波多野均つれづれアート・パート2

hatanohito.exblog.jp
ブログトップ

Le Poisson d'Avril、ル・ポワソン・ダ'アブリル、四月のお魚🐟ちゃん、エイプリルフール、四月バカの日・・・

デジャ・もう、すでにアブリル・四月、今日のフランス社会は、Le Poisson d'Avril、ル・ポワソン・ダ'アブリル、四月のお魚ちゃんの日、英語社会のエイプリルフール、四月バカの日・・・どうして、エイプリルフール・四月バカの日をフランスでは四月のお魚ちゃんと言うのか・・・ローマ帝国時代の古代キリスト教のシンボル・象徴はル・ポワソン・お魚ちゃんだった、アートにもローマ時代の壁画に魚の絵が描いてある、それはキリスト教徒の信仰のシンボルだった・・・フランス民族はパロール・おしゃべりまくる人間たちの集まりでありまして、日本の関西・大阪のしゃべくり芸人たちのようでありまして、とにかく、よくしゃべる、それがフランス的な自己表現とか、自己主張とかになっている、シランス・黙っているのは苦痛に近いものになる、でありますから、フランスの修道院の修行の中にシランス・沈黙の行というものがある、絶対に、しゃべってはいけない・・・水の中に生息している・泳いでいるお魚ちゃんは口をパクパクして、何を言っているのかわからなーい、しゃべっているパフォーマンスをしているけれども、何を言っているのかわからなーい、それで、ポワソン・ダ'アブリル、四月のサカナちゃんという、何を言ってるのかわからない、それが四月バカ・・・わかったようでわからない・・・フランス人もわからなーい、それが民族の習慣・伝統というもの・・・
a0342405_04524459.jpg
四月バカのようなニュース、その①・・・イタリアのベニス・ヴェネツィアの大運河にかかるリアルト橋をテロリストたちが爆破しょうと計画していた、時限爆薬でリアルト橋を観光客共々に吹き飛ばす計画だった、事前にイタリア・ポリスの知るところとなり、三人組のコソボからのイスラーム過激派集団テロリストは逮捕された・・・世界中のあらゆるところに、お金をもらって無差別殺害テロをする悪党がいる、テロの資金源はどこなのか・誰なのか・・・
a0342405_05025498.jpg
四月バカのようなニュース、その②・・・ワタシが住んでいるパリ南郊外の町にはフランスの南西地方のボルドー方面に行く TGV、テー・ジェ・ヴェ、フランス新幹線の駅がありまして、爆発物のような不審物が見つかったと三時間のお待ち・待機となる、イスラーム過激派集団テロリスト対策のために国家非常事態のフランス、こんなことがしょっちゅうある・・・
a0342405_05092200.jpg
四月バカのようなニュース、その③・・・パリ南郊外線駅のそばにあるブランジェリー・パン屋さんのお菓子ケースには、ショコラのエクレア・カフェのエクレア、そして、新製品のスペキュラースのエクレアがデビュー・登場する、シナモン・スパイスの味がするのがスペキュラース、緑色のエクレアはケ・ス・ク・セ ? なんだっぺー、抹茶エクレアか、それとも、ワサビのエクレアか・・・
a0342405_05173508.jpg
四月バカのようなニュース、その④・・・フランスのグルノーブル地方の高校で、JK・女子高校生のジュップ・スカートのたけが短いと問題になる、別に、これぐらいはいいじゃーんと思うのですが、フランス教育委員会のお母さま方がこんな短いジュップ・スカートはいけませーんと・・・じゃあ、東京・新宿のキャバクラのマドモアゼルたちのジュップ・スカートのたけの短さを見たら失神してしまうじゃん・・・ヨケイなお話し、日本の短大からパリに語学研修にきた女子大学生グループのお世話をしたことがありまして、顔が広いからいろいろとリクエストがくる・・・休憩時間でフランス人の男子たちとバレーボールをしていたら、日本からの女子大学生の引率の女性が・・・いけませーん、そんなことをして、妊娠しまーすと言った・・・日本ではバレーボールを男子・女子が一緒にすれば妊娠しちゃうのか ? イタリア・ルネッサンス時代のカトリック教会の壁画の受胎告知・じゅたいこくちのよう・・・四月バカにぴったしのお話しでしょ・・・また、こんなヨケイなことを書いたら叱られる、今度は日本教育委員会のお母さま方から・・・
a0342405_05343226.jpg
四月バカのようなニュース、その➄・・・フランスなうの大型スーパーマーケットでは、アジア食品コーナーにこんな和風もちなるものを売っている、セサミ・モチ、ごまのオモチ、日本円にすると約320円ぐらい・・・おいしいかどうかは定かではない・・・
a0342405_05410795.jpg
お口直しに、フレンチなうの広告ポスターから・・・新製品、ココ・シャネルのルージュ・赤のグロス・・・モデルはリリー・ローズ・メロディ=デップ、父親がハリウッドスターのジョニー・デップ、母親が歌手・女優のヴァネッサ・パラディ、父親の七ひかり+母親の七ひかり=両親の十四光りの17歳の女の子・・・なにか、四月バカのパロディのよう、親の14ひかり・・・
a0342405_05504523.jpg
アメリカン・フォトグラフィ・アートから・・・Russell Lee撮影「バスターミナル・終着駅の休憩所の水飲み場で、白人と黒人は同じ水を飲まなかった・・・」1939年、オクラホマ・・・四月バカのような写真に驚く、これが現実の世界だったアメリカ・・・世界には、まだまだ、四月バカのようなことがたくさんある、何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・マイ・プレフェレ、お気に入りミュージックから、The Band & Neil Young Helpless - YouTube ・・・チャオ・・・よき週末の四月バカの日であれ・・
a0342405_16533975.jpg
プリュス・付け足し・・・四月バカのオマケ、その①、ル・ポワソン・ダ'アブリル、四月のサカナの日にちなんで、ウチにある日本のオキナワ・アイランドの陶器、魚のお皿、これは日本の創形美術学校の画学生の時に沖縄出身の上里・うえさと君という同じアトリエの学生がいて、夏休みに横浜の晴海ふ頭からの旅客船で彼と一緒に沖縄に行った時に見つけたもの、もう40年以上も前のことだ・・・
a0342405_17023152.jpg
四月バカのオマケ、その②・・・イタリアのベニス・ヴェネツィアを描いたアートから、クロード・モネ作「San Giorgio Maggiore au Crépuscule、サン・ジョルジョ・マッジョーレ・オゥ・クレピュスキュール、サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会の黄昏・たそがれ、夕暮れ」1908年、カンヴァス・油彩、65,2X92,4cm、イギリス・カーディフのウェールズ国立美術館のコレクション・・・対岸のサンマルコ広場から見えるサン・ジョルジョ・マッジョーレ島の夕暮れ風景は感動的に美しい、なるべく美しいもの・感動するものを見ること・触れることをオススメ、何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・


[PR]
by h-hatano-paris | 2017-04-01 06:06 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanohito.exblog.jp/tb/23760984
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。