波多野均つれづれアート・パート2

hatanohito.exblog.jp
ブログトップ

2018年 09月 01日 ( 1 )

大西洋・海の向こうの新大陸アメリカでは、ARETHA FRANKLIN:LE DERNIER ADIEU、アレサ・フランクリンのル・デルニエ・アデュー、最後の決別・永遠のお別れ、さようなら・・・

今日から九月が始まるフランスは、夏バカンスの最後の最後のウィークエンド・週末、来週のランディ・月曜日から新学年・新学期が始まる(日本の春の四月のようなもの)・・・学校の教師が長い夏休みでボーとしているとか、エンジンがかかるのに時間がかかる、これを毎年・レぺテ、くり返しているのでありますから、フランス人は永遠にフランス人、この改革をしょうとすると21世紀のフランス革命になる・・・フランス第五共和国の大統領マクロンの国民支持率がマイナス5%も下がって34%に、首相のエドゥアール・フィリップの国民支持率もマイナス5%も下がって38%になる、新しい年の始まりがこんな国民支持率でいいのかーってなもの、フランスの労働組合CGTは早くも10月9日にフランス全国で大規模なグレーヴ・ストライキを決行すると発表する、またまた、交通機関がパラリゼ・マヒ状態になる・・・フランスはジャメ・シャンジェ、決して変わらない・永遠に変わらない・・・ダンナー、九月からコーフンしてまっせー・・・フレンチ・シネマの大俳優ジェラール・ドパルデューが若い女優志望の女性にセクハラをしたと、メディアが大興奮している・・・さてさて、そんなことよりも、大西洋の海の向こうの新大陸アメリカでは、アレサ・フランクリンの最後の別れのセレモニーで盛り上がっているとか、ひとりの人間が亡くなって悲しむよりも生きているものが盛り上がった方に価値がある、これは炎上しそうだけれども、何を言わんとしているのかおわかりになりぬれろ・・・
a0342405_06063830.jpg
Balthus・バルテュス作「窓辺の若い娘」1957年、カンヴァス・油彩、160X162cm、アメリカ・ニューヨークのメトロポリタン美術館のコレクション・・・バルテュスの絵はセクハラぎりぎりのアート、見るものをドッキリさせる、この絵はそうでもないが、少女をテーマにした絵は#MeToo運動から告発されている・・・アメリカン・シネマ、昨日から九日間に渡るアメリカ映画祭がノルマンディー地方の避暑地ドーヴィルで始まった、映画監督のウディ・アレンは身内からのセクハラ告発のために、もう、二度と、映画は作らないと発表した・・・夏の終わりの新着ミュージックから、LSD - Thunderclouds (Official Video) ft. Sia, Diplo, Labrinth - YouTube 、シーアが歌う、サンダークラウド・雷雲、かみなりぐも・・・チャオ・・・
[PR]
by h-hatano-paris | 2018-09-01 04:45 | Trackback | Comments(0)