波多野均つれづれアート・パート2

hatanohito.exblog.jp
ブログトップ

1562 jours、1562日も続いた1914年から始まったの第一次世界大戦は1918年11月11日の午前11時に終わった、それからのヨーロッパは・・・

1918年11月11日、第一次世界大戦のアルミスティス・休戦記念日から百年後のパリの街の凱旋門の下に世界72カ国からの国家元首・大統領が結集して多くの亡くなった連合軍の兵士たちと旧ドイツ帝国の兵士たちの追悼セレモニーを行った・・・戦争に勝ったものも戦争に負けたものも家族を失うという悲惨な目にあった、戦争はするものではない・・・フランス第五共和国大統領のマクロンは、Je ne suis pas un Nationaliste、ジュ・ヌ・スィ・パ・アン・ナショナリスト、私はナショナリスト・排他的な民族主義者、国粋主義者ではない、Je suis un Patriote、ジュ・スィ・アン・パトリオット、私は祖国を愛するもの・愛国者なのだと言った、この違いがわからないと、みんなナントカ嫌いの愛国主義になっておかしくなる、何を言わんとしているのかおわかりになりぬれろ・・・第一次世界大戦の時に、アフリカから80万のアフリカ人義勇兵士たちが参加した、70万人が前線で鉄砲の玉よけや毒ガスや地雷によって亡くなった、凱旋門の下の追悼セレモニーではアフリカのトーゴーからの女性歌手がアフリカンの歌を唄った・・・多くの名もない人々のサクレフィレ・犠牲のもとに今の世界がある・・・昨夜のフレンチ国営TV②チャンネルの九時からのスペシャル番組では、第一次世界大戦後からのヨーロッパはどうなったのかを放送していた、ナチ・ドイツのヒットラーの登場、第二次世界大戦の勃発、アメリカの参戦、太平洋戦争の結果、日本のヒロシマとナガサキに人類初の原子爆弾投下、アポカリプス・この世の終わり・・・戦争に勝者も敗者もない・・・世界不戦の誓いをすること、それが21世紀に生きる人類のミッション・使命だと思う、銀河系大宇宙の中に存在するひとつの美しい星・地球プラネットを愛しているならば・・・
a0342405_06092564.jpg
ゴッホから人類へのメッセージ、ゴッホ作「悲しむ老人」1890年、サン・レミにて、カンヴァス・油彩、81,8X65,5cm、オランダ・オッテルローのクレラー=ミュラー美術館のコレクション・・・人類の愚行に絶望する老人とみたい、何を言わんとしているのかおわかりになりぬれろ・・・昨日の凱旋門の下の追悼セレモニーからのアフリカの歌、ÉMOTION avec l'interprétation de Blewu par Angélique Kidjo - Centenaire de l'Armistice de 1918 - YouTube 、アフリカ大陸から出兵したアフリカ人の義勇兵士80万人のうち70万人が祖国から遠いフランスの戦場で亡くなったことへの追悼、フランスの栄光のために戦って亡くなった全ての兵士たちの魂・たましい、生命はこのアルク・ド・トリオンフ、凱旋門の下を通ってパリの街に帰ってくる・・・チャオ・・・

by h-hatano-paris | 2018-11-12 06:01 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanohito.exblog.jp/tb/238854055
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。