波多野均つれづれアート・パート2

hatanohito.exblog.jp
ブログトップ

Mort de Naomi Musenga、モー・ド・ナオミ・ムセンガ、SAMU・サミュ、フランス緊急医療治療サービスに連絡し救急車を頼んだらオペレーターに電話を切られて亡くなった女性・・・

フランス人のモラールのなさというか、自分勝手な判断というか・・・東フランス、ストラスブール大学病院のSAMU・サミュ、フランスの緊急医療救助サービスに「お腹が痛い、死にそうだ」と救急車要請の電話連絡をしたら、救助サービスのオペレーターの女性に「誰でもいつかは死ぬものだ」とおちょくられて電話を切られ、数時間後に緊急病院に運ばれて亡くなったアフロ・フレンチの女性、ナオミ・ムセンガ、22歳、アフリカのコンゴ系のフランス人だった・・・フランスなうのトラバーユの目的は、ただ・ただお金を稼ぐこと、自分の仕事の責任とか仕事のモラールは希薄になった、なきにしもあらず・・・こんなフランスに誰がした・・・ビジネス優先の社会は人間が狂ってしまう、モラールなんてクソくらえーになる、このドミノ効果は、フランス国鉄のサンディカ・労働組合の連中も同じ、通勤・通学で交通手段が混乱しても知らん顔、ただ・ただ賃金値上げの要求をする、人が困ってもかまわない、公共ルールの欠如・・・フランスの緊急医療救助サービスの危機、アフリカ系フランス人への人種差別、こんなフランスに誰がした・・・大変にハードな話題ではありますが、何を言わんとしているのかおわかりになりるれろ・・・
a0342405_05123552.jpg
今日はアジアの島国・日本では「母の日」、フランスのカーネーションどすえー・・・フランスの「母の日」は・・・
a0342405_05170512.jpg
フランスの「フェット・デ・メール、母の日」は、5月27日(日曜日)でんねん・・・
a0342405_05203616.jpg
五月のパリの街、コメルス・商店のショーウィンドー・・・最近フランスでは、BOX・ボックス、箱入りのカドー・プレゼントが大流行、箱の中にいろんなものが入っているお楽しみビックリ・プレゼント・・・ママン・お母さんの好きな香水とか、なんとか、かんとか・・・
a0342405_05295537.jpg
フランスのHortensia・オルタンシア、紫陽花・アジサイの花が美しい季節となりました・・・母の日のプレゼントにいいかも・・・アジサイの花言葉は今はやりの四文字熟語で「家族団欒・かぞくだんらん」・・・
a0342405_05394939.jpg
Campanule・カンパニュル、紫色の桔梗・ききょうの花も美しい、ききょうの花言葉は「永遠の愛」「気品」・・・紫色のエトワール・星形の花はあなたに何を語っているのでせうか ? ・・・
a0342405_05472024.jpg
これもカーネーションのピンクの花・・・それでは、よき「母の日」でありますように、お母さんが亡くなっていても、いつもそばにいてくれると思って・・・勇気を持って生きること・・・
a0342405_05550354.jpg
アメリカン・アートから、アーシル・ゴーキー作「花咲く水車場の水」1944年、カンヴァス・油彩、107,9X123,8cm、アメリカ・ニューヨークのメトロポリタン美術館のコレクション・・・ゴーキーは16歳の時に故郷のアルメニアから新大陸アメリカに移民した、ボストンのデザイン学校で学びニューヨークに移住した・・・この絵はゴーキーの故郷のアルメニアをイメージした抽象表現主義のアート、母国アルメニアの故郷を忘れなかったゴーキーのことを思うと胸が痛む・・・日本の「母の日」に、Iron & Wine - Time After Time - YouTube 、タイム・アフター・タイム、何度も何度も・・・故郷の母をタイム・アフター・タイム、何度も何度も思い出す日・思い出すこと・・・チャオ・・・日曜日の朝早く起きてTVをつけると、BREAKING NEWS、ブレイキング・ニュース、緊急・速報ニュースばかりだった・・・昨夜・パリ2区オペラ界隈のモンスニー通り付近でナイフをふりかざしたひとりテロリストが歩道テラスで食事中の人々を襲う、土曜日の夜だったので多くの人々がレストランの歩道テラスで食事をしていた、ここにはブックオフ・パリ店があり、この辺りはよく通る、ひとりテロリストは1997年生まれ、ロシア・チェチェン出身のフランス国籍のイスラーム系の21歳の男、被害はナイフ殺害によりひとりの男子29歳が亡くなり四人が重傷・・・テロリストは犯行の前に大声で「Allah Akbar、アッラー・アクバル、アッラーの神は偉大なり」と叫ぶ・・・これで、いっぺんにアドレナリンが上昇する、パリ市内でポリスはパトロール・コントロールをして持ち物検査をしなければならない、ひとりテロリストは駆けつけたポリスに射殺された・・・オペラ座のすぐ近く、週末・土曜日の夜の九時前の時間帯のパリの街は多くの人々がレストランの歩道テラスで食事をしていた、このあたりはブックオフやラーメン屋やファーストフードのお店があり日本人も多い、ひとりテロリストは治安警察のフィッシュS・危険なテロリストのリストに入っていた、パリのテロは永遠に続いている・・・
by h-hatano-paris | 2018-05-13 06:13 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanohito.exblog.jp/tb/238517870
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。