波多野均つれづれアート・パート2

hatanohito.exblog.jp
ブログトップ

QUIZZ・クイズ、QUI EST VOTRE CANDIDAT ? キ・エ・ヴォートレ・カンディダ、(あなたが選んだ)あなたの候補者は誰れにしたの ? ・・・

いよいよ、世界が注目するフランス第五共和国の大統領選挙の投票日、一回で過半数を獲得するような候補者はどこにもいないので、1er TOUR、プルミエ・トゥール、第一回目の投票は上位の二人を決めるもの・・・フランス全国にフランス国籍のフランス人有権者が47 Million、4700万人ほどいる(フランスの人口なうは、6699万人)・・・その40%が投票しないフランス人だと予測されている、フランス全国に66546ヶ所の選挙投票所があり、朝の8時から夜の19時まで・パリのような大きな街は夜の20時まで投票ができる・・・木曜日の夜にパリのシャンゼリゼ大通りのテロ攻撃があったので投票所はポリスと治安警備の兵士たちにガード・警護されている・・・が、フランスのナポレオン時代からの法律は投票所内では誰人たりとも銃・拳銃を所持しては入れないルールになっているので、投票所の外での厳重警備体制だけ・・・投票所付近にはクルマも駐車できない、テロリストによるクルマに仕掛けた時限爆弾の可能性から・・・トンデモハップンなことになったフランスの国家非常事態中での大統領選挙の投票日、フランスの歴史が始まって、こんなことは前代未聞・ぜんだいみもん・・・今夜の八時のフレンチTV各局の全国放送ニュースのトップで選挙の投票結果が発表される・・・
a0342405_04404527.jpg
大統領候補者、その①、新党・独立派のエマニュエル・マクロン、大統領のイスに限りなく近い候補者、人気はあるけれども政治はひとりではできない、どんなチーム・内閣にするのか、右でも左でもないと公言しているのにもかかわらず、右政党と左り政党からの政治家たちの寄せ集め状態、みんなが大臣になりたい症候群、彼が大統領になってもマクロン神社のお神輿を誰がかつぐのかわからない状態・・・パリのロスチャイルド銀行出身なので億万長者のユダヤ資本やイスラエル政府がチラホラと見え隠れする・・・オランド社会党政権の元経済大臣、39歳、議会政治や外交などの政治経験がないのがウィークポイント、プチ・プランス、プリンスのこと、星の王子様とメディアでは言われている・・・
a0342405_04520514.jpg

大統領候補者、その②、極右翼党のフロント・ナショナル、国民戦線のマリーヌ・ル・ペン、48歳・・・大衆迎合主義、反EU、反難民、反移民のなんでもアンチ・反対のフランス愛国の国粋主義者、フランス人の支持率が多いというのが信じられない、この極右翼党が政権をとったらフランスはセ・フィニ、おしまい、フランスはサロパー・ならず者たちに五年間(フランス大統領の任期)ハイジャックされたことになる、創立者の父親の代はネオ・ナチ、ファッシズム路線だったが彼女の代でうまくソフト化した、しかし、本質はジャメ・シャンゼ、決して変わらない排他主義者の集まり・・・
a0342405_04591991.jpg
大統領候補者、その③中道・右連合、共和党のフランソワ・フィヨン、63歳、首相経験者・・・最初は、一番に大統領のポストに近い存在だったが、社会党政権による暴露合戦スキャンダルで身内による公金不正疑惑で支持率が大いに下がる、彼がどこまで支持率を挽回できるかが今日のメインエベント・見せ場、カトリック系のフランス人が支持者・・・
a0342405_05052983.jpg

大統領候補者、その④、極左翼派のジャン・リュック・メランション、65歳、元社会党の議員、大衆迎合の政治公約でとにかく口が達者で政治パフォーマンスがうまい、反EU、ヨーロッパ連合離脱をスローガンにしている、キューバのカストロやベネズエラのチャバスを支持していたアンチ・キャピタリスト、反資本主義路線、スペインの新左翼政党のポデモスのフランス版をやりたいらしい・・・以上、この四人の中で上位二人を選ぶっていうのが今日の投票のお題目・・・今回の大統領候補者は11人ほどいますが、第一回目の今日はこの四択で選ぶ・・・
a0342405_05142749.jpg
お口直しというか、お目直しに・・・パリの四月の花屋さんの店先から・・・こんなのベランダやテラスにどうどすえー・・・
a0342405_05171557.jpg
こんなんもありまっせー・・・植物の名前がわからないのが、エクスキュゼ・モワ、しつれーい・・・ウチのサ・マジスティ、女王陛下がいっちょ前にどれどれと鑑賞している、わかってんのかねー・・・
a0342405_05214367.jpg
最近、デビュー・登場したパリのボンボン・飴・アメ専門店・・・どうも、アダルト・大人用のボンボン・ペロペロキャンデーらしい、東京・原宿の竹下通りにもあるじゃんと、フト思い出す・・・
a0342405_05263540.jpg
パリのケーキ屋さんから・・・タルト・ピスタッシュ・アブリコ、ジェノワーズ・ケーキの上にアブリコ・スモモとピスタッシュとイチゴとフランボワーズを飾る、手前のプチ・ちっちゃいのが約1800円ぐらい、奥にあるのが約2700円ぐらい・・・右に見えるのは、ガトー・オゥ・ショコラ、パリ風のチョコレートケーキ、中がショコラでトロンとしている感じ、ここからウンチク・・・このケーキはデザート用の甘い南仏の赤ワイン・バニュルスなんかとお召し上がりになるといい、この赤ワインはショコラ・チョコレートとよくマッチする、メモリゼ・覚えた ? バニュルスよ、バニュルス・・・
a0342405_05471016.jpg
フランス19世紀アートから・・・ドラクロワ作「ブーケ・ド・フルール、花束」1849-1850年頃、灰色の紙の上にアクリル・水彩とパステルと黒クレヨン、65X65,4cm、パリのルーヴル美術館の素描部門のコレクション・・・ドラクロワのこの水彩画を油絵で三回連作した、また、描こうかと思ってデッサンしている・・・
a0342405_00223162.jpg
文化・アートの温故知新・おんこちしん、故きを温ねて新しきを知る、古きを訪ねて新しきを知る・・・何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・マイ・プレフェレ・お気に入りミュージックから、Mighty Sam McClain - When The Hurt Is Over - YouTube 、マイティ・サム・マックリーンが歌う、ウェン・ザ・ハォート・イズ・オーバー、傷みが終わったとき・・・ボン・ディモンシュ・四月のよき日曜日であれ・・・チャオ・・・プリュス・付け足し、パリとパリ南郊外の日曜日は晴天、日中の最高気温は16℃、大気が冷たい・・・南フランスでは日中最高気温が26℃の夏日、北と南では10℃も温度差があるフランスの大統領選挙の投票日、あまりにも気温が低いのでお昼ランチは中華風の鍋ものにする、中華豆腐と白菜と大根とニラと豚肉・三枚肉と鶏肉も一緒、ショウガを入れて酢醤油で食べるというもの、コチジャンはお好みで、仕上げに韓国の細麺を入れて・・・しっかりと海外フランスで正しくアジア人をしているのだった・・・

[PR]
by h-hatano-paris | 2017-04-23 06:04 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanohito.exblog.jp/tb/23833879
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。