波多野均つれづれアート・パート2

hatanohito.exblog.jp
ブログトップ

MIGRANTS・ミグラン、移民・難民、REVENEZ PLUS TARD ! ルヴェネ・プリュ・タール、そのうち戻ってくるさ ! ・・・

いやはや、はやいや、ワールドカップの日本 VS セネガルの試合は、ネット・アクセスで結果をプチ・タ・プチ、ちょっとずつ知るだけで、サスペンス・不安かつ心配になる試合でありました、フランスの公共TVでは実況中継がなく・・・フランス人に関心がないから、どちらのチームも・・・と、世界中がワールドカップの決勝トーナメント進出に大騒ぎの状態の中で、ヨーロッパ次元の大きな問題は北アフリカのリビアからのアフリカ系難民・移民のボートピープルの受け入れ、イタリアの新政府が難民受け入れを拒否し、反対にフランスが全面的に受け入れろとなり、フランス VS イタリアの険悪な受け入れする・しないのバタイユ・戦いが始まっている、ドイツは難民受け入れ定員オーバーぎみで、これ以上は受け入れられない・・・ワールドカップのニュースよりもこちらの方が深刻な問題になる、そうすると、こんなカリカチュア・風刺漫画がデビュー・登場する・・・
a0342405_06013480.jpg
カリカチュア・風刺マンガ新聞の新しいシャルリ・エブドの表紙は・・・MIGRANTS・ミグラン、難民・移民、つまり地中海のリビアからのボートピープルは・・・REVENEZ PLUS TARD ! ルヴェネ・プリュ・タール、受け入れを拒否してもそのうちに戻ってくるさ・・・漂流中のボートピープルの難民・移民の顔にワールドカップのサッカーボールがクラッシュ・激突する・・・残酷かつ無慈悲のようでありますが現実はこう、難民・移民たちはどこへ行けばいいのか・・・アメリカの西海岸のワシントン州でカナダ領から海岸をジョッキングしてきたフランス国籍の19歳の娘さんがアメリカ領に入り、戻ろうとしたところをアメリカの国境警備員に捕まり、タコマの不法移民・難民施設、刑務所に二週間も拘束された、こんなことを言うと人種差別になるけれどもその娘さんは見た目が白いフランス人ではなかったからカナダからの不法難民・移民として見られた、ジョッキング中でパスポートを持っていなかったから・・・カナダの母親のところへ遊びに来ていた・・・という、社会派映画のようなバカなことも起きている・・・このカリカチュア・風刺マンガの本音は、アンチ・ワールド・カップ、ワールドカップなんてメルド・クソくらえー、さらに、難民・移民なんてメルド・クソくらえー・・・
a0342405_06193008.jpg
パリ市内の公共メトロ・地下鉄内の悪質な落書き・・・イスラエルのダビデ・ユダヤの星=ナチス党のハーゲンクロイツ・鍵十字、かぎじゅうじ=アイ・エス、イスラーム過激派テロリスト集団の国になっている・・・社会が人種差別や宗教差別や民族差別になりつつある・・・難民・移民の受け入れが爆発すると極右翼的な人間が増えてくる・・・アジアの日本に朝鮮半島の北の国からの急激な難民・移民のボートピープルがやってくると日本社会は不安や怒りでエクスプロージョン・爆発する、何を言わんとしているのかおわかりになりぬれろ・・・
a0342405_06311912.jpg
今回、一時帰国の滞在先の東京・新宿区の神楽坂で見たグラフティ・落書き・・・ジュース・コーラの自販機・自動販売機の裏にペインティングしたもの・・・なにがなんやら、ようわからん・・・
a0342405_06365816.jpg
こんなのもあった、雀荘「ばかんす」・・・「ばかんす」ってバカんすってこと・・・バカンス天国のフランスからやってきたワタクシはこれに笑ってしまった・・・ちょっくら、ばかんすに行ってくるぜー・・・麻雀ね、マージャン、あのガラガラとパイがぶつかる音がウルサイ賭けマージャン、そして、タバコの煙が部屋にいっぱいの・・・日本で驚いたのはレストランでもラーメン屋でも蕎麦屋でも居酒屋でも禁煙ではないこと、みんなスパスパとタバコを吸って飲み食いしているさまは、みんな肺がん予備軍になる、アジアの島国の喧騒・けんそう・・・タバコを吸わなくてもその空間の中にいたら吸ったと同じ事になる、べべ・赤ん坊はタバコなんて吸わないけれども親が吸っていたら肺がん予備軍やぜんそく予備軍や呼吸困難予備軍になる・・・
a0342405_06425523.jpg
日本からパリに帰る飛行機の中のビールタイム・・・JALのエコノミークラスのお食事はハッキリ言うと、おいしくはない・・・こんなのは安いバイトのアジア系の外国人たちがつくっているんだろーなーと思う、エコノミークラス症候群というよりはエコノミークラス最低マズイ食事症候群・・・町のコンビニのお弁当やおにぎりの方がおいしい・・・じゃあ、ビジネスクラスでもファーストクラスでも乗ればビールのかわりにシャンパンがサービスされるじゃんと言われたら、元も子もない・・・
a0342405_06524040.jpg
これは、パリから東京・羽田便のJALの機内サービスのビール・・・いつもベルギールやドイツビールやオランダビールやイギリスビールやデンマークビールなどなどを飲んでいるので、比較すると日本のビールはどれもこれもお子ちゃまランチのよう・・・味にコクがない、お水を飲んでいるかのよう・・・機内食の紹介はまたの機会に・・・
a0342405_07005061.jpg
アメデオ・モディリアーニ作「ジャンヌ・エビュテルスの肖像画」1919年、カンヴァス・油彩、91,4X73cm、アメリカ・ニューヨークのメトロポリタン美術館のコレクション・・・モディリアーニは絵画研究所で19歳のジャンヌと出会い恋に落ちた、三年間ほど一緒に暮らし子をもうけた、ジャンヌが二人目の子供をもうけた時にモディリアーニは病死した、ジャンヌはその翌日に投身自殺をした、お腹には二人目のべべ・赤ちゃんを身ごもったまま・・・その妊娠中のジャンヌをモデルにして描いた絵、モディリアーニの最後の絵のひとつ・・・昔し、高校生の時に観た「短くも美しく燃え」という1967年のスウェーデン・シネマがあったけれども、そんなモディリアーニとジャンヌの短くも美しく燃えの人生だった・・・新着ミュージックから、Nostalgic - Javier Rodaro - YouTube ・・・チャオ・・・プリュス・付け足し、あと二週間で小・中・高・大学は夏休みに突入するフランス社会、お天気もいいし、デジャ・すでに気持ちは夏のバカンス、夏でもトラバーユ・絵を描いているのは絵描きだけ、夏の季節は油絵の乾きが早いから・・・今週はパリ13区のチャイナタウン・中華街に行って中華食材を買って、画材屋に行って10mの巻きキャンバスと木枠と油絵具と筆を買う予定・・・人生は何か自分なりの目的・目標を持たなくてはいけないよー、それがなくなったら人間は急激に精神も身体も老化する、痴ほう症予備軍になってしまう・・・ボン・コラージュ、勇気を持って生きること・・・
by h-hatano-paris | 2018-06-25 07:23 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanohito.exblog.jp/tb/238620115
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。