波多野均つれづれアート・パート2

hatanohito.exblog.jp
ブログトップ

The Sky is Crying、ザ・スカイ・イズ・クライング、パリの空が泣いてるぜ・・・

モア・ド・アブリィル、四月も今週がデルニエ・スメンヌ、最後の週、そうすると、モア・ド・メ、五月に突入する、五月のフランスは祭日がなんとなんと三回もある・・・①五月一日の Fête du Travail、 フェット・ドゥ・トラバーユ、メーデー・労働者のお祭り・・・②五月八日の Victoire du 8 Mai 1945、ヴィクトワール・ドゥ・ユイッ・メ・ミル・ヌッフ・ソン・キャゴン・サンク、1945年5月8日の戦勝記念日・・・③五月二十五日の Ascension・アサンシオン、カトリック教会のイエスキリストの昇天祭・・・プチ連休バカンス・ヤッホーのフランス・・・こんなことを何十年間も経験しているとエイリアン・宇宙人になる、地球プラネットには住めなくなる、フランスは地球プラネットの中のヘンな惑星と思った方がいい、バカンス・エイリアンのヘンな国フランス・・・
a0342405_04271204.jpg
フランス人のプレフェレ・お気に入りの大好きなピッザ、ヨーロッパではイタリア人よりもフランス人のピッザ食べ・消費がナンバーワン、世界ではアメリカ人に次ぐピッザ大国のフランス、パリの南郊外の郊外線駅前広場に毎週金曜日の夕方から夜にかけてマルシェ・市場がオープンする、夜市のようなもの、そこで大人気なのがその場で焼いてくれるイタリアーノ食材・食品のお店の手作りのピッザのいろいろ・・・金曜日のアフター・ファイブはマルシェ・市場のピッザを食べてビールを飲むっていうのがパリ郊外に住むフランス人家庭の夕ご飯・・・
a0342405_04351269.jpg
ベルギーのフーハールデン・ヴィット、ヒューガルデンのホワイトビール・・・この白ビールは女性に人気がある、理由はライト感覚・軽くて飲みやすい・・・ベルギーのアントワープの町の市役所広場にある居酒屋・ビールを飲ませるところで、いろんな種類のベルギービールを飲んだ、ビールの種類によってビールのグラスのかたちが違うことを知る、テーブルの上に置けないような不安定なビールのグラスもある、つまり、すぐに全部・飲み干せっていうこと・・・いやはや、ビールの季節になりましたねー・・・ドイツのデュッセルドルフの旧市街の男ばかりのビアホールでは手をあげるとすぐに地元の地ビールのコップをウェイターのおっちゃんが持ってくる、頭をかいてもビールがやってくる、顔を触ってもビールがやってくる、そして、ドイツの茹でたソーセージが丸パンにはさんだもの・アメリカンホットドッグの元祖がやってくる・・・
a0342405_04515902.jpg
ウチのサ・マジスティ、女王陛下がお読みになっている本なう・・・マチスの肖像、晩年のマチスは南仏のニースの町の小高い丘の家にアトリエを作って住んだ、現在ではそこがニースのマチス美術館になっている、ニースの町はシルバー世代のお年寄り、じっちゃん&ばっちゃんが多い・・・ジャルダン・ド'エダン、エデンの園・そのとか、レジダンス・パラディ、天国の住まいとかの名前がアパートについている、もうじきエデンの園・そのやパラディ・天国行きだからとジョーク・お笑いのような名前がついている・・・ニースの町は旧市街がおもしろい、昔しの漁村だった雰囲気がプチ・ちょこっと残っている・・・
a0342405_05072938.jpg

北欧スカンジナビア・ノルウェーのアートから・・・ムンク作「殺人鬼」1910年、カンヴァス・油彩、94,5X154cm、ノルウェー・オスロのムンク美術館のコレクション・・・世界はナショナリスト・自国愛主義者だらけになりつつある、排他主義・外国人嫌い、アンチ難民・アンチ移民、信仰している宗教が違うと差別されたり・イジメにあったり・・・そういう自国愛の殺人鬼が堂々と道を歩いてエモノをさがしている・・・フランスでの体験談、フランスのボザール・パリの国立美術大学校に私費留学して、夏のアルバイトにボザール・美術学校の事務所からの紹介でパリの夏のクラシック・コンサートのバイトを紹介された、夏のバカンス期間のパリの街の教会でバロック音楽を演奏するコンサートの会場係り、イスを並べたり受付で切符をきったり・・・そこにフランス人夫婦がやってきて、お前はフランス人のトラバーユ・仕事をとっていると文句を突然・言い始めた、(移民・外国人がフランス人のトラバーユ・仕事をとっている) フランス極右翼のフロント・ナショナル、国民戦線のフランス人夫婦だった・・・朝はパリのクルマ通勤ラッシュアワーの前の早朝の六時からラジオ・フランスの倉庫にあるピアノをカミオン・小型バンで取りに行き、昼間は舞台の設営・照明をとりつけ、夕方から会場整理をする、音楽会が終わったら設営と照明の後片付けをする、帰るのは真夜中近くの郊外線の終電車・・・そんな、キツイ・キタナイ・キモイ仕事を誰がやるのか、フランス人の学生はそんなのはしない・・・フランスが大統領選挙でフランス第一主義の極右翼党の人間が大統領になったら、まさしく、ゼノフォビィ・外国人嫌いの殺人鬼が白昼に堂々と登場するようなもの・・・何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・プレフェレ・お気に入りミュージックから、Gary B.B. Coleman - The Sky is Crying - YouTube 、どうであれ、パリの街がザ・スカイ・イズ・クライングにならないようにしなければいけない・・・チャオ・・・

[PR]
by h-hatano-paris | 2017-04-26 05:39 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanohito.exblog.jp/tb/23841344
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。