人気ブログランキング |

波多野均つれづれアート・パート2

hatanohito.exblog.jp
ブログトップ

フランスの二月のウィークエンド・週末の、GRAND FROID、グラン・フロワ、大きな寒さ・大寒波の対策とは・・・外を出歩かないこと・・・

フレンチ・メディアでは盛んに、Comment résister au Grand Froid、コモン・レジステ・オゥ・グラン・フロワ、どのようにして大寒波の対策をするのか特集ばかり・・・Moscou-Paris、モスコー・モスクワからパリへの大寒波だと報道する、夜間になると最高マイナス18℃ぐらいまでフランス全国で気温が急低下する、これでフランス中がいっせいに暖房の電気エネルギー消費をすると、Black-Out、ブラック・アウトの大停電になる・・・①セーヌ河の増水から始まり、②大雪つもるのパリとパリ近郊・郊外の交通網の大混乱、そして、今度は③ロシアのモスクワのような大寒波になると・・・フランスの2018年は自然災害に翻弄・ほんろうされている、なにかモノノケにとりつかれたかのよう・・・急激に気温が低下すると人間の身体のメカニックは血圧が上がり心臓に負担がかかり、心臓麻痺になる・・・このウィークエンド・週末は、外に出ないようにと政府は呼びかけている、ジョッキングなどの過激な運動はしないようにと呼びかけている、べべ・赤ん坊やお年寄りは寒さ対策をしましょうと呼びかけている・・・とくに、寒いからといってウイスキーやウォッカなんかのアルコール飲みをほどほどにと呼びかけている(フランスではワインやビールはアルコールではないという認識があるので)酔っぱらって泥酔して夜間の路上で寝ていると大変な結果になるから・・・
a0342405_06075558.jpg
2018年2月のフランス国民による大統領と首相の支持率は・・・フランス共和国大統領のエマニュエル・マクロンがマイナス6ポイント下がって44%に、首相のエドワード・フィリップがマイナス3ポイント下がって46%になる・・・この国民支持率は遊園地のジェットコースターのように上がったり下がったりする・・・
a0342405_06165998.jpg
アジアの朝鮮半島・韓国の平昌・ピョンチャン冬季オリンピックがそろそろ終わる前に、フランスの二月のお昼ごはんタイムの食卓には・・・ティヤン・ボワラー、ほれ、このように、韓国風焼肉お昼ご飯を食べる・・・韓国食品店で売っていた焼肉用の鍋、ハングル文字なのでチンプンカンプン・・・
a0342405_06230340.jpg
パリの韓国食品店でしか売っていない豚バラ肉・三枚肉の薄切りどすえー・・・これに韓国バーベキューのタレをかけて用意する・・・これはフランスのスーパーマーケットにも肉屋にも売っていない、フランスにはお肉を薄く切って食べるという伝統習慣がないから・・・最近になって、牛肉や豚肉を薄く切って焼いて食べることが始まったが、まだまだ一般的ではない・・・
a0342405_06292565.jpg
沖縄アイランドの郷土料理、人参シリシリにセロリをプラスしてフライパンで炒めたもの・・・これがセ・ボン、おいしい、最後にゴマ油をたらして軽く炒めるのがコツ・・・
a0342405_06362355.jpg
パリ市内のサン・ドニの大きな門があるインド・パキスタン街のインド食品店で買った、アリコ・ルージュ、赤い豆、インド人はベジタリアン料理で豆を食べる・・・それを気長に煮てグラッセ・砂糖煮にしたもの・・・
a0342405_06404381.jpg
フランス南西部のシャラント地方のニンニク、田舎のマルシェ・朝市場でニンニク20房ばかりががつながったものを買う、ドラキュラ映画に登場する吸血鬼の魔除けアイユ・ニンニク・・・消化が悪いから、中の芯を取り除いて用意する・・・
a0342405_06454390.jpg
オランダ産の柔らかキャベツとパリ13区のチャイナタウン・中華街の中華豆腐と玉ねぎも一緒に焼く・・・平昌・ピョンチャン冬季オリンピックの開会式は政治的に利用されてしまったけれど、閉会式はどぎゃんなるとーなどと、お肉を焼きながら九州・博多弁で言ってみたり・・・アメリカのトランプの娘のイバンカ VS 北朝鮮の軍隊のトップが出席のパロディ・お笑いみたいな閉会式は、どぎゃんも、こぎゃんも、なかとー状態になる可能性が強し・・・
a0342405_06565525.jpg
結局、このように焼肉と人参シリシリ+セロリ炒めとご飯の三位一体・さんみいったいのビビンバのようになってしまった・・・
a0342405_07020904.jpg
ミレー作「子供にスプーンで食べさせる母親」1867年、カンヴァス・油彩、114X99cm、フランス・マルセイユの市立美術館のコレクション・・・パリのシャンゼリゼ大通りの中ほどにあるプティ・パレ、パリ市立美術館でパリのオランダ人の画家たち展をやっている、そこで観た絵、ミレーは当時のパリに住んでいるオランダの絵描きたちに影響を与えた、バルビゾン派というアートの運動がそれである、その後、オランダからパリにやってきたゴッホはミレーの絵からさまざまなヒント・霊感を得た・・・フレンチFMラジオから、Nina Simone - Trouble In Mind (1960) - YouTube 、ニーナ・シモンが歌うトラブル・イン・マインド、心の病・やまい・・・この歌を渡仏前に聞いていた、Maki Asakawa 浅川マキ「トラブル・イン・マインド Trouble In Mind (歌詞付)」- YouTube ・・・チャオ・・・プリュス・付けたし、この歌は新大陸・移民の国のアメリカの人種差別の激しい時代のアフロ・アメリカンズのブルース・心の歌、人種差別・貧困の社会はそれほどまでに絶望の時代だった、決して、自殺願望の歌ではないので道を誤らないように、S.V.P. シル・ヴ・プレー、お願げえしますだー・・・

by h-hatano-paris | 2018-02-24 07:23 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanohito.exblog.jp/tb/238353026
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。