波多野均つれづれアート・パート2

hatanohito.exblog.jp
ブログトップ

2017年 06月 18日 ( 1 )

今日は FÊTE DES PÈRES、フェット・デ・ペール、父の日なのか、それとも、アッサンブル・ナショナル、国民議会の議員を選ぶ決選投票日なのか、どっちやねんのフランス社会・・・

六月なのに真夏のような暑い日が続くフランス全国、これは CANICULE・カニキュール、猛暑だろーとフランス人のみんなが思っていたら、フレンチ・メテオ・お天気予報のマドモワゼル・お姉さんは、ノン・ノン・ノン、カニキュールではありませんと・・・じゃあ、なんやねん ? おっちゃんねー、カニキュール・猛暑、酷暑というのはね、夜になっても気温がダウン・下りないで寝苦しい夜が続くこと、つまり、昼間も夜も暑いこと・・・タ・コンプリー ? わかったー・・・わかったようで、わからない・・・とにかく、暑い、お昼ご飯を食べていると(-_-;)汗をかく、何を食べてるのかって、赤トウガラシとコチジャン入りのマーボー豆腐、それに、ショウガとニンニクをすりおろして、ハフハフ食べる・・・さてさて、今日は、いよいよ、ジャッジメント・デー、採決の日、国民議会の議員選抜の決選投票日、これでフランス政治の五年間の方向性が決まる・・・国民議会の議員数は577議席、エマニュエル・マクロン新大統領が率いる新党「共和国前進」は過半数をとることができるか、これが今日のメインエベント・・・今日のメインエベントは、Fête des Pères、フェット・デ・ペール、父の日ではなかったのー・・・フランスの父の日は、はるか遠く宇宙の彼方に飛んで行ってる・・・ココで一句、「六月の父の日に、国民議会選挙、どちらも無関心」多いに字余り・・・オソマツ、俳句にもなっていない・・・
a0342405_04380125.jpg
フレンチTVニュースから・・・総選挙・地方選挙の投票者が毎回、ダウンしているフランスの現実・・・誰がやっても同じ、政治不信・・・デモクラシー・民主主義のクリーズ・危機・・・ゴッド・神もブッダ・仏もアッラーの神も信じていない・・・
a0342405_04442478.jpg
しかし、アッサンブル・ナショナル、国民議会の女性議員の議席数は年ごとに増えている・・・けれども、半分にはほど遠い、まだまだ、マッチョ的な男議員が多いのが現実・・・フランスは男性のゲイ・ホモの議員も多い、そのうちに、ゲイ・ホモ党ができるかも・・・
a0342405_04524237.jpg
フランスの肉屋では、このように週末バーベQ用のお肉加工を売っている・・・串にさしたお肉とか、マリネした鶏のもも肉とか・・・これを炭火や鉄板で焼けば超カンターン・・・
a0342405_04571538.jpg
チョリソ風の辛い生ソーセージもマリネした豚肉も、なんでもありまっせー・・・アラブ系の肉屋で売っているメルゲーズ、羊の血入りソーセージなんかも人気、羊肉のケバブはフランスのファーストフードのひとつ・・・フランス人はミートイーター、お肉食べの民族ですから、ヴィヨンド・お肉がないと満足しない・・・
a0342405_05063212.jpg
そんなフランスの中で、大衆・庶民の中華料理の王道・マーボー豆腐を皿盛りにして食べる・・・アジア人はアジアを食べる・・・オランダのアムステルダム中央駅の近くにあるチャイナタウン・中華街で食べたマーボー豆腐はおいしかった、ベルギーのアントワープのチャイナタウン・中華街で食べたマーボー豆腐もおいしかった、大西洋の海の向こうのニューヨークのマンハッタン島のチャイナタウン・中華街で食べたマーボー豆腐もおいしかった・・・どこの国に行っても、その国々のチャイナタウン・中華街でマーボー豆腐を食べる・・・
a0342405_05150721.jpg
フランスのパリのオペラ大通りそばの日本食品店・京子で売ってるインスタントラーメン・・・街一番の中華そば、ウチのサ・マジスティ、女王陛下は関東・東京人間なので東京風ラーメンがいいらしい、彼女の世界では九州の脂ギトギト豚骨ラーメンはオゾマシイ食べものになっている、九州の原住民の熊襲・クマソが食べるものだと・・・そういうワケで・・・
a0342405_05225101.jpg
大盛りモヤシ乗っけの東京風インスタントラーメンを作る、ニラとワカメが入っている・・・ジャポネ・日本人は世界のどこでも必ずラーメンを食べる・・・ラーメンはただのラーメンにあらず、日本人の心を食べているのだった・・・ちょっと、変化球・・・おかしなおっちゃんになったかな・・・
a0342405_05294844.jpg
暑い日々が続いたので、近くのスーパーマーケットでグラース・アイスを買ってくる・・・バニラと赤い果物ソルベの棒アイス・・・三個入りで2ユーロちょっと、約250円ぐらい、この半分でいい、今度はミニ・棒アイスにしょう・・・
a0342405_05353522.jpg
フランスのアートから・・・Renoir・ルノワール作「バラ色のマロニエの花のある風景」1881年、カンヴァス・油彩、54,5X65,5cm、パリのオルセー美術館のコレクション・・・五月から六月にかけてマロニエの花が咲く季節、バラ色・ピンク色のマロニエの花もある・・・アメリカン懐かし60年代ミュージックから、Be My Baby - YouTube 、The Ronettes、ザ・ロネッツが歌うビー・マイ・ベイビーと Shout・シャウト・・・チャオ・・・プリュス・付け足し、今日も朝から太陽がギンギンの快晴のパリとパリ南郊外、日中最高気温は29℃、イベリア半島のスペインの南のある地方では、気温が45℃にもなったとかで灼熱地獄の六月、北アフリカのサハラ砂漠からの熱気流がヨーロッパ全域に上陸している、明日からは日中最高気温が30℃以上になる、フランス全国で家電の扇風機が飛ぶように売れに売れ、ストック・在庫があらへーん状態、チャイナ・中国から仕入れないといけんいけん状態、家庭冷房器も売れている、スーパーマーケットでは冷凍売り場のグラース・アイスクリームが飛ぶように売れている・・・ヨーロッパにはアジアの梅雨季節というものがないから、雨が降ってほしい、雨降りもいいものでございます・・・なんとも、おかしなフランスの六月・・・

[PR]
by h-hatano-paris | 2017-06-18 04:45 | Trackback | Comments(0)