波多野均つれづれアート・パート2

hatanohito.exblog.jp
ブログトップ

フランスなうはMERCI,MERCI,MERCI、メルシー・メルシー・メルシーと、HEUREUX・ウルー、幸せと、FIER・フィエール、誇りという言葉などが多く使われている・・・

ワールドカップ・ロシア大会でワールドチャンピオンになったフランスは、ヒステリーに近い興奮と歓喜につつまれている、そこでフランス人たちが使っている言葉は、MERCI, MERCI, MERCI、ありがとう・ありがとう・ありがとうと、HEUREUX・ウルー、幸せと、FIER・フィエール、誇り・・・フランスにありがとう、フランスに幸せを感じる、フランスを誇りに思う・・・あんなにヘソ曲がりのフランス人たちが自分たちの国フランスに感謝や幸福や誇りを感じるという、このことを絶対に忘れないといっている・・・愛国心や祖国愛という感情とは少し違う、フランス💖・フランスLOVE・フランス愛、移民の子であっても、肌の色が違っても、宗教が違ってもフランス語で話し考えフランス市民として生きる、そういうフランス愛・・・それが今回のワールドカップのチャンピオンになることだった、フランスという国土に住む多くの人々がユニひとつになることだった・・・何を言わんとしているのかおわかりになりぬれろ・・・日曜日のロシア・モスクワからのフランス VS クロアチアの決勝戦のテレビ実況中継の視聴率がなんと、フランス語圏内で82,2%もあったのだと・・・
a0342405_06053299.jpg
フランス南西部ペリゴール地方の田舎の町の民家のフネートル・窓・・・この窓のスタイル・様式は、18世紀頃の石造りの家の窓、窓が小さいのが特徴・・・フランスの田舎では、窓辺にベゴニアの鉢植えを飾る・・・
a0342405_04511270.jpg
さらに、こんなんもあり・・・毎日の水やりが大変だけれども、花々は心をいやしてくれる・・・花を愛する心こそ美しい、現実的な「花より団子・🍡・ダンゴ」とかテレビの恋愛ドラマの「花より男子・イケメン」という言葉もあるけれども、花を愛する心の方が美しい・・・
a0342405_05234927.jpg
フランスの田舎の古い家に必ずあるものは、これ・・・大きなシュミネ・暖炉、昔はここで肉やソーセージを焼いたり、鉄鍋でグツグツと煮物をしたり、そして、暖房に使ったりした、民家になると家畜を飼育する納屋も人間が使うベットも、この暖炉のそばにあったりする・・・
a0342405_06542117.jpg
自分の心に愛💖が足らない人は、こんな形のお菓子・ビスキュイ・ビスケットを午後のおやつに食べるといいかも、パルミエール・フィユテ、ハート型のフレンチ・パイ・バターたっぷりビスケット、ブランジェリー・パン屋さんにはこのハート型パイ・ビスケットの大きなのがある、大きな愛💖が必要な人にはいいかも・・・
a0342405_05140264.jpg
「満月のある、星降る夜のモンサンミッシェル」カンヴァス・油彩、50X50cm・・・自分の絵はコメントしない、東北の宮城県の詩人・宮沢賢治の書いた銀河鉄道の夜というお話しがあった、それもプチ・ちょっぴりイメージの中に入っている・・・ワールドチャンピオンになったフランスなうで流れているミュージックは、Queen - We Are The Champions - YouTube 、UKのロックバンド・クイーンのフレディ・マーキュリーが歌う、ウィ・アー・ザ・チャンピオンズ・・・チャオ・・・プリュス・付け足し、六月の中旬からスタートした六週間のワールドカップのアナリゼ・分析とクリティケ・批判が始まっているフレンチ・メディア、フランス人がもっとも得意とする分析と批判はややもすると嫌われる、みんなが優勝していい気分にいるところへ冷や水をかけるような行為、とくに、フランス大統領のマクロン・バッシング、マクロン叩き、ワールドチャンピオンになったフランスチームを政治的に利用しているとか、自己宣伝に使っているとか、エトセトラ・エトセトラ・・・メディアが大衆操作・コントロールをしている、メディアの報道がジュスティス・正義 ? なのだと信じて疑わない、大衆・庶民を上から目線で見ている、21世紀は民衆・大衆・庶民の時代、ひとりひとりが賢くならなければいけない時代・・・みんなが幸福を感じている時には幸福を満喫・まんきつした方がいい、天に向かってツバをする行為はみっともない、政治と、プリュス・さらに、メディアを監視する雰囲気を作った方がいい、民衆・庶民は決して、バカではない、民衆・庶民が主人公の・主体の21世紀の時代なのだから・・・何を言わんとしているのかおわかりになりぬれろ・・・
[PR]
# by h-hatano-paris | 2018-07-17 05:40 | Trackback | Comments(0)

FRANCE MAGNIFIQUE、フランス・マニフィック、Champions du Monde、チャンピオン・ドゥ・モンド・・・ワールドチャンピオンになった素晴らしきフランス・・・

サスペンス・サスペンス、心配と不安がボクー・ボクー、いっぱい・いっぱいのどっちが勝つかのワールドカップ・ロシア大会の決勝試合は、フランス 4 対 クロアチア 2 の結果でフランスが二回目のチャンピオン・ドゥ・モンド、ワールドチャンピオンになる・・・1998年から2018年、20年後に二回目のワールドチャンピオンに輝く・・・1998年の当時といえば、ジャック・シラクが大統領だった、フランスがワールドチャンピオンになってシラクの国民支持率がウナギのぼりにのぼった、大衆の気持ちがわかる庶民派の大統領のイメージがついた、これでマクロンの国民支持率が上がるだろうとメディアでは予測している・・・フット・サッカーとはそういうマジック・パワー、魔法の力を持っている、サッカー後進国の日本では理解できないと思うけれども、アジアの島国の日本の首相アベ・マリアが国民支持率を上げるには、日本のサッカー・ナショナルチームがワールドチャンピオンになること ? ・・・試合の後、パリの夜のシャンゼリゼ大通りには10万人以上のフランス人たちが集合し真夜中すぎまでフランスの勝利をお祝いした、そして、フランス各地でワールドチャンピオンになったフランスをお祝いした・・・FRANCE MAGNIFIQUE、フランス・マニフィック、素晴らしい!フランスだと・・・ブラボー・フランス ! フランス万歳 ! ミックス・人種が混ざり合うフランスの若い世代はフランスに生まれてきて、良かったと思っている、フランスという国を誇りに思っている、フランスの国旗・ブルー・ブロン・ルージュ、青・白・赤の三色旗を肌の色がちがってもフランス市民として自然にふっている、フランス語を話す人はみんなフランス人の意識で・・・日本で日本語を話す人は肌の色がちがってもみんな日本市民の意識はあるのか ? シトワイヤン・ド・モンド、世界市民の時代とはそういうこと・・・
a0342405_16354926.jpg
フランス南西部ペリゴール地方の夏の田舎の夕食のは・・・夏季節の果物、ムロン・メロンから食べ始める、ワインは冷やしたボルドー産のロゼ・ワイン・・・それと一緒に・・・
a0342405_16382688.jpg
フランス南西部のバスク地方バイヨンヌの生ハムを食べる、生ハムは塩味が強いのでパン・カンパーニュ、田舎パンにバターをつけたものと一緒に食べる、これでもうお腹が満足する、仕上げにフロマージュ・チーズ盛り合わせを食べる、夏のチーズはシェーブル・ヤギのチーズがおいしい・・・デザートはヨーグルトにサクランボの砂糖煮を入れたもの・・・
a0342405_05154220.jpg
フランス南西部ペリゴール地方の夏の夕暮れの St. Julien、サン・ジュリアン村には、こんな古いシャペル・礼拝堂があったりする・・・11世紀から12世紀に建てられた田舎のシャペル・礼拝堂の周りには、その時代の朽ち果てた古いお墓がたくさん残っている・・・
a0342405_05193296.jpg
その時代のお墓の一部・・・ペリゴール地方から中東パレスチナ地方のキリストの聖地エルサレムの奪還に多くの十字軍が出兵した、当時の城主と家来たち、地元の農民たちも兵士として連れていかれた、その本当の目的は宝物探しだった、その十字軍の名残り・・・なにか、歴史の本の中にいるかのよう・・・
a0342405_04584099.jpg
「三日月のある、星降る夜のモンサンミッシェル」カンヴァス・油彩、50X50cm、・・・これは自分の絵だから、コメントはしない・・・フランスの田舎に行くと、夏の夜の空はエトワール・星々の世界が広がっている、時々、流れ星がスッーと飛んでいたりもする・・・「ポッカリ月が出ましたら、舟を浮かべて出かけませう、波はヒタヒタ打つでせう、風も少しはあるでせう・・・」故郷の詩人・中原中也の詩を思い出す、この中原中也の詩は「湖上」という題だけれども、これをイメージしてこの絵を描いた・・・夏のフレンチFMラジオから、Navii - Turbulences (Clip Officiel) - YouTube 、ナヴィが歌うテューブランス・乱気流、心が乱れること、男子女子の突然の出会いで心が乱れること、乱れちゃあダメよ・・・チャオ・・・プリュス・付け足し、ワールドカップ・ロシア大会でチャンピオン・ドゥ・モンド、ワールドチャンピオンになったフランスは大変なことになっている、みんな元気になってしまっている、セ・マジック、これは魔法のようなものだ・・・アジアの島国・日本のサッカー・ナショナルチームの監督に文明開化の明治の時代から変化なしのおかかえ外国人を連れてくるという古い考え方は、もう、やめた方がいい、日本のチームに必要なのは日本語の四文字熟語で意思疎通・いしそつう、日本語会話の交流ができる人、通訳付きの監督なんてやめた方がいい、新しい時代には新しいかじ取り・リーダーが必要、さらに、サッカーをしている若い世代への起用をすること、二十代の若い世代の選手たちにバトンタッチすること、今回、二度目のワールドチャンピオンになったフランスの監督、ディディエ・デシャンは選手もやり監督もやった、そして、大衆の声を幅広く聞いた、ほめるコミニケーションで選手たちの信頼を勝ちとった、ゴーマンなパワハラの監督の下では勝負に勝てない・・・日本は大きく変化すべき、前時代的な・明治維新的な古い考え方から、時代は刻々と変化している・・・何を言わんとしているのかおわかりになりぬれろ・・・

[PR]
# by h-hatano-paris | 2018-07-16 06:02 | Trackback | Comments(0)

Allons, Enfants de la Patrie, アロン、ザンファン・ド・ラ・パトリーユ、Le Jour de Gloire est Arrivé、ル・ジュール・ド・グロワー・レ・タリヴェ

昨日のカトルズ・ジュイエ、7月14日のパリ・シャンゼリゼ大通りでのフランス革命記念日の陸・海・空の軍事パレードは、ちょっと、ミスがあって・・・凱旋門の上を通過するアルファ・ジェット戦闘機からのフランス国旗・三色旗のスモーク・煙りが、赤・青・白・赤になるという間違いがあったり、コンコルド広場の来賓の前でパフォーマンス中の交通機動隊のオートバイが二台ぶつかったり・・・まぁ、フランスらしいミスといえばフランスらしい、マクロン大統領も笑っていた・・・特別参加のシンガポールの兵士と日本の自衛隊がそれぞれの国旗を掲げて行進する、シンガポールの大統領がマクロンの横に座り、日本の首相アベ・マリアの代理の外務大臣の席ははるか遠く・・・これが外交戦格差の姿・・・西日本の各地に集中豪雨警戒警報が出ていたのに、議員会館での酒盛りとは、なんという、危機管理体制のなさ、先手・先手で手を打っていたら死亡者が14府県200人以上にはならなかった・・・ダンナ・ダンナ、あんましコーフンすると心臓に悪いでっせー・・・さてさて、フランスの今日最大の話題はワールドカップ・ロシア大会のフィナール、フランス VS クロアチアの決勝戦、フランス国歌の歌い初めに、Allons, Enfants de la Patrie、アロン、ザンファン・ド・ラ・パトリーユ、さあ、わが祖国の子供たちよ、Le Jour de Gloire est Arrivé、ル・ジュール・ド・グロワー・レ・アリヴェ、栄光を勝ちとる・勝利の日がやってきた・・・全てのフランス人の気持ちは、これ・・・クロアチアに勝ってフランスがワールドチャンピオンになること ・・・ロシア・モスクワでの決勝戦のチケット・入場券がヤミで、最低1800ユーロ・約23万4000円から、最高で一枚3000ユーロ・約39万円にもハネ上がっているとか・・・
a0342405_05000968.jpg
二年前の今頃は、フランス南西部ペリゴール地方の小さな集落の18世紀・1778年に建てられた農家・シルビーの家に滞在していた・・・
a0342405_05055423.jpg
典型的なフランスの田舎の家・・・フォアグラ用の合鴨の飼育をしている農家だった・・・ここで二年前の7月14日の夜の南仏ニースでの暴走トラックによる無差別殺害テロを翌朝のニュースで知った、何とも言えない気持ちになった、悲しみと不安と怒りが同時にやってきた・・・フランスは地獄のどん底に落ちたかのようだった、あの日から今日で二年の月日・つきひが流れた、そのためにも今日はフランスに絶対に勝ってほしい、ワールドチャンピオンになってほしいとフランス人は思っている、ネガティブからポジィティブへの思い・・・
a0342405_05263123.jpg
夕方になると、シルビーは昼間は放し飼いをしているカナル・鴨のヒナを家に入れる、夜になるとルナール・キツネがヒナを盗りにくるから・・・家の中はカナル・鴨のヒナの鳴く音とニオイでいっぱいになった・・・
a0342405_05271441.jpg
フランス南西部ペリゴール地方の産物は、Noix・ノワ・クルミのこと、1kgで4ユーロ・約520円で買える、クルミの油も有名、サラダのドレッシングにクルミ油を使うと味が深くなりおいしい・・・さらに・・・
a0342405_05252189.jpg
Noix・ノワ、クルミ入りのガトー・オゥ・ショコラ、チョコレートケーキ・・・地元のブランジェリー・パン屋さんで売っている、これがおいしいのなんのって・・・典型的なフランスの田舎のケーキだから、パリでは売っていない・・・夏季節のフレンチFMラジオから、夏に入ると、必ず、かかるミュージックから、BB BRUNES - Aficionado [Clip Officiel] - YouTube 、フレンチ男子グループのべべ・ブリュンヌが歌う、アフィシィオナド・熱狂的なファン・マニアのこと、ただしスペイン語、ビデオ・クリップにフランス語の歌詞がついてるから夏のひとりカラオケができるぜよ・・・チャオ・・・
[PR]
# by h-hatano-paris | 2018-07-15 04:02 | Trackback | Comments(0)

14 JUILLET、カトルズ・ジュイエ、7月14日のフランス革命記念日はコンプレクトモン・完全にフランス軍の陸・海・空の軍事パレードになってしまった・・・

夏のバカンス・夏休みが始まっているフランス社会の話題は・・・その①、猛暑が続いた六月から今日までの、フランス各地の海や湖や河川で溺れ死んだフランス人が、デジャ・すでに、151人になる・・・7人にひとりのフランス人が泳ぐことを知らない、泳げない、海に行って泳げないのにカッコつけて溺れ死ぬフランス人が多い・・・その②、フランスの高校卒業資格試験&大学入学資格試験をコラボ・合体させたバカロレア試験の結果が発表される、88,3%の受験者が合格する、その数は67万5600人になる、フランス社会もディプロム・資格を持っている人間が有利な格差社会、バカロレアを持っていないと大学にも入れないし、就職もできない・・・その③、フレンチTVのコマーシャルに紅茶のリプトンから新発売のマッチャ・抹茶・ジャポネ、日本の抹茶ティーがデビュー・登場する、フランスは健康食品の時代に突入し、日本茶が注目を集めている、日本茶に含まれるビタミンC、お砂糖を入れたカフェ・コーヒーよりもいいのではないかいとの思い・・・ウチにフランス人たちを食事によんで、最後に、テ・ジャポネ、日本茶の玄米茶をだすと、その中に、お砂糖を入れて飲んでいたフランス人がいた・・・さてさて、今日のフランスはカトルズ・ジュイエ、7月14日のフランス革命記念日、パリのシャンゼリゼ大通りで朝からフランス軍の陸・海・空の軍事パレードが行われる、九月の後半期から始まる来年度の軍事費がアップした、軍隊を持つとお金がかかる、そのお金は国民の税金から・・・さらに、若い世代へのナショナル・サービスの徴兵制・兵役の問題もある・・・今年は、アジアのシンガポールの軍隊と日本の自衛隊の代表が参加する、フランスの中国や北朝鮮に対するバランスをとるため、アジアの中で経済成長がいちじるしいシンガポールと痩せても鯛の日本と仲良くしたい外交作戦・・・気をつけなければいけないのは、フランスは軍事兵器をヌケヌケと売る国だということ、最新型の戦闘ヘリコプターとか・・・何を言わんとしているのかおわかりになりぬれろ・・・
a0342405_04320143.jpg
夏のパリ観光の目玉のひとつは・・・セーヌ河のクルージング・遊覧船、夏のパリの街は日本の京都と同じく地形が盆地になっていましてカニキュール・猛暑になると、暑いものではない、パリ市内を走るメトロ・地下鉄の車両に乗るとサウナのような蒸し暑さに気持ちが悪くなる・・・そこで、セーヌ河の岸辺で日光浴をしたり、缶ビールを飲んで仲間とダベったり(ダベルというのは昭和時代の学生言葉、おしゃべりをする意味)・・・そして、遊覧船が通ると手をふったり・・・後ろに見えるのはシテ島とポンヌフ・橋のことね、ポンは橋、ヌフは新しい、よって、ポンヌフは新しい橋と言う意味・・・
a0342405_04074778.jpg
パリのコンビニ、朝早くから真夜中までノンストップ営業・・・食料品ならなんでもある、ワインも売ってる、アラブ系の出稼ぎフランス人がやってる、お金を貯めに貯めて定年になったらアルジェリアやチュニジアに家を建てる、フランスの年金で悠々と老後の暮らし・・・
a0342405_05270747.jpg
農民画家ミレー作「夏の星月夜の道」1855-1867年、カンヴァス・油彩、65X81cm、アメリカ・コネチカット州・ニューヘイブンのイェール大学付属美術館のコレクション・・・ミレーはフォンテンブローのはずれのバルビゾン村に住んでいたから、その近くの夏の星月夜の道だろう、夜の天空にはエトワール・星々と二つの流れ星が見える、道の向こうが明るいのは日没直後なのかもしれない、ミレーの眼差しを感じる絵だ・・・夏の星月夜のミュージックは、Jeff Buckley - Hallelujah (Official Video) - YouTube 、ジェフ・バックリィが歌うハレルヤ・アレルヤ、神をほめたたえよ、だけれども、大宇宙のありとあらゆる生命体の存在をほめたたえよとしたい・・・チャオ・・・プリュス・付け足し、今朝の七時からシャンゼリゼ大通りでの軍事パレード・スペシャル特集をするフレンチ・メディアの過熱さというか、異常さ、各チャンネルが日本のモーニングショー・ワイドショーのように同じことを何回もやる、これではメディアによる洗脳かと思ってしまう、ひとりひとりが考えることをしなくなったらその国はおかしくなってしまう、メディアが国民をコントロール・支配する、おかしいのとちゃいまっかー・・・時にはテレビを消して自分の頭で考える習慣をつけないと一億総白痴・いちおくそうはくちになる・・・フランス革命記念日のパリのシャンゼリゼ大通りでの軍事パレードは軍隊、陸・海・空軍のプブリィシテ・宣伝になった、そこには「自由・平等・友愛」のフランス革命のスローガンはこれっぽっちもない・・・

[PR]
# by h-hatano-paris | 2018-07-14 05:48 | Trackback | Comments(0)

LA FOLIE, BLEU BLANC ROUGE、ラ・フォリー、狂気・究極のブルー・青、ブロン・白、ルージュ・赤の三色旗が満載のフランス社会、日曜日のワールドカップの決勝試合の前で・・・

フランス・フット、サッカーのナショナルチームが着るユニフォームが飛ぶように売れているフランス社会は、LA FOLIE、ラ・フォリー、狂気なのか・・・一着85ユーロ・約1万1050円ぐらいの公式ユニフォームが売れに売れている、これを着て、今週の日曜日の午後からのワール・ドカップの決勝戦の試合・モスクワからのテレビ実況中継を見る・・・フランスの国旗、BLEU・ブルー・青、BLANC・ブロン・白、ROUGE・ルージュ・赤の三色旗も売れに売れている・・・パリの街、犬も歩けば 三色旗にぶつかる・・・極右翼のスローガンの愛国とか祖国愛とは違った感情のフランス💖・フランス愛、長い間・フランスはイスラーム過激派集団による無差別殺害テロで元気がなかった、正直に言うと怖かった、不安だった、心配だった・・・それがワールド・カップのフット・サッカーでフランス人の心がユニ・ひとつになる・・・今週の日曜日は、エッフェル塔の後ろにあるシャン・ド・マルスに9万人収容のファン・ゾーンが設置される、警備のポリスは1万2000人、そこにパリ市は大画面スクリーンを設置してパリっ子たちに開放する、エッフェル塔は一日中・閉鎖になる、シャンゼリゼ大通りも歩行者天国になり、夕方からクルマは通行できなくなる・・・ポジィティブな狂気のパリ、これでフランス人の老若男女&子供たちが元気になれるのであればフランスはラ・フォリー、狂気にもなるのだった・・・
a0342405_07422769.jpg
フランスの夏の田舎の朝の刈り入れ前の小麦畑・・・一面に小麦畑が広がる・・・東の空から太陽が昇り、静かだった大気の中で朝の風がサァーと吹くと小麦畑は海原のようにゆれる・・・
a0342405_07434095.jpg
そろそろ、フランスの田舎では小麦畑の刈り入れが始まる頃、小麦はフランス人の食の糧・かて、パンやケーキ・お菓子の元ですから、超大切な伝統行事・・・
a0342405_06595892.jpg
オランダの絵描き、ゴッホ作「鎌で刈り入れをする人」1889年、9月、サンレミ、カンヴァス・油彩、43,5X33,5cm、オランダ・アムステルダムの国立ゴッホ美術館のコレクション・・・これは農民画家と言われたミレーの素描・デッサン画を版画にしたものをゴッホがコピー・模写したもの・・・食を作る農民を描く絵描きは、いつの間にか、いなくなってしまった、もう一度、スポットライトが当たってもいいものだ、農民・農家の人がいなければ人類は食べるものがなく餓死してしまう・・・何を言わんとしているのかおわかりになりぬれろ・・・スポットライトが登場したので、Rod Stewart - It's not the Spotlight - YouTube 、懐かしミュージックのロッド・スチュアートが歌う、イッツ・ノット・ザ・スポットライト、それはスポットライトない・・・渡仏する前に日本のブルース歌手・浅川マキの歌う「それはスポットライトではない」をよく東京の下宿で聴いていた・・・浅川マキ「それはスポットライトではない」(1977年ライヴ) Maki Asakawa - YouTube 、「あの光り そいつは古びた町のガス灯でもなく 月明りでもない スポットライトでなく ローソクの火じゃない まして太陽の光りじゃないさ あの光り そいつはアンタの眼に いつか輝いていたものさ またオイラいつか感じるだろうか アンタはなにを知ってるだろうか」・・・チャオ・・・
[PR]
# by h-hatano-paris | 2018-07-13 05:20 | Trackback | Comments(0)