波多野均つれづれアート・パート2

hatanohito.exblog.jp
ブログトップ

ロンドンの三日後に、ATTAQUE A NOTRE-DAME DE PARIS、アタック・ア・ノートルダム・ド・パリ、パリのノートルダム寺院の広場でのテロ攻撃・・・

イスラーム教のラマダーン・断食月に、ロンドンに続きパリのノートルダム寺院の広場でテロ・アタック、テロ攻撃が起きる・・・負のドミノ化というか、テロ攻撃をするコントラ・契約をしているというか・・・ロンドンから三日後に、フランスのカトリックの総本山のノートルダム寺院の広場でパトロール中のポリスに男が近づき、マルト―・金づちでひとりのポリスを攻撃し、そばにいたポリスに銃で撃たれる、その男の持ち物のなかには台所用のナイフが二丁入っていた、ロンドンのバラ・マーケットでの無差別殺害のテロリストたちと同じ手口・・・どこかにイスラーム過激派テロ集団の司令塔があって、そこからのテロ攻撃命令で行動しているかのよう・・・男は命に別状はなく、パリの北郊外の学生寮に住むアルジェリア人40歳のジャーナリスト志望の学生 ? 、フランスでの滞在証明書をとるために学生の身分になったらしい、2014年からフランスに入国している・・・イスラーム過激派テロ集団はマフィア・ギャング組織と同じでテロ攻撃のコントラ・契約を結んで生活援助をしてもらっている、その資金はどこからか・・・男は背後からポリスの後頭部を金づちでアタック・攻撃する時に、C'est pour la Syrie、セ・プール・ラ・シリ、シリアのためにと叫んだ、中東シリアのイスラム国が攻撃されているので、その報復・・・事件当時、ノートルダム寺院の中にいた観光客900人は、両手を上げて持ち物検査を再度され、事件が落ち着くまで神の家・ノートルダム寺院の中で待機となった・・・ロンドンでテロが起きれば、ドミノ化でパリでもテロが起きるという現実・・・
a0342405_04462993.jpg
テロ攻撃事件発生時間は、昨日の午後遅くの四時半前ころ・・・それから、その一帯は道路もメトロ・地下鉄も郊外線も全てストップ・閉鎖された・・・
a0342405_04492090.jpg
パトロール中の三人のポリスに男が近づき、金づちでひとりのポリスを殴った、他のポリスに二発・撃たれる・・・この場所は、ノートルダム寺院前というよりはコミサリア・ド・パリ、パリ警視庁前に近い・・・
a0342405_04531175.jpg
ポリスに撃たれて地面に倒れている男・・・
a0342405_04542267.jpg
ひとりテロリストは誰に指示・命令されてテロ・アタック、テロ攻撃をしたのか・・
a0342405_13460785.jpg
ノートルダム寺院の中にいた900人あまりの観光客はポリスにより両手を上げさせられ持ち物検査をされる、教会・神の家でこんなことは前代未聞の出来事だった・・・
a0342405_04581985.jpg
殺伐とした、身もフタもないパリ話題なので、お口直しに・・・フランスのブランジェリー・パン屋さんで売っているエクレアちゃん・・・①エクレア・ショコラ、チョコレート味と、②エクレア・ピスタッシュ、ピスタチオ味の二種類・・・ショコラ味が2ユーロ・約250円ぐらい、ピスタッシュ味が2,10ユーロ、約260円ぐらい・・・これがフランスの子供たちの学校から帰った時のおやつ、こんなガトー・お菓子を食べてフランスの子供たちは成長する・・・
a0342405_05061942.jpg
アンテーク陶器、ENGLAND・イングランドのMASON'S・メイソンズの四角のお皿に入れて・・・このお皿はフランスのスーパーマーケットで大安売りの量り売りで売っていたもの・・・四角のお皿は珍しいので買っておいただけ、ウチのサ・マジスティ、女王陛下が描く静物画用に、六枚セットのメイソンズの四角皿・・・
a0342405_05181910.jpg
ピスタッシュ味のエクレアちゃんはこうなっておりまする・・・
a0342405_05193655.jpg
ショコラ味のエクレアちゃんはこうなっておりまする・・・これがフランス人のプレフェレ・お気に入りの庶民感覚の日常的なガトー・お菓子・・・
a0342405_05225538.jpg
ベルギー・アートからは・・・マグリット作「Le Sourire du Diable、ル・スリール・ドゥ・ディアーブル、悪魔の微笑・ほほえみ」1966年、カンヴァス・油彩、40X30cm、個人コレクション・・・イスラーム過激派テロ集団によるテロ・アタックが続くヨーロッパは、悪魔の微笑みに翻弄・ほんろう、もてあそばれているようなものだ、これをストップするには新しい価値観が必要になる、テロをすることは決して正義ではないし、天国に生まれ変われることでもない、人類共通の人間としての価値観が必要な時代、何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・UK・マンチェスターでの追悼ライブコンサートから、Chris Martin and Ariana Grande - Don't Look Back In Anger (One Love Manchester) - YouTube 、クリス・マーティンとアリアナ・グランデで、ドント・ルック・バック・イン・アンガー、怒りにまかせて過去をふり返ってはいけない・・・チャオ・・プリュス・付け足し、今夕、セーヌ河のそばにあるパリ12区のBERCY・ベルシー屋内競技場でアリアナ・グランデのライブコンサートがある、UK・マンチェスター以来のライブコンサート・・・テロに屈しない、テロに負けないアリアナ・グランデの姿にパリっ子たちはソリダリテ・連帯の心を持つ・・・
[PR]
by h-hatano-paris | 2017-06-07 05:41 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanohito.exblog.jp/tb/237078139
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。