人気ブログランキング |

波多野均つれづれアート・パート2

hatanohito.exblog.jp
ブログトップ

2018年 02月 10日 ( 1 )

DEUX CORÉES、ドゥ・コレ、東アジアの朝鮮半島の二つの南の国と北の国、LA J.O-POLITIQUE、ラ・ジ・オ-ポリティック、お互いがお互いにオリンピックの政治的利用・・・

火曜日のわずか12cmの雪降りつもるの次の日・水曜日から土曜日までの四日間、パリとパリ近郊・郊外の小学校・中学校・高校は臨時休校になる、明日の日曜日も入れると突然の二月の雪降りつもるの五連休に子供たちはヤッホー状態になる・・・そんな中でのフランス時間の金曜日のお昼・正午から、フレンチ・TV国営放送②チャンネルで東アジアの朝鮮半島の韓国・平昌・ピョンチャンで冬季オリンピックの開会セレモニーの同時中継があった・・・それには、朝鮮半島の二つのコレ・朝鮮、南の大韓民国・韓国と北の朝鮮民主主義共和国・北朝鮮らの選手による合同行進、ひとつの朝鮮半島にの演出・・・どちらがひとつの朝鮮になるのかと、南の国・韓国が朝鮮半島をひとつにするのか、それとも、北の国・金 正恩、キム・ジョンウンの北朝鮮が朝鮮半島をひとつに統一するのか・・・オリンピックが朝鮮半島の政治的な駆け引きに利用されている・・・
a0342405_06130216.jpg
フレンチ・ジョナール、リベラシオン・中道左派の新聞には、KIM JONG-UN、キム・ジョンウン、LE MAÎTRE DES JEUX、ル・メートル・デ・ジュ、金 正恩がオリンピックの主人・・・と、ヨーロッパ市民・西洋世界は見ている・・・この写真はフランス人の大好きな「表現の自由」のカリカチュア・風刺のモンタージュ・合成写真・・・こんなことで驚かないように、フランスの表現の自由は何でもやっちゃう・・・リベラシオンとは解放する、自由になるの意味、束縛からの解放・自由・・・
a0342405_06251900.jpg
北朝鮮のキム・ジョンウン、金 正恩の代理として冬季オリンピックに出席した、金・キムファミリーの妹のキム・ヨジュン、金 与正に韓国の大統領夫婦が握手する・・・どちらがオリンピック開催国の主人なのかわからない・・・ひとつの朝鮮半島のオリンピック利用の演出は、吉とでるのか・凶とでるのか、良いか否・いなか・・・スポーツにポリティック・政治的駆け引きは必要なのか、政治的なドーピング ? ・・・
a0342405_06454926.jpg
北朝鮮の女性たちによる芸術団は、フレンチ・メディアではキム・ジョンウンの、Pom-Pom Girls、ポン-ポン・ガールズとよばれている・・・オリンピックはスポーツ・パフォーマンスをする場なのか、それとも、ポリティック・政治パフォーマンスをする場なのか・・・韓国料理のビビンバのように、ひとつの器・うつわの中に何もかもがごちゃごちゃに混ざっている、それが美味しいのか、美味しくないのかは人それぞれの味覚による・・・ヨーロッパのフランスから見るとそう思われてもしかたがない・・・
a0342405_06572723.jpg
お口直しに・・・雪降りつもるの午後のおやつにクレープを焼いてみた・・・バターをクレープ焼き専用の平たいフライパンに入れて焼く、生地を薄くするのがコツ、生地が厚いとパンケーキになる・・・
a0342405_07031144.jpg
大皿に焼いたばかりの熱い熱いクレープを置いて、ショコラ・チョコレートペーストで食べる冬の日の午後のフランス、ラ・ヴィ・コティディアン、日常生活・・・
a0342405_07072745.jpg
このように適当にショコラ・チョコレートをつけた方がおいしい、クレープは貧しかったブルターニュ地方の田舎の食べ物だからゴージャス・豪華ではない、ブルトン・ブルターニュの人間はクレープを四枚も五枚も一度に食べる、ブルターニュ出身のカップルに夕食をよばれたらクレープが何枚も、何十枚も焼かれて重ねてあった、それをシードル・リンゴ酒🍎と一緒に食べる、そして、食後はみんなで両手・指をつなぎ大きな輪になってブルターニュのダンスをする、このダンスが永遠に続く、ブルターニュはケルト文化・ケルト人の土地だから・・・
a0342405_07181986.jpg
雪降りつもるのアートから、モネ作「雪の日の赤い頭巾・ずきん」1869-70年、カンヴァス・油彩、99X79,8cm、アメリカ・オハイオ州、クリーヴランド美術館のコレクション・・・この赤い頭巾の女性はモネの奥さんだったカミーユ、モネが貧しい時に若くして亡くなった、窓の向こうに雪降る日に傘をさした赤い頭巾の女房・・・新着ミュージックから、Skylar Grey - Stand By Me (Official) - YouTube 、モネの気持ちはステン・バイ・ミーだった、ワタシのそばにいて・・・チャオ・・・プリュス・付けたし、今日のお昼はパリ五区に住む若いフランス人のカップルにお昼ご飯をよばれている、結婚はしていない、男性のジャン・ユイッグはオルリー空港の管制官、女性のマリオンはパリ市内の弁護士事務所で働いている弁護士、二人とも地方出身の三十代の若いカップル、フランス南西部のボルドーの手前、サントの町から大西洋の海に向かう途中にあるソージョンに住んでいるマリオンのママを知っていた、その娘のマリオンを高校生の時から知っている・・・今日のパリとパリ近郊・郊外は一日中・晴天、ちょっくらパリまで行ってこようー、二人の話しを聞きながら一緒に食事をしようー・・・

by h-hatano-paris | 2018-02-10 06:39 | Trackback | Comments(0)