波多野均つれづれアート・パート2

hatanohito.exblog.jp
ブログトップ

フランスのトゥッサン・万聖節の四連休中の Les Arnaques、レ・アルナッケ、詐欺行為とは、C'est quoi ? 、セ・コワ、何じゃらホイ ? ・・・

トゥッサン・万聖節の四連休中の昨日の朝に、ウチのサマジスティ・女王陛下の携帯電話・スマホに我々の友人のフランス人の壮年からメールが入り、旅行中でお金がないから貸してくれないかと、出来たら750€・約9万7千円ぐらい・・・を貸してくれないかと、今週の日曜日に帰るからその時に返すからと・・・それで、ウチのサマジスティ・女王陛下がそのフランス人の友人の奥さんの携帯電話に連絡すると、誰かがあちらこちらにウソのメールを送って迷惑していると笑っていた・・・そう、フランスのARNAQUES・アルナッケ、詐欺メール、日本のオレオレ詐欺のようなもの・・・フランス人の友人はラインを使って友人たちの住所を入れているので、ウチにもアルナッケ・詐欺メールが届く、そいつの職業はドクター・総合医でお金がないことはないし、旅行にも行ってないし、孫を預かって夫婦で自宅でベビーシッターしていたし、フランスはこんなアルナッケ・詐欺が多い・・・ネットの個人住所を調べて詐欺をする、西洋的な考え方はダマす方よりもダマされた方が悪い・・・油断もスキもあったものではない、この詐欺集団はフランス国内には存在しない、北アフリカのモロッコからとか、西アフリカにある旧フランスの植民地の国々から・・・ダマす方よりもダマされた方がコン・バカなのだと・・・何を言わんとしているのかおわかりになりぬれろ・・・
a0342405_06572419.jpg
オランダ人の絵描き、ゴッホ作「アイリス」サン・レミにて、1890年、カンヴァス・油彩、92X73,5cm、オランダのアムステルダム、国立ゴッホ美術館のコレクション・・・この年にゴッホは、なぜか、花の静物画を描いている、アイリスの静物画は二点描いている、ひとつはバック・背景がピンク色のアイリス、そして、このイエロー・黄色が背景のアイリス・・・ゴッホは弟のテオに手紙を書き「もう一つの紫色のアイリスの花束は、さまざまな色が補色として影響し合い、お互いの色を強め合っている」と・・・Iris・アイリスは、ギリシア語のイリス・虹からきているという、アイリスは虹のように七色に変化する花、ゴッホはアイリスの静物画から何を伝えたかったのか、それが絵からのメッセージを読み取ること・・・ネーデルランド・オランダでエディット・ピアフ以来のフランスの歌手だとフィーバー・大人気になっているのは、Aya Nakamura - Djadaja (Clip officiel) - YouTube 、西アフリカのマリの首都バマコで生まれ、フランスに両親と一緒に移民としてやって来た、パリの北東郊外のHLM、アッシュ・エル・エム、低収入労働者用の市営アパートに住んでいたアヤ・ナカムラが歌う、ダジャダジャ、アフリカン・フレンチ・ヒップホップ、このビデオ・クリップ MVには、なぜか、オランダ語訳の字幕がついている、フランス語で歌っているのに、アフリカからの移民の子でも夢を持って、夢を実現すればフランス社会は受け入れてくれる・・・チャオ・・・
by h-hatano-paris | 2018-11-03 06:25 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanohito.exblog.jp/tb/238839044
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。