波多野均つれづれアート・パート2

hatanohito.exblog.jp
ブログトップ

HEURE D'ÉTÉ、ウール・デ'エテ、SUMMER TIME、サマータイム・夏時間が始まったフランス・・・パリの日中最高気温は18℃の晴れ晴れお天気・・・

a0342405_05264301.jpg

フレンチTVニュースでは、CHANGEMENT D'HEURE、シャンジェモン・ド'ウール、時間・時刻変更のお知らせ、HEURE D'ÉTÉ、ウール・ド'エテ、サマータイム・夏時間が始まるよー・・・冬時間から夏時間の始まり・始まり、土曜日の夜から日曜日の明け方の午前2時を3時にしましょうというお知らせ、なぜ、この時刻に時間変更なのか、その理由は社会的にリスクがない、日本語の草木も眠る・ねむる丑三つ時・うしみつどき・・・(フランスと日本の時差は七時間になる)・・・この時間変更の冬時間から夏時間の一時間時差で身体が時差に慣れるまで1ヶ月もかかる、食事タイムも急に一時間早くなると身体がアダプテ・適応しない、電気エネルギーの省エネから始まった夏時間・冬時間、みんなが四六時中インターネットやスマートフォンをバンバンと使って、ちっとも、省エネルギーになっていないのが現実・・・
a0342405_05451823.jpg
ウィークエンド、週末なのでロワール河の下流、ナントの町の郊外のブドウ畑で収穫されるロワールの白ワイン、ムスカデ、この白ワインは大西洋で獲れる海鮮ものや養殖の生ガキによくあう辛口のヴァン・ブロン、白ワイン・・・近くのケンケン&ウサギ跳びで行けるスーパーマーケットで4ユーロ弱・約480円ぐらい・・・よく冷えたこの白ワインをグラス一杯飲みながらお昼ランチ・スパゲッティの南仏プロヴァンス風ソースを作る、右に見えるのがソムリエ用のワイン・コルク抜き・・・
a0342405_05564486.jpg
最近のパリなうで流行しているのがウィークエンド、週末のブランチ・・・つまり、休日のブレックファースト・朝食とランチ・昼食のコラボ・合体がブランチ・・・それも、デ・ブランチ・ア・リ'イタリアン、イタリア風のマンマが作るようなピッザ・ブランチ、世界のピッザ食べのナンバー・ワンはフランス人どす、ウチのアパート向かい側、通りの向かいのアパートの住人はスクーターで配宅のピッザをお昼ご飯にしている、日本の出前と同じ・・・ウチのアパートの地下ゴミ収集場所にゴミを捨てにいくと、冷凍食品・ピッザの箱がバンバンに捨ててある、フランス人はイタリア人よりもピッザを食べる、マンマミーア・・・
a0342405_06121822.jpg
・・・アメイジング・フィット、すんばらしーい・身体にぴったりのスキニージーンズ・ピッチピッチジーパン、ウーマンズ・オンリーのリュージョーの宣伝広告・・・メック・ヤローのこと、男でスキニージーンズをはいてるヤツはいないだろうー、何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・しかし、ちょっと太め女子のスキニージーンズは・・・セクハラになるのでセ・フィニィ、やめようー・・・
a0342405_06200662.jpg
オードブル・前菜に、イタリアのミラノ・デザインのお皿の上のゆで卵とマヨネーズ味のポテト・サラダを食べ・・・在仏四十年だから、フランセ・フランス人のように前菜から始まる、日本に一時帰国して食事をするといっぺんにいろいろな料理がテーブルに並び、どれを食べていいのやらと困ってしまう・・・例えば、和食セットメニューの茶わん蒸しをどのタイミングで食べるのか困ってしまう、前菜なのかデザートなのかと・・・完全にフランス食事・フランス食べ方に洗脳されてしまった・・・
a0342405_06270977.jpg
スパゲッティ・バリーラの五番を茹で、南仏プロヴァンス風のソースをかける、そして、茹でたソーセージを乗せる、粉チーズはなし、カロリーが高いから・・・このソースの中にさきほどの白ワインがグラス一杯ほど入って煮込んである・・・スパゲッティはソースをからめて、韓国料理のビビンバのようによく混ぜて食べるのがおいしい、そして、スパゲッティ食べの時は無言で素早く食べること、パスタ・麺がゆるくなってしまうから・・・田舎のイタリアーノ・イタリア人ならばこの後にお肉料理を食べるのでありますが、マンマミーア・・・もう、これでお腹いっぱいになる・・・
a0342405_06371243.jpg
週末アートは、André Derain、アンドレ・ドラン作「Big Ben,Londres、ロンドンのビッグ・ベン時計台」1906年、カンヴァス・油彩、79X98cm、フランス・トロワのアート・モダン美術館のコレクション・・・ドランは戦争中、ナチ・ドイツにコラボ・協力した絵描きということで、戦後、フランスでは長い間、アボンドネ・忘れられて無視されていたが、最近では名誉が回復し、フランス・アートの歴史の20世紀初めの美術運動のフォービズム・野獣派の絵描きのひとりとして見直されるようになった・・・
a0342405_06493879.jpg
アンドレ・ドラン作「Westminster、ウェストミンスター宮」1906年、カンヴァス・油彩、81,5X100cm、フランスのサン・トロペ美術館のコレクション・・・この時代に色彩を筆のタッチで描くアートは革新的だった・・・UKミュージックから、Paloma Faith - Only Love Can Hurt Like This (Live at The BRIT Awards) - YouTube ・・・ロンドンのウェストミンスター橋の歩道を歩いていた人々をクルマ暴走による無差別テロ事件から一日も早くロンドン市民が元気になるようにと心から祈る、ボン・ディモンシュ、よき日曜日であれ・・・チャオ・・・

[PR]
by h-hatano-paris | 2017-03-26 06:04 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanohito.exblog.jp/tb/23746867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。