波多野均つれづれアート・パート2

hatanohito.exblog.jp
ブログトップ

SIMONE VEIL 1927-2017、シモーヌ・ヴェイユ1927年-2017年、フランスの人気ランキングで常に上位にランキングされている婦人・・・

プルミエ・ジュイエ、今日から7月の第一日目が始まる・・・暑い夏が始まりまんなー・・・そうどすなー・・・体調はどうどすかー・・・ぼちぼちでんなー(フランス語の表現だと、コム・シ、コム・サという)・・・どうして関西弁もどきを使っているのかと申しますと、日本の標準語なうが関西弁・大阪弁になりつつあるから・・・日本の正しい日本語はどこにいったのか、話す言葉が乱れると人心が乱れる・・・大阪人のもうかりまっかーの日本になる、「もうかりまっかー日本」、そうすると、ぼちぼちでんなーと、わけのわからない言葉になる・・・さてさて、フランスのトップニュースは女性政治家のシモーヌ・ヴェイユが昨日、89歳で亡くなったこと・・・フランスの戦中・戦後の歴史の中でひときわ輝く、フランス共和国にとっての大きなエトワール・星だった・・・
a0342405_05371158.jpg
a0342405_05374145.jpg
第二次世界大戦が終了する一年前に、南仏ニースの町の路上でナチ・ドイツのゲシュタポ・秘密警察によるユダヤ人狩りにあって捕まり、ポーランドのアウシュビッツ=ビルケナウ強制収容所に送られたユダヤ系フランス人の女子、当時、16歳の高校生だった・・・そこで姉とふたりで左官工として肉体労働を強制的にさせられる・・・
a0342405_05472408.jpg
16歳の女の子が経験した世界は、この世の地獄のような世界だった・・・ユダヤ人というだけで差別され、虐待され、ガス室に送られる・・・シモーヌ・ヴェイユはこれを経験した・・・
a0342405_05520120.jpg
戦後、彼女は戦争のない世界を建設するために政治家になった・・・そして、戦後のフランスで女性のために避妊具の販売を積極的に促し(カトリック信仰のフランスは長いこと、避妊具の使用が禁止であった、つまり、カトリック教会からコンドームの使用が認められていなかった、カトリック信仰の子だくさん状態だった)・・・さらに、女性の妊娠中絶手術を合法的に、法律化した、これは今の同性愛結婚よりもスキャンダルな社会的な事件であった、国民議会で多くのマッチョ・男性議員から妊娠中絶はナチ・ドイツがやった行為と同じことだと批判され罵倒された・・・国民議会の議員席で泣いたこともある・・・それから欧州議会の議員になり、欧州議会・議長選出の直接選挙制が始まった初めての年に、女性として欧州議長に選ばれた・・・女性の政治家は女性の権利を守る政治をする、決して、このハゲーとか、死ねーとか言わない、何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・
a0342405_06123854.jpg
1kgのセリーズ・サクランボ、これで4ユーロ・約500円ぐらい・・・これでサクランボのクラフティを作る、人間はやろうと思えば何でもできる生命体なのだ、やろうと思わないから何もできない・・・
a0342405_06165950.jpg
ウチのサ・マジスティ、女王陛下の静物画用のモチーフいろいろ・・・手前右から、①錫・スズのビールジョッキ、ふた付き・・・②コーヒー豆をひく器具・・・後ろの左りから、③北アフリカ・モロッコの焼き物、モロッコで買ってきた・・・④モロッコの花瓶、水もれする花瓶、これもモロッコで買ってきた・・・➄アルザス地方の水差し or ワイン入れ、町々によって水差しのデザイン模様が違う、地元のフランス人だったら、どこの町の水差しだとわかるそうである・・・⑥オランダ・アムステルダムの骨董屋で買った花瓶、アナがいっぱいあるのはチューリップを一本ずつ入れるためのアナ・・・こんなのがまだまだ、たくさんあって、収納するのに大変なのであった・・・静物台の移動をしているので、ひとりでウンウン言いながらやってる、手伝ってはやらなーい、自分のことは自分でやるのがウチのルール、ちっちゃい子じゃあ・あるまいし・・・
a0342405_06293325.jpg
今回、ロワールで見つけた鳥かごにこんなものを入れていた・・・これも、ウチのサ・マジスティ、女王陛下の静物画のモチーフになる、鳥かごの中に入っているのはブロンズのピアフ・雀・スズメ・・・パリっ子はスズメのことをピアフとよぶ、そう、あのシャンソン歌手のエディット・ピアフのピアフ・・・ピアフとは街スズメのこと・・・しかし、よう、やりまんなー・・・
a0342405_06350523.jpg
イタリアの風景画のカタログ・画集から・・・ペイザージュ・ド'イタリィ、イタリアの風景・・・
a0342405_06374207.jpg
イタリア・ナポリの壁(部分)・・・イタリア半島の南の国・ナポリではこのようにベランダで洗濯物を干しているのが普通・・・空は紺碧の海のようなブルー・・・
a0342405_06410448.jpg
イギリスの絵描き、トーマス・ジョーンズ作「ナポリの壁」1782年、厚紙に油彩、11,4X16cm、ロンドン・ナショナルギャラリーのコレクション・・・18世紀から19世紀にかけて、ヨーロッパの絵描きたちはグラン・ツアー、大旅行といってイタリア半島に行って絵の修行をした、古代ポンペイの壁画をデッサンするとか、イタリア・ルネッサンス時代の絵や壁画や彫刻をデッサンするとかして、温故知新・おんこちしん、故きを温ねて新しきを知るをした・・・その勉強の中で、こんなスケッチ風の風景画も描いた・・・UKの新着ミュージックから、Rita Ora - Your Song (Official Lyric Video) - YouTube 、リタ・オラが歌うユアー・ソング・・・チャオ・・・

[PR]
by h-hatano-paris | 2017-07-01 06:53 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanohito.exblog.jp/tb/237133177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。