、人類愛・人間愛の足らない地球プラネット、何を言わんとしているのかおわかりになりぬれろ・・・ボン・サムディ、六月の週末のよき土曜日であれと祈る、勇気を持って生きること、強い生命力を持って生きること・・・秋から冬季節用の窓のカーテンをはずし、夏用の薄い透けたカーテンに取りかえる・・・今日も31回目のジレ・ジョーヌ、黄色いベストの市民抗議デモがフランス南西部の町・トゥルーズに結集で行われる、いまだ懲りない永遠に不平不満の連中・・・土曜日の朝の10時すぎ、今からアプリコ・アプリコットのクラフティを作る、お天気はいい・・・チャオ・・・
# by h-hatano-paris | 2019-06-15 05:34 | Trackback | Comments(0)

FAST-FOOD、ファースト-フード食文化からくる、OBÉSITÉ・オベシィテ、肥満なうの世界・・・その対策に、手術して胃を小さくする・・・

昨夜のゴールデンタイム・八時のフレンチ国営放送TVニュースの中に、中東・ホルムズ海峡の日本とノルウェーの石油タンカーが攻撃されたミステリーの原因は、イランとサウジアラビアの関係の悪化からだと、歯の奥にものがはさまったような報道をする、アメリカはイランの攻撃だと、イランはアメリカよりのサウジアラビアの攻撃だと・・・わけがわからないニュースになる・・・頭がボーとしている時差ボケに、司馬遼太郎・著作の「「昭和」という国家」の本を読んでいたら、その中に・・・軍は(軍隊は)いわば国家の用心棒なのです。用心棒がどんな思想を持っていても用心棒であることに努めているぶんにはいい。ところが、用心棒が主人になってしまい、用心棒の持っている思想で国家を統一してしまうと、とんでもないことになる・・・これは昭和時代の戦前から戦中にかけての日本の軍国主義のことを言っているものですが、アメリカでもイランでもサウジアラビアでもその国の軍隊が独走してしまうと新たな戦争をすることになる・第三次世界大戦が起こる危機になってしまう・・・何を言わんとしているのかおわかりになりぬれろ・・・フレンチなうの食文化の光りと影のニュースに、FAST-FOOD、ファースト・フードの食文化からくる、OBÉSITÉ・オベシィテ、肥満の対策にダイエットでは結果が出ない人々に、手術をして胃を切って小さくする・・・人間の脳というものは、身体的に胃がいっぱいになっても食べ続けるということがあると、例えば、アルコールを飲んで身体は酔っ払っていても脳はさらにアルコールを飲むように指令する・・・ほんじゃあ、どうすればいいのか・・・手術をして胃を小さくする、ワタシの知っているフランス人の壮年がこの手術をした結果、性格が変わってしまった・・・おもしろくない男になってしまった、何事もほどほどにした方がいい、極端から極端にの結果は最悪になる・・・アメリカとイランの関係みたいになる・・・
a0342405_05071884.jpg
パリのブランジェリー・パン屋のショーウインドーに、マカロン・ピラミッドがボンジュール・こんにちはー・・・マカロンは世界制覇をしたフランスのお菓子、今ではスーパーマーケットのお菓子コーナーでもマカロンがある・・・
a0342405_06393925.jpg
パリのサロン・ド・テのバニラアイスはこんな感じでサービスされる・・・上に、ちょろっと見えるのはタルトタタン・リンゴの砂糖煮をひっくり返したケーキ・・・
a0342405_06311602.jpg
クレーム・シャンティイと一緒にサービスされるタルトタタン、カフェはパリ風のEspresso・エスプレッソ、アメリカン・コーヒーと比べるとカフェの濃度が濃い・・・日本の首都圏にある餃子の王将や日高屋のラーメンもいいけれども、パリ風のタルトタタンもいい・・・エスプレッソの横にあるのは、トリュフ・オゥ・ショコラ、ショコラ・トリュフ、これはこのお店のサービス、エスプレッソを注文するとサービスで登場する、これがパリ風のお・も・て・な・し・・・
a0342405_05091031.jpg
イスラームをテーマにしたアート、ハタノ作「イスラームの三人の娘たち」カンヴァス・油彩、41X33cm、地球プラネットにはさまざまな人々が住んでいる、数多の・あまたの人々が住んでいる、お互いがお互いをリスペクトし、共存共栄しなければ地球の明日・平和はない、何を言わんとしているのかおわかりになりぬれろ・・・ビデオ・クリップがビジュアル・視覚的にアートなミュージック、Of Monsters and Men - Alligator (Lyric Video) - YouTube ・・・チャオ・・・

# by h-hatano-paris | 2019-06-14 05:48 | Trackback | Comments(0)

フランス語の文章の ORTHOGRAPHE・オルトグラフ、綴り・つづり、スペルにプチ間違いがあるフランス人が多いなう・・・ビジネスの手紙・書簡・報告書にスペルのプチ間違いが多い・・・

六月も早・はや半ばになろうとしているのに、パリとパリ近郊・郊外の日中最高気温は18℃前後、朝晩はコートと首巻・ストールが必要になる・・・ところがパリよりも緯度が北のポーランド各地では日中の最高気温が30℃から34℃になっていると、おかしいのとちゃいまっかー・・・六月のフランス各地の日没タイムは夜の十時前なので、夕食後も外は明るい、なんとも変な感じになる、日本から帰仏して一週間が過ぎたのに日仏七時間の時差は続いている、夕方になると猛烈に睡魔がおそってくる、テレビをつけたまんまでソファで寝ていることもある、昨日はパリのオペラ座の裏あたりに用事があったので朝から出かける、用事をすまし、ウチのサマジスティ・女王陛下が朝食用に食べるAKiの日本式食パンを買いにパリ1区のサンタン通りに行く、執事のワタシはポワラーヌのパン・カンパーニュ、田舎パンを食べるので朝食用に二種類のパンが必要なのだった、このサンタン通りは、カルチエ・ジャポネ、日本人街と言われるほどに日本の食べもの屋が多い、ラーメン・うどん・日本食の定食などなど、この辺りは日本食の食材・食品のお店や韓国の食材・食品のお店もあるので、豆腐や白菜やニラや冷凍納豆や冷凍ギョウザなんかを買う、日本や韓国のお米もここで買う・・・さてさて、夏のバカンスまであと何日になるのかとカウントダウンをしているフランス人、仕事のストレスを感じている勤労フランス人が二人にひとりなのだと、アンチ・ストレスの解消に女子を中心にヨガが流行している・はやっている・・・その仕事のストレスとは、ビジネス用の手紙・報告書のフランス語の文章の ORTHOGRAPHE・オルトグラフ、綴り・つづり、スペルにプチ間違いが多いのだと、単語の最後のSが抜けていたり、アクセント記号がなかったり・・・わかればいいじゃーんではないのであった・・・そこで、そのビジネス用の手紙や報告書を添削・てんさくする新しい商売・ビジネスが出現する、ネットで添削・てんさくする、まともなフランス語の文章が書けないフランス人が多い、フレンチTV③チャンネルではフランス語の書きとり、フランス語の文章を聞いて正しいフランス語を書く番組がリバイバル・復活する・・・書き取りテスト、スマホのSNSのせいでまともなフランス語が書けないフランス人のために・・・
a0342405_06585154.jpg
フランスのパン・カンパーニュ、田舎パンと、パン・オゥ・セレアル、穀物・ライ麦入りパン・・・このパンは日持ちするので、食する前に軽くトーストするとおいしい・・・噛めば噛むほどパン本来の味がする・・・
a0342405_06171187.jpg
田舎の食卓テーブルの上にはパンを置く、パンを見せるのが習慣、これはウチではパンを満足に食べることができまっせーという意味らしい、これをパンのギザギザナイフで切り分けるのが男子の仕事、肉を切り分けるのも男子の仕事、ワインを食卓テーブルの上に置くのもフランスの田舎の伝統と習慣・・・六月の食事の始まりはムロン・メロンを食べる、それに生ハムをつけて一緒に食べる・・・
a0342405_05243443.jpg
パリの街を描いた日本人絵描きから、フジタ作「パリ・モンパルナスのエドガー・キネの風景」カンヴァス・油彩、戦前のパリはこんな感じだった、のんびりとしていた・・・新着ミュージックから、Halsey - 'Without Me' | Live at Capital's Summertime Ball 2019 - YouTube ・・・昨夜のフランス・タイム九時・南仏ニースからのワールドカップ女子サッカーのフランス VS ノルウェーは、2対1でかろうじてフランスが逃げきる、オール・フランス人がメム・トン、同時にストレスを感じていた、よかった・よかった、南の夜空に大きな🌓半月が浮かんでいた・・・チャオ・・・
# by h-hatano-paris | 2019-06-13 05:38 | Trackback | Comments(0)